宮津 赤ちゃん初土俵入り

昨日、市内の山王宮日吉神社で、赤ちゃん初土俵入りが行なわれました[:太陽:]
毎年、体育の日に行われ、ニュースでも取り上げられているので、ご覧になられたことがおありの方も、いらっしゃるかもしれませんね。
綺麗な化粧回しを付けた幼児が、行司に抱えられ、見えない神様と相撲を取ります。神様と相撲をとる幼児の身体に、神聖な土俵の砂をつけることで、健康に育つよう祈願する神事です[:四葉:]
いつもは静かですが、この日は熱気に満ちた境内。
sannouguu5.s H23.10.11
境内の杉末神社で、宮司さんが、相撲をとる赤ちゃんの健康を祈願されます。
sannouguu4.s H23.10.11
そして、いよいよ赤ちゃん初土俵入り。
sannouguu7.s H23.10.11

sannouguu9.s H23.10.11

sannouguu11 H23.10.11
今年は234人の赤ちゃんが参加されたとか。
境内では、赤ちゃんを中心に笑顔が広がっていました。
来年は、皆様もどうぞこの秋のイベントに、お出掛け下さいませ。
宮津で江戸時代から続く、可愛らしい行事のご紹介でした[:花:]
宮津山王宮日吉神社≫
京都府宮津市宮町1408
TEL:0772-22-3356

カテゴリー: イベント情報 パーマリンク