「旬の味覚」の記事一覧

2022年5月5日入荷開始 丹後とり貝 ランチでお泊りで 宮津湾 舞鶴湾で育った 旬の味覚

京のブランド産品・丹後とり貝。期間限定の、旬の味覚です。

丹後とり貝は、身入り検査を経て、出荷日が決まるので、毎年、出荷開始日が変わってきます。

今年は、5月5日に出荷が始まりました。

 

丹後とり貝は、京都府海洋センター独自の技術で、舞鶴湾や宮津湾などの

海に浮かべた筏で、稚貝からじっくりと育てられます。

天然とり貝と同じ、天然植物プランクトンを餌としており、肉厚で大きく、甘味の強いのが特徴です。

 

 

茶六別館に、ゆったりとお泊りで、造りをはじめ、小鍋で、焼いて~と、

丹後とり貝の、さまざまな美味しさを堪能したい、という方には、こちらのご宿泊プランを、ご用意。

⇒ 特選・丹後とり貝・岩牡蠣懐石≫

 

 

宮津天橋立への、日帰りランチで楽しみたい、という方には、

食事処・四季膳花ので、丹後とり貝・岩牡蠣料理をご用意。

 

食事処・四季膳花の≫

 

丹後ならではの、初夏~夏限定の味覚を、ご昼食で、ご宿泊で、どうぞお楽しみ下さいませ。

 

※2022年度の、丹後とり貝料理の、新規ご予約受付は、7月12日をもちまして、終了いたしました。

丹後産岩がき ミネラル豊富な 海のミルクを 酢の物で 富士酢プレミアム使用の 特製ジュレを添えて

4月29日より、ご宿泊のお客様に、丹後産岩ガキを、酢の物としてお出ししています。

(但馬牛懐石プランを除く)。

 

 

丹後の海で育った、岩牡蠣は、亜鉛やタウリン、グリコーゲンなど、さまざまな栄養素を多く含んだ、海のミルク。

磯の香りと、濃厚な味わいが特徴です。

 

生で、または蒸して、レモンをギュッとしぼって。

特製の、土佐酢ジュレをかけて、どうぞ。

 

 

ちなみに、当館で使用しているお酢は、宮津の飯尾醸造さんの、富士酢プレミアム。

丹後産の無農薬米をたっぷりと使い、昔ながらの静置発酵で、じっくりと造られた、純米酢です。

 

この富士酢プレミアムと、お出汁を合わせた、特製のジュレが、また岩牡蠣とよく合うのです。

 

飯尾醸造≫

 

 

なお、岩ガキが召し上がれない方には、魚の酢の物を、お出しいたします。

 

岩がきは、食事処・四季膳花のでも、丹後とり貝・岩牡蠣料理の、各コースで、お出ししています。

お泊りで、日帰りランチで、旬の味覚を召し上がりませんか。

 

宿泊プランご予約≫

◎食事処・四季膳花の◎

 

岩ガキは、8月頃までお出しする予定です。

ただ、仕入れの関係等で、お出しできない場合もございます。

その時は、どうかご了承下さいませ。

毎日放送 「よんちゃんTV」にて 食事処・四季膳花のの 「ぶりしゃぶ」を ご紹介頂きました

2月2日(水)、毎日放送「よんちゃんTV」の、山崎香佳の「関西2府4県!VSとなり町」コーナーにて、

茶六別館の食事処・四季膳花のの、「ぶりしゃぶ6品」を、ご紹介頂きました。

ありがとうございます!

 

 

寒ブリを使った、ぶりしゃぶが、宮津ではじまったのは、昭和53年(1978年)。

宮津天橋立観光旅館協同組合青年部が、カニと並ぶ冬の名物を、と考案しました。

当初から、ぶりしゃぶを提供している宿のひとつが、当館になります。

 

 

(ぶりしゃぶは2名様盛)

 

山崎香佳アナウンサーは、ぶりしゃぶを召し上がり、「幸せです。」

ブリ雑炊の後は、「バッチリ」と。

 

 

 

ぶりしゃぶ6品コース¥8,800税込は、食事処・四季膳花のにて、お出ししています。

⇒ 食事処・四季膳花の≫

 

また、ぶりしゃぶをはじめ、ぶり料理の数々を、お泊りで楽しんで頂ける、ご宿泊プランも、ご用意しています。

 寒ブリ堪能プラン≫

 

いずれも、3月末頃までの予定です。

 

どうぞ、舞鶴市と宮津市、どちらにもいらして、丹後の魅力を、満喫なさって下さいませ。

 

◎食事処・四季膳花の◎

○【昼席】11:30~14:00 (オーダーストップ 12:30) ※前日18時までの完全予約制

○【夕席】17:30~21:00 (オーダーストップ 19:00) ※前日18時までの完全予約制

○席数:イス・テーブル席 26席  小上り席14席

○定休日:毎週月・火・水曜日

(ただし、冬季(11月7日~3月31日)の祝日、お正月、ゴールデンウィーク、お盆などは営業)

○電話番号:0772-22-0206

カニやぶりを 召し上がり コタツでほっこりと

春とは名のみ。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

昨年11月6日、松葉ガニ漁が解禁となり、11月7日から、お泊り、日帰りの

お客様に、カニのお料理を、お出ししています。

 

松葉ガニづくしは、3月21日まで。カニ料理は、3月31日まで。

⇒ ★カニ祭(松)★ 美味しさ厳選!蟹1杯【ALL松葉ガニ】≫

★カニ祭(極撰)★松葉ガニ&寒鰤~極選!地物松葉蟹フルコース~≫

 

 

寒ブリを使ったお料理も、11月から3月末頃まで。

 寒ブリ堪能プラン≫ 

 

 

ところで、昨年の11月初めから、客室に炬燵が出ています。

4月初め頃までの、予定です。

 

炬燵があるのは、【蓬莱】

 

 

【悠の間】の、松風、加茂、花月です。

 

 

お部屋に、お客様をご案内すると、「わー、コタツがある。」、

「おばあちゃんの家みたい」との、お声が上がることも。

 

夕食でカニやブリを召し上がり、宮津温泉に浸かり、こたつに入ってほっこりと。

そんな休日を、お過ごしになりませんか。

京のブランド産品 丹後とり貝 造りで 鍋で 焼いて お泊り ランチ

玄関に、半夏生を、大浴場近くの廊下には、アガパンサスを生けています。

白や紫色の花は、さわやかな風を、運んでくれるようです。

 

 

さて、京のブランド産品・丹後とり貝の料理を、旅館と食事処で、お出ししています。

 

丹後とり貝は、京都府海洋センター独自の技術で、舞鶴湾や宮津湾などの

海に浮かべた筏で、稚貝からじっくりと育てられます。

天然とり貝と同じ、天然植物プランクトンを餌としており、肉厚で大きく、甘味の強いのが特徴です。

 

 

造りで、小鍋で、焼いて~と、丹後とり貝の、さまざまな美味しさを堪能して頂く、ご宿泊プランはこちら。

⇒ 特選・丹後とり貝・岩牡蠣懐石≫

 

※画像は特選丹後とり貝懐石イメージ

 

また、旬の味覚懐石〈夏〉、丹後特選懐石には、お造りの一品として、丹後とり貝を入れています。

 

食事処・四季膳花のでも、丹後とり貝の料理を、ご用意しています。

⇒ 食事処・四季膳花の≫

 

丹後ならではの、初夏~夏限定の味覚を、ご宿泊で、ランチで、召し上がりにいらっしゃいませんか。

カニや ブリのお料理は いよいよ この3月まで

啓蟄ですね。

この冬は、2年ぶりに雪が積もりましたが、もう雪が舞うこともなさそうな、宮津です。

 

 

さて、昨年11月6日に解禁となった、松葉ガニ漁も、いよいよ、3月20日までです。

 

 

それに伴い、かにを使ったお料理は、この3月までのご用意となります。

 

また、ブリを使ったお料理も、同様に、今月まで。

 

「あ、まだ食べてなかったー。」という方、「もう一回、食べ納めに。」という方、

宮津天橋立へ、お出かけになりませんか。

 

松葉ガニ尽くしの、ご宿泊プランはこちら

 ★カニ祭(松)★ 美味しさ厳選!蟹1杯【ALL松葉ガニ】≫

 

カニ祭(極撰)★松葉ガニ&寒鰤~極選!地物松葉蟹フルコース~≫

 

カニの宿泊プランで、事前にお申込み頂きましたら、かにすきをぶりしゃぶへ、ご変更を承ることもできます。

 

また、食事処・四季膳花のでは、松葉ガニを使った日帰りのお食事コース(要予約)を、

ご用意しています。

 食事処・四季膳花の≫

 

名残りのカニとブリ、どうぞお楽しみ下さいませ。

宮津天橋立の ぶりしゃぶ 宮津のお宝100選 

11月から3月にかけて、松葉ガニとともに、旬の味覚である、寒ブリ。

 

寒ブリを使った、ぶりしゃぶが、宮津天橋立ではじまったのは、今から四十数年前の、昭和53年(1978年)。

当時の、宮津天橋立観光旅館協同組合青年部により、生み出されました。

 

その宮津のぶりしゃぶの歴史と、当館のぶりしゃぶについて、

宮津のお宝100選として、noteに掲載して頂きました。

ありがとうございます!

 

⇒ 寒鰤の美味しさを余すことなくいただきます! 〜宮津発祥の「鰤しゃぶ」〜

 

 

ブリを、薄く均一に切るのは、料理人の技。

昆布だしに大根おろしを入れた、雪見鍋の中に、ぶりをサッとくぐらせて。

火の通り具合によって、ブリの味も、食感もかわってきます。

お好みの加減を見つけられ、自家製ポン酢で、どうぞ。

 

 

ぶりしゃぶをランチで食べたい! という方には、食事処・四季膳花のにて、2コースをご用意。

⇒ 食事処・四季膳花の≫

 

お泊りでゆったりと、ぶりしゃぶをはじめ、いろいろと鰤の美味しさを楽しみたい!という方には、

こちらの宿泊プランを、ご用意しています。

 寒ブリ堪能プラン≫

 

ちょっと食べてみたい気はするけど、やっぱりカニが好き! という方には、

カニの宿泊プランで、事前にお申込み頂きましたら、かにすきをぶりしゃぶへ、ご変更を承ることもできます。

 

また、この時期は、懐石料理の中に、ぶりしゃぶの小鍋を、一品として入れています。

 

ぶりしゃぶは、3月までご用意しています。

日帰りで、お泊りで、ぶりしゃぶなどのブリ料理を堪能する旅へ、どうぞお出かけ下さいませ。

今日は節分 宮津温泉の庭では 白梅の花 如月の特選懐石

2月3日は節分。

玄関に、鬼がでました。

 

 

この冬は、山の上の方が白くなる日はあっても、庭には雪が積もることのない、あたたかさで、

宮津温泉の大浴場、信楽焼の露天風呂のある庭では、白梅が満開に。

はやーい、早過ぎる。

 

 

もともと、盆梅だったものを、庭に植えたもので、ずいぶん大きくなりました。

 

 

そして、如月の特選懐石、椀盛りの器には、金と銀の梅の花。

お献立の中には、ブリや但馬牛などに加えて、新筍や、花山葵、うるいといった春野菜も。

 

明日は立春。

鬼に代わって、館内に、おひなさまが出てきます。

 

しつらえ、庭、そしてお料理で、春を感じて頂けましたら、幸いです。

関西テレビ放送 「ちゃちゃ入れマンデー」にて 食事処・四季膳花のの 「かにづくし会席雪コース」を ご紹介頂きました

11月26日(火)放送、関西テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」は、「関西どローカル線の魅力再発見スペシャル」。

京都丹後鉄道が、取り上げられました。

 

 

その中で、茶六別館の食事処・四季膳花のの、「かにづくし雪コース」を、ご紹介頂きました。

 

ありがとうございます!

 

リポーターは、東進ハイスクール地理講師の、村瀬哲史先生。

天橋立ビューランドから、天橋立を眺めて(飛龍観)、天橋立の成り立ちの説明をされたり、

智恩寺を参拝された後、当館へ。

 

 

 

松葉ガニの茹でがにを召し上がり、「あぁ~ 幸せやなぁ~」、

松葉ガニのお造り、中でもお腹の部分を召し上がり、「食べたことなかった おいしい!!」と。

 

 

かにづくし雪コース¥25,000税別は、食事処・四季膳花のにて、お出ししております。

 食事処・四季膳花の≫

 

(茹でガニ、焼きガニ、かにすきは2名様盛り)

 

京都丹後鉄道に乗って、天橋立観光とカニ料理を楽しむ旅へ、どうぞおでかけ下さいませ。

 

◎食事処・四季膳花の◎

○【昼席】11:30~14:00 (オーダーストップ 13:00/¥6,000税別以上のお料理は12:30) ※平日は前日までの予約制

○【夕席】17:30~21:00 (オーダーストップ 19:00) ※夕席は前日までの予約制

○席数:イス・テーブル席 28席  小上り席14席

○定休日:火曜日(ただし、祝日、お正月、GW、お盆などは営業)

○電話番号:0772-22-0206

11月6日 松葉ガニ漁解禁 旬の味覚を堪能する旅へ 「新 鉄道・絶景の旅」再放送

11月6日、松葉ガニ漁が解禁となりました。

 

松葉ガニは、冬の丹後の味覚の代表格。

コッペと呼ばれる(セコガニともいう)雌蟹は、保護の観点から、今年12月31日まで、

雄蟹は、来年3月20日までが漁期です。

 

濃厚な内子(卵巣)と、プチプチした食感の外子(卵)は、コッペならでは。

 

 

松葉ガニのさまざまな美味しさを、造りで、炭火で焼いて、茹でて、鍋で、、、等、

数寄屋造りの宿で、ご堪能下さいませ。

 

 

松葉ガニ尽くしのご宿泊プランは、こちら

⇒ カニ祭(松)★美味しさ厳選!蟹1杯【ALL松葉ガニ】

カニ祭(極み)★松葉ガニ~極選!地物松葉蟹フルコース

 

ところで、昨年11月15日に放送された、BS朝日「新 鉄道・絶景の旅」、

「神戸~天橋立 瀬戸内海から日本海へ 実りの秋!丹波路めぐり」が、

10月に、再放送されたそうです。

 

番組では、茶六別館の部屋や温泉、松葉ガニ料理を、ご紹介頂きました。

BS朝日 「新 鉄道・絶景の旅」にて 「旬の松葉ガニ」と ご紹介頂きました

 

おかげさまで、放送をご覧になられて、お声をかけて下さったり、ご宿泊予約を頂戴したり、

ありがたいことです。

 

丹後の宮津で、ゆったりと、旬の松葉ガニを堪能する旅へ、どうぞお出かけ下さいませ。

2019年4月25日入荷開始 丹後とり貝 ランチでご宿泊で 宮津湾 舞鶴湾で育った 旬の味覚

4月25日から、京のブランド産品・丹後とり貝を、入荷しています。

 

丹後とり貝は、京都府海洋センター独自の技術で、舞鶴湾や宮津湾などの

海に浮かべた筏で、稚貝からじっくりと育てられます。

 

天然とり貝と同じ、天然植物プランクトンを餌としており、肉厚で大きく、甘味が強いのが特徴です。

 

 

近年、丹後とり貝は、5月中旬以降、というイメージでしたが、今年は早かったので、

お客様から、「もう出てるの?」、「まさか食べられるとは思わなかった。」、

「甘いですねー。」等のお声を、頂いています。

 

食事処・四季膳花のでは、丹後とり貝付花の御膳など、丹後とり貝料理を3コースご用意。

宮津天橋立へ、日帰り観光にお越しの際は、庭園を眺めながら、丹後とり貝ランチはいかがでしょうか。

 

食事処・四季膳花の≫

 

お泊りで、地酒も飲んで、ゆっくりと~というお客様には、「初めての丹後とり貝・岩牡蠣付会席体験プラン」と、

丹後とり貝の、さまざまな美味しさを堪能して頂く、「特選・丹後とり貝・岩牡蠣懐石」の、2プランをご用意。

 

初めての丹後とり貝・岩牡蠣付会席体験プラン≫

特選・丹後とり貝・岩牡蠣懐石≫

 

 

丹後ならではの、初夏~夏限定の味覚を、ご昼食で、ご宿泊で、どうぞお楽しみ下さいませ。

丹後産岩牡蠣 海のミルクを酢の物で 岩がき3個付プランも

4月21日より、ご宿泊のお客様に、丹後産岩がきを、酢の物としてお出ししています。

(但馬牛会席、花かごプランを除く)。

 

 

丹後の海で育った、岩がきは、亜鉛やタウリン、グリコーゲンなど、さまざまな栄養素を多く含んだ、海のミルク。

大粒で濃厚な味わいです。

 

生で、または蒸して。

レモンをギュッとしぼって、土佐酢のジュレをかけて、どうぞ。

 

なお、岩がきを召し上がれないお客様には、酢の物に、他の食材をご用意いたします。

 

ちなみに、当館で使用しているお酢は、宮津の飯尾醸造さんの、富士酢プレミアム。

丹後産の無農薬米をたっぷりと使い、昔ながらの静置発酵でじっくりと造られた、純米酢。

 

飯尾醸造≫

 

 

また、岩がき大好きなお客様には、生または蒸し岩牡蠣に、焼き岩がき、岩ガキフライ、と、

お一人様に、岩がきが3個ついたプランも。

 

【期間限定】■丹後岩牡蠣懐石■海のミルク 岩がき3個付き♪≫

 

岩牡蠣は、8月末までお出しする予定です。

ただ、仕入れの関係等で、お出しできない場合もございます。

その時は、どうかご了承下さいませ。

宮津の桜は満開 卯月 特選懐石にて さまざまな桜 春の恵みをどうぞ

春暖の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

この土日で、宮津の桜は満開となりました。

 

さて、卯月の特選懐石では、先付、椀盛、向付、そして水物と、それぞれ趣の異なる桜を、愛でて頂いております。

 

向付

お造りは、日によって変わりますが、天然真鯛など、地のもの五種盛り。

 

筍や、ウド、うすいえんどうといった、春の恵みも。

焼物は、筍木の芽焼き、焼き蛤、独活甘酢漬け。

 

強肴

A5但馬牛ロースのカツレツ

うすいえんどうのソース、野菜三種

 

旬の食材の持ち味を、最大限に生かした料理を、温かいものは温かく、一品ずつ、お部屋へお持ちいたします。

(朝食は食事処で。二部屋以上でのご予約の場合、夕食も食事処となる場合もございます)

 

これから、丹後の山では、ミツバツツジの花が咲き、新緑の輝く季節を迎えます。

丹後の花々と緑、春の味覚を堪能する旅へ、どうぞお出かけ下さいませ。

 

特選懐石ご宿泊プラン≫

宮津温泉の庭では 白梅の花 如月の特選懐石

2月3日は節分。

玄関に、鬼がでました。

 

 

今年に入ってから、山の上の方は白くなることがあっても、庭には雪が積もることがないという、あたたかさで、

宮津温泉の大浴場、信楽焼の露天風呂のある庭では、白梅がほぼ満開に。

はやーーい。

 

 

もともと、盆梅だったものを、庭に植えたもので、これでもずいぶん大きくなりました。

 

 

そして、如月の特選懐石、椀盛りの器には、金と銀の梅の花。

お献立の中には、甘鯛やブリなどに加えて、新筍や、菜の花、うるいといった春野菜も。

 

水物は、柊の器に、三宝柑釜。いちごなどの果物に、三宝柑ジュレをかけて。

 

 

明日は立春。

鬼に代わって、館内に、おひなさまが出てきます。

 

しつらえ、庭、そしてお料理で、春を感じて頂けましたら、幸いです。

朝日放送テレビ 「おはよう朝日 土曜日です」にて 食事処・四季膳花のの 「ぶりしゃぶ」をご紹介頂きました

1月19日(土)、朝日放送テレビ 「おはよう朝日 土曜日です」の、土日どーする?コーナーにて、

食事処・四季膳花のの、「ぶりしゃぶ」をご紹介頂きました。

 

ありがとうございます!

 

リポーターの、ジェイス・ブラッドフォード さんと山口実香さんが、伊根の舟屋で有名な、

伊根町を散策、向井酒造さんでお酒の試飲などをされた後、当館へ。

 

 

ぶりしゃぶをはじめ、ブリ料理の数々を召し上がられました。

 

 

ぶり西京焼に、ジェイスさんは、「WOW、焼かれてることで、旨味がUPされますねぇ。」と。

(ぶり焼物は、ぶりカマ塩焼となる場合もございます。)

 

 

雪鍋のぶりしゃぶに、山口さんが、「ブリは出世魚やから、今年いい1年になりそうじゃない。」、

ジェイスさんも、「確かに、出世しようぜー。」と。

 

 

お二人で、楽しくお話しされながらご紹介下さった、ぶりしゃぶコース¥9,500税別は、

食事処・四季膳花のにて、お出ししております。

⇒ 食事処・四季膳花の≫

 

お泊りで、ゆったりと、ぶりしゃぶをはじめ、もっといろいろと鰤を楽しみたい!という方には、

ぶり料理の品数も多い、こちらのご宿泊プランを、ご用意しています。

 寒ブリ堪能プラン≫

 

日帰りで、お泊りで、ぶりしゃぶなどのブリ料理を堪能する旅へ、どうぞお出かけ下さいませ。