top of page
天橋立 宮津温泉 茶六別館

メニュー

ENGLISH

宿泊予約

祈り 細川玉子(後のガラシャ夫人)像 建立

1580年、細川藤孝、忠興、玉子(後のガラシャ)は、宮津へ入りました。

 

その2年後、本能寺の変が起こり、玉子は丹後半島の山深い味土野へ幽閉されます。

幽閉が解かれ、大阪玉造に移り住んだ後も、子ども3人を、宮津へ帰り出産しています。

 


 

2013年は、細川忠興・ガラシャ生誕450年。記念事業として、大手川ふれあい広場に、

「祈り」細川玉子(後のガラシャ夫人)像が建立され、11月15日に、銅像の除幕式が行われました。

 

garasha annaiban

 

宮津城は、大手川の東岸にあったので、ガラシャ像はお城の方を向いて、建っています。

 

銅像を制作された、日本芸術院会員で彫刻家の山本眞輔さんは、市内の建立候補地をまわられた時、

「『私はここがいい。』というガラシャの声が聞こえた。」と、お話しされていました。

 


 

台座の銘「祈り」を揮毫された、細川家18代当主の細川護煕さんは、ガラシャのことを宣教師が

ヨーロッパへ伝え、オペラになり、広く知られるようになったことなどを、お話しされました。

 

garasha3s H25.11.15

 

皆さんで記念撮影。

 

garasha5s H25.11.15

 

夜には、宮津会館で、宮津出身の作曲家、平野一郎さん作曲の

「伽羅奢〜チェロとピアノに依る連禱〜」などの演奏が行われました。

 


 

宣教師フロイスの日本史によると、玉子は、丹後の地に大伽藍(教会)を建てたいという、強い希望があったとのこと。

 


 

garasha chirashi

 

銅像の近くには、1896年に建てられた、カトリック宮津教会があります。

内部は畳敷きで、ミサをあげる現役の教会としては、日本最古の教会。

教会内部の柱に使われている欅は、味土野の近くから運ばれたと、伝えられています。

 

garasha11s H25.11.15

 

大手川ふれあい広場、教会へは当館から徒歩5分です。

ロビーに、宮津散策MAP、細川ガラシャ物語パンフレットを置いています。

行ってみようと思われたなら、道順など、どうぞスタッフにお尋ね下さいませ。

Comments


bottom of page