2022年5月5日入荷開始 丹後とり貝 ランチでお泊りで 宮津湾 舞鶴湾で育った 旬の味覚

京のブランド産品・丹後とり貝。期間限定の、旬の味覚です。

丹後とり貝は、身入り検査を経て、出荷日が決まるので、毎年、出荷開始日が変わってきます。

今年は、5月5日に出荷が始まりました。

 

丹後とり貝は、京都府海洋センター独自の技術で、舞鶴湾や宮津湾などの

海に浮かべた筏で、稚貝からじっくりと育てられます。

天然とり貝と同じ、天然植物プランクトンを餌としており、肉厚で大きく、甘味の強いのが特徴です。

 

 

茶六別館に、ゆったりとお泊りで、造りをはじめ、小鍋で、焼いて~と、

丹後とり貝の、さまざまな美味しさを堪能したい、という方には、こちらのご宿泊プランを、ご用意。

⇒ 特選・丹後とり貝・岩牡蠣懐石≫

 

 

宮津天橋立への、日帰りランチで楽しみたい、という方には、

食事処・四季膳花ので、丹後とり貝・岩牡蠣料理をご用意。

 

食事処・四季膳花の≫

 

丹後ならではの、初夏~夏限定の味覚を、ご昼食で、ご宿泊で、どうぞお楽しみ下さいませ。