5月20日まで 宮津市歴史資料館 特別公開 企画展「宮津城下町と北前船」

5月20日まで、みやづ歴史の館4階にある、宮津市歴史資料館が特別公開され、

企画展「宮津城下町と北前船」が開催されています。

 

宮津市歴史資料館へは、当館から徒歩2分。入館無料。

 

 

常設展では、約2万年前以前から変化してきた、天橋立の成り立ちの紹介や、市内の古墳からの出土品、

江戸時代の宮津の町なみの模型など、縄文時代から近世までの宮津の歴史について、展示されています。

 

天正9年(1581年)、宮津城主である細川藤孝が、明智光秀、津田宗及、里村紹巴らを招いて、

九世戸天橋立で連歌や茶の湯を楽しんだことなども。

 

企画展では、宮津市由良地区にある、金毘羅神社への奉納船絵馬や、江戸時代初期の宮津城絵図の

下絵等が、展示されています。

 

 

また、期間中、下記のイベントが開催されます。

 

○博学社連携フォーラム「博物館×学校×地域社会=?」
日時:5月9日(水)15時30
会場:みやづ歴史の館4階 資料館エントランスロビー

 

○紙芝居「北前船・荒波に向かう由良の船乗りたち
日時:5月12日(土)13時30分
会場:みやづ歴史の館3階 大会議室

 

○「北前船寄港地シンポジウム」
日時:5月18日(金) 13時30分~17時
会場:みやづ歴史の館2階 文化ホール

 

宮津市歴史資料館

京都府宮津市鶴賀2164 みやづ歴史の館4階

TEL:0772-20-3390

9時~17時(入館は16時30分まで)
入館無料

イベントのお問合せ:宮津市教育委員会文化振興課 TEL:0772-45-1642

4月28日~5月6日 宮津⇔天橋立⇔一の宮 観光船増便 天橋立パーク&クルーズ

4月28日から5月6日まで、宮津⇔天橋立⇔一の宮の観光船(汽船)が、

増便されます(5月1日、2日を除く)。

 

宮津から天橋立へ、4月28日、5月6日は、ほぼ1時間に1便、運行。

4月29日、30日、5月3日~5日は、ほぼ30分に1便、運行。

 

時刻表はこちら ⇒ 4月28日~5月6日臨時時刻表≫

 

宮津桟橋へは、当館から徒歩3分。 宮津桟橋から天橋立までは、汽船で10分。

 

 

kamome6 2s H26.6.25

 

右手には、宮津湾に浮かぶニッケル鉱石船や、栗田半島。

天橋立を、海から眺め、だんだんと近づいていきます。

 

amanohashidatess H26.6.25

 

天橋立の廻旋橋は、汽船が通る時、90度回転します。

 

天橋立から一の宮までは、汽船で12分。

 

daitenkyous H25.6.4

 

船内で販売されている、かっぱえびせんを投げると、ウミネコが、上手にキャッチすることも。

 

amanohashidates H25.6.4

 

時刻表は、ロビーと客室に置いています。

 

お船に乗ってのお出かけも、気持ちいいですよ。

 

天橋立パーク&クルーズについて、詳しくはこちらをご覧下さい。

天橋立パーク&クルーズ≫

 

お問い合わせ先

天橋立観光協会

TEL:0772-22-8030

青石の露天風呂 奥庭で咲く ツツジ モミジのヘリコプター

日中は、しとしと雨の降っていた今日の宮津。

 

奥庭で、レンゲツツジの花が咲いています。

 

 

モミジの花は、種子に変わりはじめています。

熟すと、ヘリコプターのように、クルクル回って、飛んでいきます。

 

 

草木や、苔などにとって、恵みの雨。

 

 

青石の露天風呂のある、大浴場の庭では、宮城野萩がグングンと伸び、

オオムラサキツツジの花が咲いています。

 

 

 

食事処・四季膳花のに庭にある、オオムラサキツツジの花は、これから。

 

日当たりの関係でしょうか。

宮津 獅子崎稲荷神社の ミツバツツジ

宮津市にある、獅子崎稲荷神社では、ミツバツツジの花が咲いています。

 

当館より、車で約6分のところ。

 

 

石段を上がっていくと、雪舟の描いた国宝「天橋立図」の構図に一番近いとされる、

雪舟観展望所があり、天橋立をのぞむことができます。

 

 

山の中腹からは、ミツバツツジと宮津湾、その向こうに大江山。

 

 

宮津市の花に制定されている、ミツバツツジ(正確にはコバノミツバツツジ)。

 

今年は、冬の雪の影響からか、花をつけていない枝があったり、

花の色も、例年ほどの鮮やかさはないような、気がします。

 

 

見頃も、あと2,3日といったところでしょうか。

舞鶴自然文化園 ツバキまつり 1500種3万本

舞鶴自然文化園では、4月20日(日)まで、ツバキまつりが開催中です。

 

宮津天橋立から、車で約1時間。

 

 

広い園内に植えられた、さまざまな椿。

 

「チューリップ タイム」

 

 

「菊冬至」

 

 

体験学習棟では、パネル展示による、ツバキの花形や咲き方、花色の名称の説明など。

 

展示棟では、鉢植えの椿を、間近で。

「胡白蝶」

 

 

園内にて、「赤呼子鳥」

 

 

4月14日は園内散策会、4月15日は椿油を使った化粧水作りが、あります。

 

 

今年は、3月後半から、あたたかい日が続いたため、

例年より早く、ツバキが咲き進んでいるようです。

 

舞鶴自然文化園≫
京都府舞鶴市多祢寺24-12
TEL:0773-68-0221
9時~17時(最終入園16:30)
入園料:大人300円 小人150円

食事処 四季膳花の オーダーストップと メニュー変更の お知らせ

陽春の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

平素は、茶六別館、ならびに、食事処・四季膳花のに、格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

 

2018年4月1日より、食事処・四季膳花ののオーダーストップを、下記の通り、変更させて頂きます。

 

昼席:13時(¥6,480以上のお料理の場合、これまでと同様12:30)

夕席:19時(夕席は予約制)

 

なお、営業時間は、昼席、夕席とも、これまでと変更はございません。

 

また、より一層、丹後の旬の食材の、持ち味を生かした料理をお出しできますよう、

メニュー変更、ならびに、メニューよっては、前日までの予約制とさせて頂きます。

 

※桔梗御膳:内容の見直しに伴い、¥2,916へ、料金を変更させて頂きました。

 

 

皆様に、ゆったりとお食事をお楽しみ頂けますよう、これからも、スタッフ一同、努めてまいりますので、

何卒ご理解下さり、今後ともご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

食事処 四季膳花の≫

 

営業時間
【昼席】11:30~14:00 (オーダーストップ 13:00/¥6,000税別以上のお料理は12:30)
【夕席】17:30~21:00 (オーダーストップ 19:00) ※夕席は前日までの予約制

席数:イス・テーブル席 28席  小上り席14席

定休日:毎週火曜日(ただし、祝日、お正月、GW、お盆などは営業)

電話番号:0772-22-0206

吉田(瑠璃寺)のしだれ桜 満開近し 舞鶴観光 

昨日、宮津のお隣り、舞鶴市にある、吉田(瑠璃寺)のしだれ桜を、観に行ってきました。

 

 

樹齢300年を超える古木と若木のしだれ桜は、舞鶴市の天然記念物に指定されています。

 

 

石垣近くの枝は、7分~8分咲きくらい、全体では5分未満かなぁというところ。

今週末には、見頃を迎えるのではないでしょうか。

 

 

宮津から、車で約40分です。

 

 

桜の見頃の期間、日暮れから21時頃まで、ライトアップされるとのこと。

 

夜桜も、また素敵でしょうね~。

 

まいづる観光ネット≫

京都府舞鶴市吉田170

駐車料金(環境保全協力金として):乗用車300円 大型バス 2,000円

お問い合わせ:まいづる観光ステーション
TEL:0773‐75‐8600

沈丁花の香りでお出迎え 温泉入浴

昨日、今日とあたたかかった宮津。

 

玄関先では、沈丁花の甘い香りが、お客様をお迎えしています。

 

 

青石の露天風呂のある、大浴場では、白花沈丁花のやさしい香り。

いつも、赤花より早く咲きはじめます。

 

 

奥庭では、柊南天や絞りの入った椿。

 

 

蓬莱の庭などでは、アセビの花が盛り。

 

 

薄ピンク色の木瓜は、一輪だけほころんでいました。

 

春ですね~

あまから手帖2月号 「京都クラシック」 に掲載して頂きました

あまから手帖2018年2月号、「京都クラシック」に、掲載して頂きました。

 

 

フードライター、団田芳子さんの連載、「関西だけのこの宿とまれ」にて、

さらっとしつつあったかい文章で、紹介して下さっています。

 

ありがとうございます!

 

 

数寄屋造りの趣を、プロの技で伝えて下さる、写真とともに。

 

 

寒平目の薄造り、松葉がにの炭火焼き、ぶりしゃぶなど。

 

 

新調理長と新2番手も、大きく取り上げて下さっていて、励みになります。

 

 

宮津の、まちなか散策も。

 

 

丹後の宮津、数寄屋造りの宿で、ゆったりと旬の味覚を堪能する。

 

そんな旅へ、どうぞお出かけ下さいませ。

もうじき節分 福豆 今月の炊合せ

もうじき節分。玄関に、鬼がでました。

 

当館の玄関先にも、裏門のそばにも、柊が植わってるのになぁ。

 

 

この時期、ご宿泊のお客様に、福豆をお配りしています。

 

長年、西国観音巡拝でご利用頂いている、銚子の満願寺様が、毎年送って下さり、ありがたいことです。

 

 

今月、懐石料理の先八寸には、柊の葉といわし辛煮、梅人参ほか、

 

炊合せには、升大根ふろふき、大豆煎り煮、菜の花などを、お出ししています。

(炊合せは、旬の味覚懐石、丹後食べ尽くしのみ)

 

 

皆様のところへ、春風にのって、たくさんの福がやってきますように。

 

■丹後食尽くし■丹後松葉がに&寒ぶり&甘鯛&但馬牛≫ 

寒中お見舞い申し上げます 冬の休日は コタツでほっこり

寒中お見舞い申し上げます

 

このところ寒い日が続きましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日、宮津は雪が降りました。今日にはほとんど溶けて、山の上の方にだけ積もっています。

 

さて、昨年11月のはじめより、客室に炬燵が出ています。

コタツがあるのは、【蓬莱】

 

 

【悠の間】の、松風、加茂、花月です。

 

 

4月はじめ頃までの、予定です。

 

宮津温泉に浸り、夕食にカニや寒ブリを召し上がり、こたつで団らん、ウトウトも。

 

そんな、冬ならではの休日を、お過ごしになりませんか。

謹賀新年

明けましておめでとうございます

 

旧年中は、皆様には格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

 

 

昨年秋、当館の調理場に、新調理長と新2番手を迎えました。

 

真摯な想いから生み出す新しい料理と、これまで当館で守り伝えてきた味と。

 

お客様から頂くお声の数々を、本当にありがたく感じる日々。

 

守るべきところと、新しく変えていくところ。

 

そのどちらも、各部門で、大切にし、いろいろとtryしながら、

より一層ご満足いただける宿を目指して、スタッフ一同、精進してまいります。

 

今後とも、変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

この一年が、皆様にとりまして、平安で幸多い年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

蓬莱の庭雪化粧 宮津天橋立へ 冬季にお車でお越しの際は

12月12日、客室「蓬莱」より、蓬莱の庭の雪景色。

 

 

近年、雪が積もるのは、1月に入ってからだったので、庭木もびっくりしたことでしょう。

 

今年は、早いめに、庭師さんに、松の雪吊りをしておいてもらって、よかったです。

 

 

さて、現在、道路に積雪はありませんが、冬の季節、宮津のまちなかに、雪が積もることはございます。

 

当館のある、宮津のまちなかの積雪量は、下記地図内の、「宮津市吉原」をご覧下さい。

京都府道路状況提供システム≫

 

もし、雪が積もった場合、高速道路はチェーン規制がかかります。

 

冬季に、宮津天橋立へお車でお越しの際は、お出掛け前に天気予報などをご確認の上、

雪の予報が出ている場合は、念のために冬用タイヤ着用か、タイヤチェーンをお持ち下さいませ。

 

よろしくお願いいたします。

 

天気予報、交通情報はこちら。

宮津市の天気≫

京都縦貫自動車道≫

NEXCO西日本 i Highway≫

奥庭の眺め 紅葉 これからの庭

今日の宮津は、青空が広がっていました。

 

朝の奥庭の眺め、紅葉。

 

 

庭の万両が、真っ赤に色づくにはもうしばらく。

 

 

寒くなるにつれて、その赤い実を、鳥達がついばむ姿を、

しばしば、見られるようになっていきます。

11月6日 松葉ガニ漁解禁 冬の味覚をお泊りで 日帰りで

11月6日、松葉ガニ漁が解禁となりました。

 

松葉ガニは、冬の丹後の味覚の代表格。

 

コッペと呼ばれる(セコガニともいう)雌蟹は、保護の観点から、今年12月31日まで、

雄蟹は、来年3月20日までが漁期です。

 

なお、京都府では、保護の観点から、水ガニ(脱皮直後の雄ガニ)漁は禁止されています。

 

濃厚な内子(卵巣)と、プチプチした食感の外子(卵)は、コッペならでは。

 

 

松葉ガニのさまざまな美味しさを、造りで、焼いて、茹でて、鍋で、、、等、

数寄屋造りの宿で、ご堪能下さいませ。

 

%e9%96%93%e4%ba%ba%e8%9f%b9bs2

 

松葉ガニ尽くしのご宿泊プランはこちら

⇒ ★カニ祭(松)★ 美味しさ厳選!蟹1杯【ALL松葉ガニ】≫

 

カニ祭(極み)★松葉ガニ&寒鰤~極選!地物松葉蟹フルコース~≫

 

また、食事処・四季膳花のでは、松葉ガニを使った日帰りのお食事コース(要予約)を、

ご用意しています。

⇒ 食事処・四季膳花の≫

 

丹後の宮津で、旬の味覚を、お泊りで、日帰りで、どうぞお楽しみ下さいませ。