ハクレイ酒造 酒蔵スイーツ 白嶺舎

あっっという間に、今年も残すところ二週間あまりとなりました。
舞鶴産天然ブリも、あぶらがのって美味しいとご好評頂いているこの頃です。

皆様お元気でいらっしゃいますか。ごぶさたをして、申し訳ありません。

 
さて、舞鶴方面へ国道178号線を、車で走ること20分、市内由良地区にある、ハクレイ酒造さんのご紹介ですsun.gif
昨年7月、昔精米所として使用されていた建物を、スイーツの製造所とカフェ、白嶺舎としてオープンされました。

 

hakurei1 H23.12.16

 

ケーキ数種類の他、プリンや焼菓子も販売されています。

 

hakurei2 H23.12.16

 

お酒や酒粕などを使ったケーキと、ドリンクのついたケーキセットは¥750。

 
hakurei3 H23.12.16

 
手前は、ベイクドとレアの2層のチーズケーキ、モンタニュブランシゥ。純米吟醸酒の酒粕ペーストが使われています。

奥は、蔵ロール。黒糖デザートリキュールを使った生地と抹茶クリーム。ガラスの器には酒粕アイス。

 

 
hakurei6 H23.12.16
また、天の蔵では、いろいろな種類の地酒の試飲と、購入ができますicon_razz.gif
事前にお申込みされると、酒蔵の見学もできます。

 

 

hakurei4 H23.12.16

 

地酒だけではなく、大吟醸酒粕アイス、由良みかん100%ジュースなども。

 

hakurei5 H23.12.16

 

由良ヶ岳の湧水「不動山水」を使ったお酒とスイーツは、いかがでしょうかclover.gif
あ~~残念、行きたいけど時間がないわぁというお客様、当館でもハクレイさんのお酒を、お飲みになれますnote.gif

 
京都府でのみ生産されている、高級酒米・祝を100%使用した、純米吟醸「未体験吟醸」、

丹後産山田錦を100%使用した、特別純米酒「香田」、山廃本醸造 「大辛口 酒呑童子」などの地酒と、

冬の丹後の味覚、松葉ガニ、ぶりしゃぶとのコラボレーションを、どうぞお楽しみ下さいませtulip.gif

 
ハクレイ酒造株式会社≫
京都府宮津市由良949
TEL:0772-26-0001
白嶺舎:9時~17時 月・火・水休(月曜が祝日の場合は営業)
天の蔵:9時~17時 水・元旦休

与謝蕪村、特別展のご案内

日本を代表する俳人であり文人画家である与謝蕪村は、江戸時代の宝暦4年(1754年)~宝暦7年(1757年)にかけて、
蕪村39才~42才の時、宮津の見性寺に滞在し、画に俳句に旺盛な活動を行いました。
今回、蕪村の丹後時代の絵画作品を中心に、京都府立丹後郷土資料館と与謝野町立江山文庫において、
京都府で開催される第26回国民文化祭開催記念として与謝蕪村特別展が開催されております。
多くの足跡を丹後に残した蕪村の息づかいを、数々の珠玉の作品を通して、ご堪能下さい。
期間 11月20日(日曜日)まで。
場所 ・京都府立丹後郷土資料館(午前9時~午後4時30分)
           休館日 毎週月曜日(但し、祝日の場合はその翌日)
           入館料 大人200円、小人50円。
           ℡ 0772-27-0230
           出品目録 「三俳僧図」、「山水花鳥風月図屏風」、「田楽茶屋図屏風」など15点。
    ・与謝野町立江山文庫(午前9時~午後5時)
           休館日 毎週月曜日(但し、祝日の場合はその翌日)
           入館料 大人200円、小人100円。
           ℡ 0772-43-2180
           出品目録 「四季耕作図屏風」、「晩秋飛鴉図屏風」など5点。

 11月6日(日) 国民文化祭・京都2011 民謡・民舞の祭典開催!

kokubun2 H23.11.1

What’s newページでお知らせしていました、第26回国民文化祭・京都2011 民謡・民舞の祭典が、いよいよ11月6日(日)に開催されます[:太陽:]
唄と踊りで結ぶ ふるさと紀行 ~お国自慢 in 日本三景・天橋立~

kokubunsai1 H23.11.1

宮津会館にて、9:50に、地元宮津漁師町の浮太鼓でオープニング[:りんご:]
北は岩手県から南は大分県まで、富山県の民謡おわら節、静岡県のちゃっきり節、徳島県の阿波踊り、高知県のよさこい鳴子踊り、京都府の祇園小唄、地元の宮津おどりなどが行われます。16:30頃までの予定。
kokuminbunkasai H23.11.1
入場無料ですが、当日先着順で、整理券は発行されないとのこと。
ぜひ行ってみたい[:ダッシュ:]と思われた方、前日の11月5日(土)、会場の宮津会館へ徒歩2分という近さの、当館へお泊まりになりませんか[:love:]
チェックアウト後のお荷物お預かりO.K 朝イチでどうぞお出掛け下さいませ。
会場に隣接する島崎グラウンドでは、食文化の祭典「海」が開催されます。
フードコート・物産展では、ばらずし、宮津バーガー、漁師めしなどの販売、体験・展示では、丹後の伝統料理・ばら寿司の試食や、丹後食文化の歴史の紹介、ステージではおさかなクイズ、地元伝統芸能の披露など[:ハンバーガー:]
kokubunsai3 H23.11.1
秋の一日、丹後の宮津で、伝統芸能と食文化の祭典を、どうぞお楽しみ下さいませ[:にかっ:]
お問合せ:第26回国民文化祭宮津市実行委員会事務局(宮津市教育委員会事務局総括室内)。
電話:0772-45-1643

 ツワブキの花が見頃です 宮津山王宮日吉神社

秋晴れの下、市内の山王宮日吉神社では、ツワブキの花が見頃を迎えています[:太陽:]
「今年は数年ぶりに順調な生育で。」と、牧宮司さんがおっしゃる通り、去年よりも花つきがいいです。11月5日前後くらいまででしょうか。

aki sannnouguu chirashi s H23.10.31

アオスジアゲハが、花から花へと飛びまわっていました。
aosujiageha2 small H23.10.31
sannouguu tsuwabuki2. small H23.10.31
今年できたばかりの、観光協会による、秋の山王宮についての解説ははこちら(クリックされると、大きな画像になります)[:花:]
sannouguu sazanka1 small H23.10.31
さざんかは、ちらほら咲きでしたが、木のそばは、さわやかな甘い香りが漂っていました[:音符:]

宮津天橋立ICから車で7分。当館からは車で3分です。秋の山王宮チラシは、ロビーに置いています。
さざんかは、12月中旬頃までだそうですので、宮津へお越しの際は、立ち寄ってみられませんか[:にぱっ:]
宮津山王宮日吉神社≫
京都府宮津市宮町1408
TEL:0772-22-3356

 宮津 赤ちゃん初土俵入り

昨日、市内の山王宮日吉神社で、赤ちゃん初土俵入りが行なわれました[:太陽:]
毎年、体育の日に行われ、ニュースでも取り上げられているので、ご覧になられたことがおありの方も、いらっしゃるかもしれませんね。
綺麗な化粧回しを付けた幼児が、行司に抱えられ、見えない神様と相撲を取ります。神様と相撲をとる幼児の身体に、神聖な土俵の砂をつけることで、健康に育つよう祈願する神事です[:四葉:]
いつもは静かですが、この日は熱気に満ちた境内。
sannouguu5.s H23.10.11
境内の杉末神社で、宮司さんが、相撲をとる赤ちゃんの健康を祈願されます。
sannouguu4.s H23.10.11
そして、いよいよ赤ちゃん初土俵入り。
sannouguu7.s H23.10.11

sannouguu9.s H23.10.11

sannouguu11 H23.10.11
今年は234人の赤ちゃんが参加されたとか。
境内では、赤ちゃんを中心に笑顔が広がっていました。
来年は、皆様もどうぞこの秋のイベントに、お出掛け下さいませ。
宮津で江戸時代から続く、可愛らしい行事のご紹介でした[:花:]
宮津山王宮日吉神社≫
京都府宮津市宮町1408
TEL:0772-22-3356

 キンモクセイの香り風呂

しとしと雨、のち曇りだった今日の宮津。
「あ、咲いてるー。」
その芳香で、いつも、咲いたよ~と教えてくれる、庭のキンモクセイ。
館内の廊下に、かぐわしい香りが満ちています[:音符:]
kinmokusei1 small H23.9.30
蓬莱の庭にある、一番大きなキンモクセイは、こんもりとなっていたところ、
去年庭師さんが相当スッキリとされ、今年は元気にたくさんの花を咲かせて
います。散ると今度は、蹲の周りを彩って、キレイです。
キンモクセイは、奥庭、大浴場・信楽の露天風呂のそばにもあり、
花の香り風呂をお楽しみいただけます[:太陽:]
大浴場・青石の露天風呂のある庭では、ほのかな香りのギンモクセイと萩の花。
ginmokusei small H23.9.30
hagi1 small H23.9.30
明日は衣替え。全国的に、秋も深まってくるという予報が出ていましたね。
ホカホカとよく温まる宮津温泉、期間限定キンモクセイの香り風呂に入り、
秋の味覚を満喫する旅へ、お出掛けになりませんか。
10月は、赤ちゃん初土俵入り、丹後きものまつりin天橋立、ふゆ花火など
いろいろとイベントもございますよ[:花:]
akachanzumou k H23.9.30
宮津天橋立のイベントのご案内はこちら≫[:四葉:]

 秋の色 秋の香り 秋の音

日中は半袖でも、夜にはちょっとひんやりして、長袖がちょうどいい、宮津です[:太陽:]
大江山(航空管制塔)では、ススキの穂が出ていました。当館から車で20分ほどの、毎年5月に行われる大江山一斉登山で、宮津市の出発点となるところ[:花:]

susuki1 s H23.9.7

すこし下の方では、ツルニンジンはつぼみ、ヤマジノホトトギスが咲いていました。キンミズヒキはおわりかけ。栗は黄緑色の実をつけていて、夏から秋に、変わっていってるんだなぁと感じます[:にこっ:]
大江山のふもとの上宮津地区では、早くも、黄金色に実った稲の収獲をしている方が、いらっしゃいました[:四葉:]
inekari1 s H23.9.7
田んぼの上には、トンボやバッタがたくさん飛んでおり、ふと見ると、大きなバッタくんが道に。
batta s H23.9.7
窓を開けて車を走らせていると、濃く甘い香り。
そう、秋の七草、葛の花の香りです。
kuzu2 s H23.9.7
そして庭では、秋の虫達の声が響く中、時折アクセントをつけるように、ツクツクボウシが鳴いています。
松茸土瓶蒸し、甘鯛若狭焼に、ほっこりキノコ鍋、、、秋の美味しいものを召し上がったあとは、広縁にて虫の音に耳をすませ、月を愛でる。そんな秋の休日を、どうぞお過ごし下さいますように[:お茶:]

 明日8月28日(日) 第2回宮津キャッスルハッスル開催

What’s newページでお知らせしておりました、第2回宮津キャッスルハッスルが、いよいよ明日開催されます[:太陽:]
ダンボール舟レースと、宮津バーガーなど地元14店舗が出店する楽食楽宴[:ハンバーガー:]
午前9時より、宮津市役所(宮津市字柳縄手345-1)・大手川ふれあい広場一帯にて行われます(当館より徒歩5分)。

IMG_8276 sss br H23.8.27

◎タイムスケジュール
9:00  開会式
楽食楽宴みやづ開始~16時まで
(宮津バーガー、宮津カレー焼きそば、うどん、ドーナツ、
アイスクリームなど地元の14店舗出店)
細川ガラシャゆかりの展示~16時まで
9:40  ダンボール舟レース ジュニアの部開始
10:20 ダンボール舟レース 一般の部開始
12:00 ゆるキャラ(かさぼう、ゆうさいくん、まゆまろ) 練り歩き

kasabou2 H23.8.27

13:00 ダンボール舟レース 二人乗りの部開始
15:00 ダンボール舟レース表彰式
15:40 閉会式
IMG_8282 sss H23.8.27
夏休み最後の日曜日、歓声と笑顔あふれるイベントへ、お出掛けになりませんか[:にぱっ:]

 8月26・27・28日限定! 星空観賞へご案内

日中は蝉の声が聞こえますが、夜には秋の虫達も鳴きはじめ、ちょっと涼しい宮津です。皆様のところはいかがでしょうか、秋の音が聞こえはじめましたでしょうか。
さて、8月26・27・28日限定!の、星空観賞へのご案内です[:四葉:]
宮津市は、星空観察に最適の街「全国2位」。その中でも満点の星空が見られる、鬼伝説で有名な大江山へ、星空を見に行きませんか?
ご夕食後、バスでご案内いたします[:バス:]
満天の星空にふれるひとときを、どうぞお過ごし下さいませ[:星:]
IMG_2825 s H23.8.21
●参加料お一人様(中学生以上)¥500。翌朝の精算時に頂戴いたします。
●ご夕食は17時30分にご用意いたします。
●星空観察のバスは、19時55分に出発します。綾部市天文館のスタッフの方が望遠鏡を持って来られ、星空の解説をされます。
大江山で約30分の星空観賞の後、21時30分頃帰着予定です。
※主催 宮津天橋立観光旅館協同組合
天候により中止の場合もございますので、予めご了承下さいませ。
昼間は天橋立観光や、丹後のきれいな海で海水浴。夜は旬の味覚を味わい、
満天の星空観賞へ。お帰り後は宮津温泉にてほっこりと、、、
旬の味覚&宮津温泉とともに、思い出いっぱいの夏休みのご旅行をお楽しみ下さいませ[:にぱっ:]
【満天の星空観賞へGO!】  ★8月26・27・28日限定★  ご宿泊プランはこちら
※星空観賞へは、このプランを含むすべてのご宿泊プランのお客様のうち、ご希望の方をご案内します(中学生以上の方は参加料がかかります)。

 丹後の宮津でピンとだした♪ 宮津踊り

お盆ですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで、16日は満室となりました。ありがとうございます[:太陽:]
しかしながら、食事処「四季膳花の」の方は、まだお席がございます。どうぞお問合せ下さいませ。
さて、14日、15日、16日と、当館より徒歩1分弱の島崎公園では、盆踊りが行なわれます。どなたでも参加できます[:月:]
盆踊りの踊り櫓は、数日前に組み上げられて、夜にはぼんぼりに灯りがともっています。
14日は、午後7時30分~9時頃まで、盆踊り大会。
15日は、午後7時30分~9時頃まで、市民総おどり大会。
16日は、花火大会終了後の午後8時30分~10時頃まで、盆踊り大会。

55418 H23.8.14

15日の市民総おどり大会では、宮津節、松坂、あいやえの踊りを、町内、おどり連、企業などの団体が競います。自由連は、当日飛び入り歓迎の連です。午後8時30分頃からは、踊りの審査結果が発表されます。2階海側客室よりご覧いただけます。
14日、16日には、宮津小唄も踊られます。
「二度といこまい丹後の宮津 縞の財布がからとなる 丹後の宮津でピンとだした」の宮津節[:音符:] なんか、聞いたことあるなぁと、思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
お泊まりやお食事でお越し下さるお客様の中にも、ご存知の方々がいらっしゃり、嬉しくお話しさせて頂くことがございます[:にぱっ:]
去年、たまたまラジオを聞いていましたら、宮津節が流れてきて、大変びっくりし、またありがたいなぁと思いました。歌詞は、地元で私達がなじんでいるものとはすこーし違いましたが、そのバージョンも耳にしたことはあるもの。
14日は、宮津おどり振興会さんや、花柳流若那会さんのメンバーの方達が、いつも踊っておられます。16日には、燈籠流し花火大会を見に来られた方達を中心に、大きな踊りの輪ができます[:星:]
bonodoritaikai H20.8.15. small H23.8.8
夏の夜、丹後の宮津で、ご一緒に輪になって踊られませんか。
気持ちいいですよー[:四葉:]

 8月16日 宮津燈籠流し花火大会!

残暑お見舞い申し上げます。
今日は、全国的に暑かったと報道されていましたが、宮津も暑かった[:汗:]
いえ、海水浴日和でした[:太陽:]
先週、天橋立の大天橋では、砂浜にビーチパラソルやテントの花がたくさん咲き、海水浴を楽しむ大勢の方達で賑わっていました。今週も、涼を感じに多くの方達がいらっしゃることでしょう[:車:]
さて来週8月16日には、日本三大燈籠流しの一つ、宮津燈籠流し花火大会が行なわれます。

tourounagasi H23.8.8

宮津湾に、精霊船や約1万個の紅白燈籠が流され、約3,000発の花火が打ち上げられる、宮津市最大のイベント[:音符:]
花火大会会場から一番近い当館。なんとっ、お部屋に1室空きがございます[:ダッシュ:]
夜が深まりゆく中、海上の燈籠と夜空を彩る花火のコントラストは絶妙です。玄関を出られて徒歩1分の島崎公園より、パッと開くと同時に身体に響く花火を、どうぞお楽しみ下さいませ。
花火の後は、丹後の宮津でピンとだした♪ の宮津節などの盆踊り。
浴衣姿で踊りの輪の中へ、お入りになりませんか[:女性:]
宮津燈籠流し花火大会★間近で花火を堪能する☆彡 ご宿泊プランはこちら[:花:]
http://www2.489ban.net/v4/client/plan/detail/customer/charoku/plan/60971
tourounagashi small H23.8.8
そうなんやー、日帰りで行ってみようかなぁと思われたお客様、この日は、
日中から島崎公園で夜の花火大会の場所とりをする方もいらっしゃいます。
少し早い目に出かけられ、食事処「四季膳花の」でご昼食はいかがですか[:四葉:]
夜、四季膳花の窓際のテーブル席からは、花火をご覧いただけます。
旬の味覚を味わいながら、ゆったりと花火をご覧になるひとときを。
四季膳花の http://www.charoku.com/hanano/index.html
【昼席】11:30~14:00 (オーダーストップ 13:30)
【夕席】17:30~21:00 (オーダーストップ 19:30) ※夕席はご予約制
また、8月14日には、同じく島崎公園で、盆踊り大会。
翌15日には、市民総踊り大会が開かれます[:月:]

夏の宮津で、岩牡蠣などの旬の味覚&限定イベントをどうぞお楽しみ下さいませ[:ハート:]

 宮津天橋立エコツアー

宮津というと、天橋立をはじめ、冬のカニや寒ブリといった、海のイメージをお持ちの方も多くいらっしゃることでしょう[:太陽:]
そんな宮津には、北近畿最大級のブナ林があり、にほんの里百選に選ばれた、上世屋地区があります。当館から車で40分ほどの、丹後半島にある集落。
NHKBSプレミアムの「みんなで探そう!ニッポンの里山」(5/28放送7/2再放送)で紹介されたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。
宮津市エコツーリズム推進協議会では、宮津の、山、里、海のさまざまな体験メニューを紹介しています[:花:]
高山・世屋ブナ林ガイドウオークでは、京都府自然環境保全地域の中を、ガイドさんの説明を聞きながら歩きます。水が豊かで様々な植物が生育しており、名前を覚えていくのも楽しいです[:音符:]

buna2 H23.7.28

丹後半島最高峰からの展望、府下最大の大ブナにも出会え、この地の自然と人々の暮らしについて学ぶことができます。

himekouzo8 small H23.7.28

大江山・杉山ガイドウオークでは、花々や地質などの説明をガイドさんに聞きながら、普段あまり目にすることのない角度での、天橋立と宮津湾の景色を見ることができます[:チューリップ:]
sugiyamayori1 s H23.7.28
え~、どこが天橋立? と思われた方はこちら、案内板です。
annaiban H23.7.28
歴史の道百選・宮津街道ガイドウオークでは、大江山の元伊勢内宮にお参りし、鬼伝説や古代から近世の歴史をガイドさんに聞きながら、二瀬川渓流沿いの遊歩道や、石畳の道を歩きます[:四葉:]
hutasegawa4 small  H23.7.28
あ、もちろん、海のメニューも、天橋立ガイドウオークや、定置網体験など、その他、智源寺での座禅体験・写経体験ほかもあります[:にこっ:]
いずれのコースも事前のお申込みと体験料が必要です。
宮津天橋立エコツアーのパンフレットは、当館ホームページTOPページ左下に載せています(クリックされるとPDFファイルが開きます)
TOPページ:http://www.charoku.com/index.html
詳しくは、宮津市エコツーリズム推進協議会事務局(宮津市産業振興室商工観光係内)へお問合せ下さい。
電話:0772-45-1625
HP:http://miyazu-et.com/
今までから知っている天橋立をより深く、そして初めての宮津天橋立に、ふれてみられませんか[:四葉:]

 玄関から中庭に通る風

梅雨が明けましたね。夏本番です[:太陽:]
皆様いかがお過ごしでしょうか。
当館にご宿泊のお客様は、玄関を入られて、左手のロビーで、宮津の銘菓と薄茶(抹茶)を召し上がりながら、ゆったりとチェックインして頂いています[:音符:]

genkan1 H23.7.11

玄関を入られて右手には、燈籠と大きな天然石、蹲を配した苔むす中庭があり、その横を通りながら、お部屋にご案内しています。
nakaniwa new s H23.7.11
玄関から中庭にかけては、涼しい風がよく通ります[:四葉:]
先人の知恵だなぁ[:にぱっ:]と思います。
ある日、中庭をご覧になりながら、「夜はぜんぜん感じが違うんですね~。」と、お客様。そうなんです、夜はこんな感じです[:月:]
nakaniwa yoru H23.7.11
数寄屋造りの館内や、庭を、ぽおっと照らすやさしい光。
akanoroukayori yoru H23.7.11
日本の宿でゆったりと過ごす夏を、どうぞお過ごし下さいますように[:星:]

 ひと雨ごとに、、、庭のカニ

今日は曇りだなぁと思っていると[:曇りのち雨:] いっとき降ってまた曇り、時々[:晴れのち曇り:]
ひと雨ごとに、庭の緑も深くなっています。
生垣、奥庭に咲く、クチナシの花[:音符:]
コクチナシも咲きはじめ、オオヤエクチナシはもう少しでほころびそうです。

kuchinashi1 H23.6.28

足元に目をやれば、うつむきかげんに開く、ヤブコウジの花。

yabukouji1 H23.6.28

そして、カニ!
海に近いためか、毎年5月中頃から庭に出てきます。

kani1 H23.6.28

小さいものは甲羅が1cmもなく、大きいものは2cmちょっとあります。
ささっと逃げて、葉っぱの陰に隠れたつもりのところを、そ~っと。
当館は生垣に囲まれおり、たまにカニが玄関先などにいたりします。
子どもさんが「わー、カニ[:にぱっ:]」と喜ばれることもありますが、それが夜だったりすると、びっくりなさることも[:汗:] 申し訳ありません[:しょぼん:]が、どうかご了承下さいますように[:四葉:]

 天橋立パワースポットめぐり かさぼう

先週、宮津天橋立地区へ、大手旅行会社さんの社員の方達が、研修でお越し下さり、天橋立パワースポットめぐり+二大展望所に、旅館・ホテル側スタッフの一人として同行しました[:太陽:]
地元ガイドさんとともに、日本三文殊智恩寺からスタート、天橋立松並木を歩きます。ハマヒルガオやアザミの花が咲いていました。(今回は歩きましたが、レンタサイクルで天橋立の中を走るのも気持ちいいです[:女性:])
名水百選、磯清水。昔、和泉式部が、「橋立の松の下なる磯清水都なりせば君も汲ままし」と、詠ったと伝えられています。

manai1 H23.6.26

元伊勢籠神社に続いて、奥宮の眞名井神社へ。境内には、天の眞名井の水という霊水が湧き出ています。皆さん並んでお参りされ、お水を飲まれる方も。

isoshimizu H23.6.26

次に、ケーブルカーで傘松公園へ。ここから天橋立を望む、斜め一文字観[:花:]
天橋立というと、パッとこの眺めを思い浮かべる方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

kasamatsu2 H23.6.26

そして、この日の一番人気、特別に待っていてくれた、かさぼう[:チューリップ:]
歓声が上がり、大勢の方達が、一緒に写真撮影をされていました。

kasabou2 H23.6.26

丹後海陸交通さんによると、傘松公園キャラクターかさぼうには、4月~11月のだいたい土日、夏休み中はほぼ毎日、10時~16時に、傘松公園で会えるそうです[:にぱっ:]
ただ、暑さに弱いので[:汗:] その時間中ずっといる、というわけではない、とのこと。
そんな時はこちら、石造りのかさぼう[:チューリップ:]
天橋立をバックに、一緒に記念撮影もできます。

kasabou ishi1 H23.6.26

汽船で一の宮から天橋立へ渡り、天橋立ビューランドへ。天橋立飛龍観[:四葉:]
リフトとモノレールがあり、下りはリフトがオススメです。

hiryuukan3 H23.6.26

天橋立観光協会では、天橋立パワースポットめぐりや、モーターボートで行く伊根の舟屋巡りと宮津港セリ見学など、5つの体験プログラムを紹介しています。詳しくはこちら。
天橋立観光協会 http://www.amanohashidate.jp/taiken/index.html
7月1日は、天橋立海水浴場の海開き。海水浴&かさぼうに出会いに、宮津天橋立へお出掛けになりませんか[:音符:]