宮津 ホタル観賞バス 運行中です

梅雨入りは早かったものの、これまでのところ、雨の少ない宮津です。

 

庭では、南天やコクチナシなどの、白い花々が咲いています。

 

nantens H27.6.23

 

オオヤエクチナシはこれから。

雨に濡れ、キュルリと巻いた蕾は、清々しい気持ちにさせてくれます。

 

ooyaekuchinashis H27.6.23

 

さて、今月8日より、ご希望のお客様を、ご夕食後、市内の平家蛍観賞スポットへご案内しています。
午後8時出発、8時45分頃頃帰着予定、7月上旬頃まで行う予定です。

 

昨日は少なかったそうですが、今日はたくさん出て、鹿も出て、

「ホタルも鹿も見られた。」とお喜び。

 

ただ、自然のことゆえ、日によって、ホタルの数に多い少ないがあります。

 

また、雨や風の強い時など、ご案内できない日もございます。

どうかご了承下さいませ。

夜のサツキ 食事処・四季膳花のにて

このところ、いいお天気が続いている宮津です。

青空の下のサツキもいいですが、本日は、夜のサツキをご紹介。

 

お客様がご夕食をおえられ、お部屋へ帰られたあとの、食事処・四季膳花の。

手前の黄緑の若葉は槇。

 

h-satsuki1ss H27.5.27

 

当館では、客室「蓬莱」に、ご宿泊のお客様のご夕食は、お部屋でお出ししています。

蓬莱以外のお部屋にお泊りの場合、ご宿泊プランによって、食事処とお部屋の場合がございます。

 

ご朝食は、皆様、食事処でお出ししています。

食事処には、テーブル席と小上り席がございます。

 

h-satsuki7s H27.5.27

 

朝、昼、晩、と、表情を変える庭、花。

 

さつきの次は、南天やクチナシ、ネズミモチ、ヤブコウジなどの白い花。

(生垣で、トベラの花は咲いていますが)

 

庭で、南天の花が咲くころ、市内の水がきれいなところで、ホタルが飛びはじめます。

京のブランド産品 丹後とり貝 はじまっています

京のブランド産品・丹後とり貝の入荷が、4月20日からはじまっています。

 

これまでで一番遅かった昨年と比べると、ひと月半も早いので、「もう、出てるの!」、

「いい時に来ました。」と、お食事やご宿泊のお客様から、嬉しいお声を頂いています。

 

marugai4ss H27.5.8

 

肉厚で大きく甘味が強い、京のブランド産品・丹後とり貝。

 

丹後とり貝は、京都府海洋センター独自の技術で、舞鶴湾や宮津湾などの

海に浮かべた筏で、稚貝からじっくりと育てられます。

 

天然とり貝と同じ、天然植物プランクトンが餌なので、 品質や味も天然物と遜色なく、

築地などへも出荷される、近年人気の高いブランド食材です。

 

tangotorigai1s1 H27.4.27

 

食事処・四季膳花のでは、【丹後とり貝・岩がき御膳】など、日帰りのお食事コースを、

旅館では、造りで、焼いて、鍋で、、、等、丹後とり貝のさまざまな美味しさを、

お部屋で堪能していただく、【京ブランド・丹後とり貝懐石】を、ご用意しています。

 

丹後ならではの、初夏~夏限定の味覚を、日帰りで、お泊りで、

どうぞお楽しみ下さいませ。

 

【京ブランド・丹後とり貝懐石】ご宿泊プラン≫

SAVVY別冊 「行ける。関西の絶景」」に 掲載して頂きました

SAVVY別冊、「行ける。関西の絶景」に、当館を掲載して頂きました。

 

kansai zekkei1brs

 

「絶景旅で立ち寄りたい、すてき宿、あります」の、コーナーにて。

 

kansai zekkei5brss

 

丹後からは、天橋立、琴引浜や久美浜湾(すすきの写真がキレイ)など。

丹後のお隣、但馬からは、竹田城跡や玄武洞、天滝など。

 

丹後、但馬の絶景を堪能され、のんびりと宮津温泉にひたり、

数寄屋造りの宿でゆったりと、丹後の食を満喫する。

 

そんな旅へ、どうぞお出掛け下さいませ。

 

お玄関で、庭で、サツキの花が、皆様をお迎えいたします。

ぷっくりとした天橋立産あさりや、宮津産のもずくも、ございますよ。

青石の露天風呂 奥庭 つつじ モミジのプロペラ

つつじは、生垣や大浴場の庭、蓬莱の庭、奥庭でも咲いています。

 

青石の露天風呂のある大浴場の、オオムラサキツツジ。

 

komachi-tsutsuji1s H27.5.6

 

奥庭の、レンゲツツジと白いつつじ。

 

rengetsutsujis H27.5.6

 

 

shio-tsutsuji2s H27.5.6

 

奥庭では、モミジが、ピンク色のプロペラ(翼果)をたくさんつけています。

 

okuniwa momiji1s H27.5.6

 

もみじは、うつむきかげんで柔らかい、葉っぱの出はじめの時もかわいいですが、

種もかわいいです。

 

okuniwa momiji3s H27.5.6

 

お玄関では、サツキの花が、今朝ひとつほころびました。

いつもより、花のサイクルが少し早い気がします。

宮津天橋立のランチは つつじ咲く食事処でいかがですか

食事処・四季膳花のの庭では、大紫躑躅などのツツジが花を咲かせています。

(ひっそりとミヤコワスレやオダマキも)

 

hanano-tsutsuji3s H27.5.6

 

四季膳花のでは、ご宿泊のお客様だけではなく、日帰りのお食事のお客様もお迎えしています。

 

庭を眺めるテーブル席へご案内すると、「お庭がきれいねぇ」とのお声を頂くことも。

 

大女将の父である茶谷六治が、茶六本館を弟に任せ、この地に茶六別館を建てました昭和六年当時には、

生垣のすぐそばまで海がきていて、庭にある大ぶりの天然石は、船で 運んだと聞いております。

 

hanano-tsutsuji5s H27.5.6

 

天橋立へお出かけの際は、つつじの花や新緑、燈籠など庭の景色を眺めながら、

ランチを楽しむひとときはいかがでしょうか。

 

造りセットや寿司セットなどの昼膳に、旬の丹後とり貝や岩がきもございますよ。

 

食事処・四季膳花の(茶六別館内)≫

○イス・テーブル席 28席  小上り席14席

○昼席:11:30~14:00(ラストオーダー13:30、6,480円以上のお料理の場合は12:30)

○夕席:17:30~21:00(ラストオーダー19:30) ※夕席は予約制

○京都府宮津市島崎2039-4  ○電話:0772-22-0206

○定休日:火曜日(お正月、お盆、祝日は営業)

5月2~6日 宮津⇔天橋立⇔一の宮 観光船増便 GWパーク&クルーズ

5月2日から6日までの5日間、宮津⇔天橋立⇔一の宮の観光船(汽船)が、増便されます。

 

宮津桟橋⇔天橋立は、ほぼ30分に1便、汽船が運行。

時刻表はこちら soon.gif 5月2~6日臨時時刻表≫

 

宮津桟橋へは、当館から徒歩3分。 宮津桟橋から天橋立までは、汽船で10分。

 

kamome6 2s H26.6.25

 

右手には、宮津湾に浮かぶニッケル鉱石船や、栗田半島。

天橋立を、海から眺めるひととき。

 

天橋立の廻旋橋は、汽船が通る時、90度回転します。

 

天橋立から一の宮までは、汽船で12分。

 

daitenkyous H25.6.4

 

船内で販売されている、かっぱえびせんを投げると、ウミネコが、上手にキャッチすることも。

 

amanohashidates  H25.6.4

 

さわやかな風に吹かれ、お船に乗って出掛けられませんか。

 

ゴールデンウィークのパーク&クルーズについて、詳しくはこちらをご覧下さい。

GWパーク&クルーズ≫

丹後産岩牡蠣 海のミルク 新プランも登場

このところ、晴れの日が続いている宮津です。

 

今月中頃から、丹後産岩牡蠣を、ご宿泊のお客様に、酢の物としてお出ししています。

(桜鯛プランと但馬牛懐石を除く)

 

丹後の海で育った、岩がきは、アミノ酸やミネラル、グリコーゲンなど、さまざまな栄養素を多く含んだ、海のミルク。

大粒で濃厚な味わいです。

 

iwagaki4ss H27.4.30

 

生で、レモンをギュッとしぼって、もしくは、蒸して、自家製寄せ酢をかけて、どうぞ。

(牡蠣を召し上がれない場合は、他の食材をご用意いたします)

 

また、「ひとりに1個じゃ足りない!」という、岩がき大好きなお客様のために、

4月25日より、新プラン「丹後岩牡蠣懐石」のご宿泊が、スタートしております。

 

生または蒸し岩牡蠣に、焼き岩がき、岩ガキフライ、と、

お一人様に岩牡蠣が3個ついたプラン。

 

丹後岩牡蠣懐石≫

 

岩牡蠣は、食事処・四季膳花のでも、ご用意しています。

 

岩牡蠣sー蒸し

 

お泊りで、日帰りで、丹後の岩牡蠣を召し上がりに、いらっしゃいませんか。

 

なお、旅館、食事処とも、岩牡蠣は8月末までお出しする予定ですが、

仕入れの関係で、お出しできない場合もございます。

その場合は、どうかご了承下さいませ。

4月19日 丹後王国「食のみやこ」 オープン

宮津市のおとなり、京丹後市にあった体験型農業公園、丹後あじわいの郷が、

4月19日、丹後王国「食のみやこ」として、リニューアルオープンします。

 

4月15日、内覧会へ行ってきました。宮津から車で約45分。

 

tango1s H27.4.15

 

イルカのイルミネーションは、彩色作業中。

 

tango3s H27.4.15

 

今回から、入場無料で、全体が道の駅になったとのこと。

 

営業時間は9時~22時に延び、飲食店が3店舗から7店舗となり、物販店も増えました。

パンやアイスクリームなどの手作り教室(基本は予約制)も。

 

tango2s H27.4.15

 

tango4s H27.4.15

 

フードコート七姫殿は、最大で280席、海鮮や野菜の炉ばた焼き、ピザなど。

 

tango5s H27.4.15

 

トン´s キッチンでは、日吉ファームの京丹波高原豚のバーべキューなど。

 

tango8s H27.4.15

 

レストランGraciaでは、「アル・ケッチァーノ」のシェフ、奥田政行氏の監修による、

主に丹後の食材を使った、地中海式料理を。

 

この日は、春の花々を散らした鯛のカルパッチョ、鹿肉のローストと自家製苺のサラダなど。

 

Graciaは昼夜営業(夜は予約制)。

 

tango11s H27.4.15

 

4月19日10時からは、オープニングイベントが行われます。

 

ロビーにパンフレットを置いています。

京丹後、城崎方面へ行かれる際は、立ち寄ってみられたらいかがでしょうか。

 

丹後王国「食のみやこ」≫

京都府京丹後市弥栄町鳥取123

TEL:0772‐65-4193

9時~22時

*Graciaでは、2015年6月初めに、オープニング時のシェフとは違う方に代わられました

宮津 ミツバツツジ咲く 獅子崎稲荷神社へ バスでご案内

宮津市獅子崎にある、獅子崎稲荷神社では、ミツバツツジの花が見頃を迎えています。

 

shiizaki tsutsuji1ss H27.4.16

 

先日から、ご宿泊のお客様を、朝にバスでご案内しています。当館よりバスで約6分。

 

ミツバアケビの花も。

 

shiizaki tsutsuji4s H27.4.16

 

石段を上がっていくと、雪舟の描いた国宝「天橋立図」の構図に一番近いとされる、

雪舟観展望所があり、天橋立をのぞむことができます。

 

山の中腹からは、ミツバツツジと宮津湾、その向こうに大江山。

 

宮津湾に浮かぶのは、ニューカレドニアなどからニッケル鉱石を積んだ船。

この船と、阿蘇海の奥にある工場の間を、ニッケル鉱石の運搬船が、日に何度も往復します。

運搬船が文殊水道を通る度に、天橋立の廻船橋が開きます。

 

shiizaki tsutsuji7s H27.4.16

 

ご朝食後、9時または9時半にバスは出発。出発より、40分後に帰着予定。

花の様子を見ながらですが、来週中頃まで、ご案内する予定です。

 

ミツバツツジに包まれるひとときを、お過ごしになりませんか。

 

shiizaki tsutsuji15s H27.4.14

舞鶴自然文化園 ツバキ園 1500種3万本

舞鶴自然文化園では、3月21日(土)から4月19日(日)まで、ツバキ園が開園中です。

 

宮津天橋立から、車で約1時間。

 

2015 tsubaki chi1s

 

展示棟では、「華麗なるアメリカツバキ」展として、

鉢植えや切り花、パネル等で紹介。ツバキ苗木の展示即売も。

 

カメリアハウスでは、貴重な原種や洋種のツバキなどを見ることができます。

 

2015 tsubaki chi2s

 

4月12日(日)には、椿油の搾油実演や、

椿油を使った化粧水作り(先着30名様、参加費300円)が行われます。

 

4月18日(土)には、ツバキ園スタンプラリー。

先着50名様、参加費無料、参加者には椿挿木苗とバーク堆肥をプレゼントとのこと。

 

舞鶴には、舞鶴赤れんがパークや金剛院、舞鶴ふるるファームなどもあります。

2014.11.21宿ブログ 舞鶴赤れんがパーク≫

 

当館ロビーに、舞鶴の観光パンフレットを置いていますので、

舞鶴方面へお出かけの際は、どうぞお持ち下さいませ。

 

maizuru chi1s

 

maizuru chi2s

 

舞鶴自然文化園≫
京都府舞鶴市多祢寺24-12
TEL:0773-68-0221

9時~17時(最終入園16:30)
入園料:大人300円 小人150円

北近畿タンゴ鉄道から京都丹後鉄道へ

2015年4月1日より、北近畿タンゴ鉄道(KTR)は、京都丹後鉄道(丹鉄)として、新たに運行が始まりました。

 

運行会社が、WILLER TRAINS株式会社に、変更となったためです。

 

路線名は、宮津~福知山間が、これまで通りの宮福線、

西舞鶴~豊岡間の宮津線が、宮津~西舞鶴の宮舞線、宮津~豊岡間の宮豊線と、変わりました。

 

路線の7つの駅名が変更になりましたが、宮津駅、天橋立駅の名称はそのままです。

 

観光列車・丹後くろまつ号のコースは、スイーツコース、ランチコース、地酒コースのうち、

地酒コースがなくなり、ディナーコースができました。

 

企画乗車券は、これまでの、天橋立まるごとフリーパスなどに加えて、

週末ファミリーパスや、沿線のお祭りやイベントなどに合わせたフリーきっぷなども、新たに販売されています。

 

akamatsu8s2 H25.4.12

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

京都丹後鉄道(丹鉄)≫

TEL:0772-25-2323

 

4月1日より全客室禁煙のお知らせ

平素は、茶六別館をご愛顧下さり、誠にありがとうございます。

 

当館では、2015年4月1日より、全客室を禁煙とさせて頂きます。

 

近年、禁煙室をご希望というお声を多く頂きます中、

いろいろと検討いたしましたが、全11室という小さな宿であるため、

禁煙室、喫煙室と分けることも難しく、全室を禁煙とさせて頂くこととなりました。

 

また、食事処・四季膳花のは、ひきつづき、全席禁煙とさせて頂きます。

 

お煙草を吸われるお客様には、ご不便をおかけいたしますが、

喫煙の際は、玄関の火鉢の横に、灰皿を置いておりますので、

そちらの方でお願い申し上げます。

 

何卒、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

丹後の春告魚 イサザ

3月12日から、丹後の春告魚、イサザが入りはじめました。

 

isaza3s H27.3.18

 

イサザは、春になると、産卵のために川を遡上してきます。

ですので、イサザがでてくると、「あ、イサザ。」と。

 

一般的には、シロウオと呼ばれるハゼ科の魚。

今は、酒煮にして、先付にお出ししています。

 

isaza3sbr H27.3.19

 

ぼんぼりの中に

 

isaza2s H27.3.19

 

イサザは、卵とじや唐揚げにしても、おいしいです。

 

そうそう、昨日、魚屋さんに行きましたら、メバルもありました。

春ですねー。

白梅 白花沈丁花 椿

明日から三月。今週、宮津はあたたかい日が多かったです。

皆様のところは、いかがでしたでしょうか。

 

大浴場、信楽焼の壺の露天風呂のある庭では、白梅が咲いています。

 

bonbai1s H27.2.27

 

もともと、盆梅だったものを、庭に植えたもので、

最初の頃に比べると、これでもずいぶん大きくなりました。

甘酸っぱい香りを漂わせています。

 

bonbai3s H27.2.27

 

四国青石の露天風呂のある、大浴場の庭では、白花沈丁花が早やほころびはじめ。

 

近寄ると、沈丁花の甘い香り。

満開になるのは、三月後半でしょうか。その頃には、内風呂にも花の香りが漂ってきます。

 

jinchouge1ss H27.2.27

 

大浴場は、午後9時に男女入替制とさせて頂いております。

どうぞ、両方のお風呂にお入りになって下さいませ。

 

奥庭では、しぼりの入った椿。

 

tsubaki1s H27.2.27

 

同じ木なのに、下の方の枝にだけ、赤い花を咲かせることもあります。

今年は、どうでしょうか。