4月 傘松公園の桜と 日本三景・天橋立

このところ、あたたかい日の続いている、宮津です。

4月1日、傘松公園の桜と、天橋立。

 

 

傘松公園は、宮津市府中エリアにあり、リフトもしくはケーブルカーで、上がります。

リフトで4分、ケーブルカーでは6分。

 

 

 

 

傘松公園より、成相山に向かって左手の上方にある、股のぞき発祥の地より、天橋立。

鳥の声が響き、石造りの股のぞき台に腰掛けたら、ほっこりと。

 

 

傘松公園から、登山バス7分で、西国二十八番札所・成相寺に着きます。

 

1689年、江戸時代の儒学者、貝原益軒が、「己巳紀行(きしきこう)」において、

「日本の三景」という言葉を、初めて用いたとされています。

 

「己巳紀行」には、「・・・そして府中から成相寺へ登ることになり、その坂の途中で、

此坂中より天橋立、切戸の文珠、橋立東西の与謝の海、阿蘇の海目下に在て、其景言語ヲ絶ス、

日本の三景の一とするも宜也、・・・」とあります。

 

古来より、人々に、日本三景・天橋立として知られてきた、斜め一文字の天橋立が見られるのが、こちら。

 

傘松公園からの下りは、リフトがおすすめです。

天橋立へと向かって、降りてこられる景色を、お楽しみ下さいませ。

 

傘松公園≫