宮津天橋立の ぶりしゃぶ 宮津のお宝100選 

11月から3月にかけて、松葉ガニとともに、旬の味覚である、寒ブリ。

 

寒ブリを使った、ぶりしゃぶが、宮津天橋立ではじまったのは、今から四十数年前の、昭和53年(1978年)。

当時の、宮津天橋立観光旅館協同組合青年部により、生み出されました。

 

その宮津のぶりしゃぶの歴史と、当館のぶりしゃぶについて、

宮津のお宝100選として、noteに掲載して頂きました。

ありがとうございます!

 

⇒ 寒鰤の美味しさを余すことなくいただきます! 〜宮津発祥の「鰤しゃぶ」〜

 

 

ブリを、薄く均一に切るのは、料理人の技。

昆布だしに大根おろしを入れた、雪見鍋の中に、ぶりをサッとくぐらせて。

火の通り具合によって、ブリの味も、食感もかわってきます。

お好みの加減を見つけられ、自家製ポン酢で、どうぞ。

 

 

ぶりしゃぶをランチで食べたい! という方には、食事処・四季膳花のにて、2コースをご用意。

⇒ 食事処・四季膳花の≫

 

お泊りでゆったりと、ぶりしゃぶをはじめ、いろいろと鰤の美味しさを楽しみたい!という方には、

こちらの宿泊プランを、ご用意しています。

 寒ブリ堪能プラン≫

 

ちょっと食べてみたい気はするけど、やっぱりカニが好き! という方には、

カニの宿泊プランで、事前にお申込み頂きましたら、かにすきをぶりしゃぶへ、ご変更を承ることもできます。

 

また、この時期は、懐石料理の中に、ぶりしゃぶの小鍋を、一品として入れています。

 

ぶりしゃぶは、3月までご用意しています。

日帰りで、お泊りで、ぶりしゃぶなどのブリ料理を堪能する旅へ、どうぞお出かけ下さいませ。