国宝 雪舟筆「天橋立図」里帰り展示 丹後郷土資料館 特別展「天橋立と丹後国分寺」

宮津市にある、丹後郷土資料館では、12月13日まで、

開館50周年記念特別展「天橋立と丹後国分寺」が、開催中です。

 

11月23日まで、国宝・雪舟筆「天橋立図」が、展示されています。

(11月24日以降は、複製を展示)

ふだんは、京都国立博物館にありますが、雪舟生誕600年の年に、宮津へ里帰り。

 

 

国宝「天橋立図」の隣には、京都府指定文化財「成相寺参詣曼荼羅」(成相寺蔵)。

特別展には、重要文化財「丹後国分寺再興縁起」(国分寺蔵)、

丹後国天橋立之図(智恩寺蔵)など、32点が展示されています。

 

 

常設展では、丹後の古墳からの出土品や、丹後の海と人々の暮らし、

藤織など丹後の織物について等、展示されています。

 

 

11月20日~23日には、20時までの夜間開館と、史跡丹後国分寺跡等のライトアップ(17時~21時)。

 

丹後郷土資料館へは、当館から車で約20分。

お車で、元伊勢籠神社や、伊根町へ向かわれる途中にあります。

本数は少ないですが、路線バスも通っています。

 

チラシを、お部屋のご案内とロビーに、置いています。

 

丹後の歴史に触れ、天橋立図に会いに、いらっしゃいませんか。

 

◎京都府立丹後郷土資料館(ふるさとミュージアム丹後)≫
〇京都府宮津市字国分小字天王山611-1
〇TEL:0772-27-0230
〇開館時間:9時~16時30分(11月20日~23日は20時まで開館)
〇休館日:月曜日(11月23日は開館、翌24日(火)は休館)
〇入館料:大人250円 小人70円