5月20日まで 宮津市歴史資料館 特別公開 企画展「宮津城下町と北前船」

5月20日まで、みやづ歴史の館4階にある、宮津市歴史資料館が特別公開され、

企画展「宮津城下町と北前船」が開催されています。

 

宮津市歴史資料館へは、当館から徒歩2分。入館無料。

 

 

常設展では、約2万年前以前から変化してきた、天橋立の成り立ちの紹介や、市内の古墳からの出土品、

江戸時代の宮津の町なみの模型など、縄文時代から近世までの宮津の歴史について、展示されています。

 

天正9年(1581年)、宮津城主である細川藤孝が、明智光秀、津田宗及、里村紹巴らを招いて、

九世戸天橋立で連歌や茶の湯を楽しんだことなども。

 

企画展では、宮津市由良地区にある、金毘羅神社への奉納船絵馬や、江戸時代初期の宮津城絵図の

下絵等が、展示されています。

 

 

また、期間中、下記のイベントが開催されます。

 

○博学社連携フォーラム「博物館×学校×地域社会=?」
日時:5月9日(水)15時30
会場:みやづ歴史の館4階 資料館エントランスロビー

 

○紙芝居「北前船・荒波に向かう由良の船乗りたち
日時:5月12日(土)13時30分
会場:みやづ歴史の館3階 大会議室

 

○「北前船寄港地シンポジウム」
日時:5月18日(金) 13時30分~17時
会場:みやづ歴史の館2階 文化ホール

 

宮津市歴史資料館

京都府宮津市鶴賀2164 みやづ歴史の館4階

TEL:0772-20-3390

9時~17時(入館は16時30分まで)
入館無料

イベントのお問合せ:宮津市教育委員会文化振興課 TEL:0772-45-1642

カテゴリー: 観光案内, イベント情報 パーマリンク