大海原に夢を求めて ー丹後の廻船と北前船ー

宮津市にある、ふるさとミュージアム丹後では、11月29日(日)まで、

海の京都 特別展 「大海原に夢を求めてー丹後の廻船と北前船ー」が、開催中です。

 

 

tangoshiryoukan chirashi1

 

江戸時代から明治時代までの丹後では、廻船や北前船などによって、

様々な物資がもたらされ、また積み出されました。

 

船絵馬や船箪笥、引札(三上家文書)、輪島塗重箱(加藤家資料)などが、展示されています。

 

11月28日(土)10時からは展示品解説、13時30分からは「由良船頭 加藤家文書の世界」講座があります。

 

tangoshiryoukan chirashi2s

 

常設展では、丹後に伝わる浦島伝説や安寿と厨子王の物語絵本、古墳から出土したガラス釧(複製)や、

天橋立、藤織 についての展示など。

 

 

ところで、民謡 宮津節では、廻船や北前船の寄港地として、宮津が賑わった様子が、

「二度と行こまい 丹後の宮津 縞の財布が 空となる 丹後の宮津で ピンと出した♪」と唄われています。

 

昨年7月に宮津で開催された、第15回北前船寄港地フォーラム では、

熊本の牛深ハイヤ節、宮津のアイヤエ節、青森の津軽アイヤ節の踊りが披露され、

歌詞やリズム、踊りが、確かに伝わってきたのだなぁと、実感することができました。

 

kitamae1s

 

kitamae2s

 

市内の和貴宮神社の玉垣には、地元に加え、大坂や京都、越前などの名前があり、

広範囲にわたって、交易が行われていたことがうかがえます。

 

wakenomiya tamagakis

 

ふるさとミュージアム丹後へは、当館から車で約15分です。

 

ふるさとミュージアム丹後(京都府立丹後郷土資料館)≫
京都府宮津市字国分小字天王山611-1
TEL:0772-27-0230
入館料:大人¥250 小人¥70
9時~16:30

月曜休(11月23日は開館し、翌日休館)