「2019年04月」の記事一覧

食事処 四季膳花の 平日の昼席 予約制へ変更の お知らせ

穀雨の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

平素は、茶六別館、ならびに、食事処・四季膳花のに、格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

 

2019年5月10日より、食事処・四季膳花のでは、平日の昼席は、予約制に変更させて頂きます。

お手数ですが、前日の夜までに、ご予約頂きますよう、お願い申し上げます。

 

土曜、日曜、祝日の昼席は、これまで通り、営業いたします(予約制ではございません)。

 

 

皆様に、旬の食材の持ち味を生かしたお料理を、より新鮮な状態でお出しできますよう、変更させて頂きます。

何卒ご理解下さり、今後ともご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

食事処・四季膳花の

 

○食事処・四季膳花の 営業時間○
【昼席】11:30~14:00 (オーダーストップ 13:00/¥6,000税別以上のお料理は12:30) ※平日は前日までの予約制
【夕席】17:30~21:00 (オーダーストップ 19:00) ※夕席は前日までの予約制

席数:イス・テーブル席 28席  小上り席14席

定休日:毎週火曜日(ただし、祝日、お正月、GW、お盆などは営業)

電話番号:0772-22-0206

4月28日~5月5日 宮津⇔天橋立⇔一の宮 観光船増便 天橋立パーク&クルーズ

4月28日から5月5日まで、宮津⇔天橋立⇔一の宮の観光船(汽船)が、増便されています。

 

宮津から天橋立へ、4月28日から5月2日まで、ほぼ1時間に1便、運行。

5月3日から5日は、ほぼ30分に1便、運行。

 

時刻表はこちら ⇒ 天橋立観光船 臨時運行時刻表≫

 

宮津桟橋へは、当館から徒歩3分。

宮津桟橋から天橋立までは、汽船で10分。

 

kamome6 2s H26.6.25

 

右手には、宮津湾に浮かぶニッケル鉱石船や、栗田半島。

天橋立を、海から眺め、だんだんと近づいていきます。

 

amanohashidatess H26.6.25

 

天橋立の廻旋橋は、汽船が通る時、90度回転します。

 

 

天橋立から一の宮までは、汽船で12分。

船内で販売されている、かっぱえびせんを投げると、ウミネコが、上手にキャッチすることも。

 

amanohashidates H25.6.4

 

時刻表は、ロビーと客室に置いています。

お船に乗ってのお出かけも、気持ちいいですよ。

 

天橋立パーク&クルーズについて、詳しくはこちらをご覧下さい。

天橋立パーク&クルーズ≫

 

お問い合わせ先

天橋立観光協会

TEL:0772-22-8030

宮津 ミツバツツジ咲く 獅子崎稲荷神社へ バスでご案内

宮津市にある、獅子崎稲荷神社では、ミツバツツジの花が見頃を迎えています。

 

 

石段を上がっていくと、雪舟の描いた国宝「天橋立図」の構図に一番近いとされる、

雪舟観展望所があり、天橋立をのぞむことができます。

 

 

花の色の濃いもの、薄いもの、いろいろ。

 

 

空の青、海の青に、よく映えていました。

 

 

山の中腹からは、ミツバツツジと宮津湾、その向こうに大江山。

 

宮津湾に浮かぶのは、主に外国からニッケル鉱石などを積んだ船。

この船と、阿蘇海の奥にある工場の間を、運搬船が、日に何度も往復します。

運搬船が文殊水道を通る度に、天橋立の廻船橋が開きます。

 

 

数日前から、ご宿泊のお客様を、朝にバスでご案内しています。

当館よりバスで約6分。

 

ご朝食後、バスは9時に出発、9:40帰着予定。

花の様子を見ながらですが、今週半ばくらいまででしょうか。

宮津の桜は満開 卯月 特選懐石にて さまざまな桜 春の恵みをどうぞ

春暖の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

この土日で、宮津の桜は満開となりました。

 

さて、卯月の特選懐石では、先付、椀盛、向付、そして水物と、それぞれ趣の異なる桜を、愛でて頂いております。

 

向付

お造りは、日によって変わりますが、天然真鯛など、地のもの五種盛り。

 

筍や、ウド、うすいえんどうといった、春の恵みも。

焼物は、筍木の芽焼き、焼き蛤、独活甘酢漬け。

 

強肴

A5但馬牛ロースのカツレツ

うすいえんどうのソース、野菜三種

 

旬の食材の持ち味を、最大限に生かした料理を、温かいものは温かく、一品ずつ、お部屋へお持ちいたします。

(朝食は食事処で。二部屋以上でのご予約の場合、夕食も食事処となる場合もございます)

 

これから、丹後の山では、ミツバツツジの花が咲き、新緑の輝く季節を迎えます。

丹後の花々と緑、春の味覚を堪能する旅へ、どうぞお出かけ下さいませ。

 

特選懐石ご宿泊プラン≫

舞鶴自然文化園 ツバキまつり 1500種3万本

舞鶴自然文化園では、4月14日(日)まで、ツバキまつりが開催中です。

 

宮津天橋立から、車で約1時間。

 

 

5haの広い園内に植えられた、さまざまな椿。

 

「岩根絞」

 

 

「鈴姫」

 

 

学習棟では、パネル展示による、ツバキの花形や咲き方、花色の名称の説明など。

 

展示棟では、鉢植えの椿を、間近で。

「普門院」

 

 

カメリアハウスの、ツバキ原種園にて、

「ホウザンツバキ」

 

 

「ウスバヒメツバキ」

 

 

訪れた日は、椿山荘にて、茶道裏千家淡交会両丹支部舞鶴の方々が、

お茶席を持って下さっていました。

 

4月6日、7日には、ツバキの花びら染め、

4月6日、7日、13日、14日には、ツバキの植え替え実演あります。

 

 

舞鶴自然文化園≫
京都府舞鶴市多祢寺24-12
TEL:0773-68-0221
9時~17時(最終入園16:30)
入園料:大人300円 小人150円