「2018年02月」の記事一覧

あまから手帖2月号 「京都クラシック」 に掲載して頂きました

あまから手帖2018年2月号、「京都クラシック」に、掲載して頂きました。

 

 

フードライター、団田芳子さんの連載、「関西だけのこの宿とまれ」にて、

さらっとしつつあったかい文章で、紹介して下さっています。

 

ありがとうございます!

 

 

数寄屋造りの趣を、プロの技で伝えて下さる、写真とともに。

 

 

寒平目の薄造り、松葉がにの炭火焼き、ぶりしゃぶなど。

 

 

新調理長と新2番手も、大きく取り上げて下さっていて、励みになります。

 

 

宮津の、まちなか散策も。

 

 

丹後の宮津、数寄屋造りの宿で、ゆったりと旬の味覚を堪能する。

 

そんな旅へ、どうぞお出かけ下さいませ。

もうじき節分 福豆 今月の炊合せ

もうじき節分。玄関に、鬼がでました。

 

当館の玄関先にも、裏門のそばにも、柊が植わってるのになぁ。

 

 

この時期、ご宿泊のお客様に、福豆をお配りしています。

 

長年、西国観音巡拝でご利用頂いている、銚子の満願寺様が、毎年送って下さり、ありがたいことです。

 

 

今月、懐石料理の先八寸には、柊の葉といわし辛煮、梅人参ほか、

 

炊合せには、升大根ふろふき、大豆煎り煮、菜の花などを、お出ししています。

(炊合せは、旬の味覚懐石、丹後食べ尽くしのみ)

 

 

皆様のところへ、春風にのって、たくさんの福がやってきますように。

 

■丹後食尽くし■丹後松葉がに&寒ぶり&甘鯛&但馬牛≫