「2016年08月」の記事一覧

8月16日 宮津燈籠流し花火大会が 開催されました

8月16日、宮津燈籠流し花火大会が行なわれました。

 

今から400年ほど前、宮津城下の人々がお盆の精霊送りとして、海へ燈籠を流したことに始まり、

大正13年からは花火も打ち上げられ、今日まで続いています。

 

tourounagashi1s H28.8.16

 

tourounagashi2s H28.8.16

 

tourounagashi3s H28.8.16

 

宮津湾には、初盆を迎えた家から流される精霊船や、約1万個の紅白の燈籠。

 

燈籠と花火の競演。

 

tourounagashi6s H28.8.16

 

tourounagashi7s H28.8.16

 

tourounagashi9s H28.8.16

 

花火会場のすぐ前にある茶六別館。

 

目の前で上がり、ドンと身体に響く花火を、2階海側客室にお泊りのお客様は、灯りを消してお部屋から、

1階の蓬莱にご宿泊のお客様も、お部屋の広縁から、ご覧になっていました。

 

tourounagashi11s H28.8.16

 

tourounagashi12s H28.8.16

 

今年は、花火大会の前に雨が降っていたので、花火後の盆踊りはなかったです。

 

来年は、皆様も、紅白の燈籠と花火の競演を楽しみに、お出かけにになりませんか。

8月16日 宮津燈籠流し花火大会 間近で花火を堪能☆彡

8月16日に、日本三大燈籠流しの一つ、宮津燈籠流し花火大会 が行なわれます。

 

tourounagashi H27.8.16

 

宮津湾に、精霊船や約1万個の紅白燈籠が流され、午後7時30分より、約3,000発の花火が打ち上げられます。

夜が深まりゆく中、海上の燈籠と夜空を彩る花火のコントラストは絶妙です。

 

tourounagashi1ss-H27_8_16

 

花火大会会場から一番近い当館。
玄関を出られて徒歩1分の島崎公園沖より、パッと開くと同時に身体に響く花火を、どうぞお楽しみ下さいませ。

 

花火の後は、みんなで輪になって、♪丹後の宮津でピンとだした♫の宮津節、宮津小唄などの盆踊り。

 

tourounagashi11s H27.8.16

 

浴衣姿で踊りの輪の中へ、お入りになられませんか。

 

お料理は、丹後産岩がきや京野菜・万願寺甘とうなど、丹後の旬の食材を使った京風会席料理を、ご用意いたします。

 

当日、ご宿泊のお客様は、午後2時~午後4時の間に、チェックインをお願いいたします。

交通規制がかかる前も、道路は混んできますので、どうぞお気をつけてお越し下さいませ。

 

灯籠流し駐車場 H28.8.16

 

夏の宮津で、岩牡蠣などの旬の味覚&限定イベントをどうぞお楽しみ下さいませ。