「2016年03月」の記事一覧

舞鶴自然文化園 ツバキまつり 1500種3万本

舞鶴自然文化園では、3月19日(土)から4月10日(日)まで、ツバキまつりが開催中です。

 

宮津天橋立から、車で約1時間。

 

舞鶴つばきチラシ

 

北ツバキ園にて、「春の曙」

 

春の曙1ss H28.3.23

 

春の曙3s H28.3.23

 

「紺侘助」

 

紺侘助ss H28.3.23

 

展示棟では、日本古来のツバキから、中国・アメリカなどの世界のツバキを展示。

3月31日までは、ツバキ苗木の販売も。

 

カメリアハウスでは、貴重な原種や洋種のツバキなどを見ることができます。

 

カメリア1ss H28.3.23

 

3月27日(日)は、イベントデー。

 

椿油を使った化粧水作りや、ツバキ苗木、ツバキのキーホルダーなどの来園者プレゼントも。

先着で人数制限があるので、どうぞお早いめに。

 

舞鶴チラシ裏

 

春の一日、さまざまな椿を愛でに、おでかけになりませんか。

 

舞鶴自然文化園≫
京都府舞鶴市多祢寺24-12
TEL:0773-68-0221
9時~17時(最終入園16:30)
入園料:大人300円 小人150円

啓蟄 沈丁花の香りでお出迎え

啓蟄の今日は、四月のようなあたたかさだった宮津。

 

玄関先では、沈丁花が、その甘い香りで、お客様をお迎えしています。

 

jinchouge2ss H28.3.5

 

青石の露天風呂のある大浴場では、白花沈丁花。

 

shirobanajinchouge1 tatess H28.3.5

 

沈丁花は、蓬莱の庭にも咲いています。

 

この冬は雪がほとんど降らず、暖冬だったためか、春の花の咲くのがはやいです。

3月3日 庭にイソヒヨドリ おひなさま 

3月3日は、あたたかい日となった宮津。

 

客室「井筒」の欄干に、イソヒヨドリがとまっていました。

 

isohiyodori2ss H28.3.3

 

イソヒヨドリは、よく庭に来て、きれいな声でさえずります。

 

館内には、おひなさまの額。

 

ohinagaku1s H28.3.3

 

客室の床の間には、おひなさまのお軸。

 

ohinajiku1s H28.3.3

 

さて、このお部屋はどこでしょう?

 

ohinajiku5s H28.3.3

 

答えは、、、「海人」です。