「2015年05月」の記事一覧

夜のサツキ 食事処・四季膳花のにて

このところ、いいお天気が続いている宮津です。

青空の下のサツキもいいですが、本日は、夜のサツキをご紹介。

 

お客様がご夕食をおえられ、お部屋へ帰られたあとの、食事処・四季膳花の。

手前の黄緑の若葉は槇。

 

h-satsuki1ss H27.5.27

 

当館では、客室「蓬莱」に、ご宿泊のお客様のご夕食は、お部屋でお出ししています。

蓬莱以外のお部屋にお泊りの場合、ご宿泊プランによって、食事処とお部屋の場合がございます。

 

ご朝食は、皆様、食事処でお出ししています。

食事処には、テーブル席と小上り席がございます。

 

h-satsuki7s H27.5.27

 

朝、昼、晩、と、表情を変える庭、花。

 

さつきの次は、南天やクチナシ、ネズミモチ、ヤブコウジなどの白い花。

(生垣で、トベラの花は咲いていますが)

 

庭で、南天の花が咲くころ、市内の水がきれいなところで、ホタルが飛びはじめます。

京のブランド産品 丹後とり貝 はじまっています

京のブランド産品・丹後とり貝の入荷が、4月20日からはじまっています。

 

これまでで一番遅かった昨年と比べると、ひと月半も早いので、「もう、出てるの!」、

「いい時に来ました。」と、お食事やご宿泊のお客様から、嬉しいお声を頂いています。

 

marugai4ss H27.5.8

 

肉厚で大きく甘味が強い、京のブランド産品・丹後とり貝。

 

丹後とり貝は、京都府海洋センター独自の技術で、舞鶴湾や宮津湾などの

海に浮かべた筏で、稚貝からじっくりと育てられます。

 

天然とり貝と同じ、天然植物プランクトンが餌なので、 品質や味も天然物と遜色なく、

築地などへも出荷される、近年人気の高いブランド食材です。

 

tangotorigai1s1 H27.4.27

 

食事処・四季膳花のでは、【丹後とり貝・岩がき御膳】など、日帰りのお食事コースを、

旅館では、造りで、焼いて、鍋で、、、等、丹後とり貝のさまざまな美味しさを、

お部屋で堪能していただく、【京ブランド・丹後とり貝懐石】を、ご用意しています。

 

丹後ならではの、初夏~夏限定の味覚を、日帰りで、お泊りで、

どうぞお楽しみ下さいませ。

 

【京ブランド・丹後とり貝懐石】ご宿泊プラン≫

SAVVY別冊 「行ける。関西の絶景」」に 掲載して頂きました

SAVVY別冊、「行ける。関西の絶景」に、当館を掲載して頂きました。

 

kansai zekkei1brs

 

「絶景旅で立ち寄りたい、すてき宿、あります」の、コーナーにて。

 

kansai zekkei5brss

 

丹後からは、天橋立、琴引浜や久美浜湾(すすきの写真がキレイ)など。

丹後のお隣、但馬からは、竹田城跡や玄武洞、天滝など。

 

丹後、但馬の絶景を堪能され、のんびりと宮津温泉にひたり、

数寄屋造りの宿でゆったりと、丹後の食を満喫する。

 

そんな旅へ、どうぞお出掛け下さいませ。

 

お玄関で、庭で、サツキの花が、皆様をお迎えいたします。

ぷっくりとした天橋立産あさりや、宮津産のもずくも、ございますよ。

青石の露天風呂 奥庭 つつじ モミジのプロペラ

つつじは、生垣や大浴場の庭、蓬莱の庭、奥庭でも咲いています。

 

青石の露天風呂のある大浴場の、オオムラサキツツジ。

 

komachi-tsutsuji1s H27.5.6

 

奥庭の、レンゲツツジと白いつつじ。

 

rengetsutsujis H27.5.6

 

 

shio-tsutsuji2s H27.5.6

 

奥庭では、モミジが、ピンク色のプロペラ(翼果)をたくさんつけています。

 

okuniwa momiji1s H27.5.6

 

もみじは、うつむきかげんで柔らかい、葉っぱの出はじめの時もかわいいですが、

種もかわいいです。

 

okuniwa momiji3s H27.5.6

 

お玄関では、サツキの花が、今朝ひとつほころびました。

いつもより、花のサイクルが少し早い気がします。

宮津天橋立のランチは つつじ咲く食事処でいかがですか

食事処・四季膳花のの庭では、大紫躑躅などのツツジが花を咲かせています。

(ひっそりとミヤコワスレやオダマキも)

 

hanano-tsutsuji3s H27.5.6

 

四季膳花のでは、ご宿泊のお客様だけではなく、日帰りのお食事のお客様もお迎えしています。

 

庭を眺めるテーブル席へご案内すると、「お庭がきれいねぇ」とのお声を頂くことも。

 

大女将の父である茶谷六治が、茶六本館を弟に任せ、この地に茶六別館を建てました昭和六年当時には、

生垣のすぐそばまで海がきていて、庭にある大ぶりの天然石は、船で 運んだと聞いております。

 

hanano-tsutsuji5s H27.5.6

 

天橋立へお出かけの際は、つつじの花や新緑、燈籠など庭の景色を眺めながら、

ランチを楽しむひとときはいかがでしょうか。

 

造りセットや寿司セットなどの昼膳に、旬の丹後とり貝や岩がきもございますよ。

 

食事処・四季膳花の(茶六別館内)≫

○イス・テーブル席 28席  小上り席14席

○昼席:11:30~14:00(ラストオーダー13:30、6,480円以上のお料理の場合は12:30)

○夕席:17:30~21:00(ラストオーダー19:30) ※夕席は予約制

○京都府宮津市島崎2039-4  ○電話:0772-22-0206

○定休日:火曜日(お正月、お盆、祝日は営業)

5月2~6日 宮津⇔天橋立⇔一の宮 観光船増便 GWパーク&クルーズ

5月2日から6日までの5日間、宮津⇔天橋立⇔一の宮の観光船(汽船)が、増便されます。

 

宮津桟橋⇔天橋立は、ほぼ30分に1便、汽船が運行。

時刻表はこちら soon.gif 5月2~6日臨時時刻表≫

 

宮津桟橋へは、当館から徒歩3分。 宮津桟橋から天橋立までは、汽船で10分。

 

kamome6 2s H26.6.25

 

右手には、宮津湾に浮かぶニッケル鉱石船や、栗田半島。

天橋立を、海から眺めるひととき。

 

天橋立の廻旋橋は、汽船が通る時、90度回転します。

 

天橋立から一の宮までは、汽船で12分。

 

daitenkyous H25.6.4

 

船内で販売されている、かっぱえびせんを投げると、ウミネコが、上手にキャッチすることも。

 

amanohashidates  H25.6.4

 

さわやかな風に吹かれ、お船に乗って出掛けられませんか。

 

ゴールデンウィークのパーク&クルーズについて、詳しくはこちらをご覧下さい。

GWパーク&クルーズ≫