「2014年06月」の記事一覧

舞鶴自然文化園 アジサイ園 60品種5万本

舞鶴自然文化園では、6月18日(水)から7月9日(水)まで、アジサイ展が開催中です。

 

宮津天橋立からは、車で約1時間。

 

maizuru ajisais H26

 

アジサイ園では、60品種5万本のアジサイを、見ることができます。

 

展示棟では、日本種や洋種などの紫陽花を、鉢植えや写真、パネルで紹介。

あじさいの展示即売も。

 

maizuru ajisai

 

7月5日(土)はイベントデー。
アジサイのさし木苗プレゼントや、さし木体験コーナー、お茶席、テント市など

(人数制限があるものや、有料のものもあります)。

 

maizuru ajisai uras br H26

 

アジサイ展期間中の土日には、東舞鶴駅と引揚記念館、舞鶴自然文化園を結ぶバス、

「アジサイ号」が運行します。

 

梅雨時の花、紫陽花観賞はいかがでしょうか。

 

舞鶴自然文化園≫
京都府舞鶴市多祢寺24-12
TEL:0773-68-0221

9時~17時(最終入園16:30)
入園料:大人300円 小人150円

ホタル観賞バス 運行中です

梅雨入りしたものの、これまでは雨の少ない宮津です。

 

奥庭や生垣では、コクチナシやクチナシが咲いて、濃く甘い香りを漂わせています。

蕾もたくさんあるので、7月に入っても咲いてくれそうです。

 

kokuchinashis H26.6.25

 

さて、ご希望のお客様を、ご夕食後、市内のホタル観賞スポットへご案内しています。

(バスの関係で、先着9名様までとさせて頂きます。)

 

今は、平家蛍がでています。
午後8時15分出発、9時前頃帰着予定、7月上旬頃まで行う予定です。

 

「蛍が見られるなんて、思わなかった。」、「きれいでした。」と、おっしゃって頂きますが、

自然のことゆえ、日によって、ホタルの数に多い少ないがあります。

 

また、雨や風の強い時など、ご案内できない日もございます。

どうかご了承下さいませ。

 

なつかしい水無月の風物詩、蛍を愛でにいらっしゃいませんか。

丹後とり貝や岩牡蠣もおいしいですよー。

梅干し作りの季節  赤米粥

昨日、今日と、梅雨の晴れ間が広がった宮津。

 

梅干し作りの季節です。使うのは、紀州南高梅。

 

umes H26.6.15

 

出来上がった梅干しは、ご朝食時に、赤米粥の中に入れて、お出しいたします。

 

地元の契約農家、香山幸生さんから仕入れる、丹後産コシヒカリと丹後産赤米のお粥。
香山さんは、丹後一宮元伊勢籠神社の田造長を、長年務めておられます。

 

赤米お粥yoko

 

おいしく漬かりますように。

丹後とり貝 6月5日より出荷開始

京のブランド産品、丹後とり貝について、たくさんのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

 

ootorigai tsukuri

 

本日、丹後水産物ブランド推進協議会丹後とり貝部会による、身入り再検査が行われ、

6月5日に、丹後とり貝の出荷が開始されると、宮津市より連絡がありました。

 

丹後とり貝を楽しみにして下さっている皆様には、大変お待たせいたしましたが、

6月5日より、丹後とり貝を使ったお料理を、お出しいたします。

 

肉厚で大きく甘味が強い、京のブランド産品・丹後とり貝。
丹後の海で、稚貝からじっくり育てられた丹後とり貝は、天然とり貝と同じ、天然植物プランクトンが餌なので、
品質や味も天然物と遜色なく、築地などへも出荷される、近年人気の高いブランド食材です。

 

花の とり貝会席-1s

 

食事処・四季膳花のでは、丹後とり貝料理を、日帰りのお食事で、

旅館では、造りで、焼いて、鍋で、、、等、丹後とり貝のさまざまな美味しさを、

【京ブランド・丹後とり貝懐石】にて、舌鼓を打つ。

 

丹後ならではの、初夏~夏限定の味覚を堪能するひとときを、

日帰りで、お泊りで、どうぞお過ごし下さいますように。

 

【京ブランド・丹後とり貝とり貝懐石】ご宿泊プラン≫