「2013年09月」の記事一覧

丹後の地酒はいかがですか

9月29日、市内で、第4回丹後地酒まつりが開催されました。

丹後にある12の酒蔵(焼酎の1蔵含む)と、飲食店とのコラボ。

 

DSCN8548s

 

いろいろと頂いた中で、「オススメのお酒を。」とお願いすると、3つの酒蔵で、古酒を注いで下さいました。

それぞれ異なるうまみ。クセの強い濃い味のお料理と、よく合いました。

 

DSCN8557s

 

お燗番娘コンテストも行われ、好評につき、時間延長。

左手は2位になられた方。

 

DSCN8550ss

 

優勝された方への景品は、なんと丹後12蔵から6本のお酒、計72本。

「皆さんと一緒に~。」と、言われていました。

 

DSCN8582s

 

12蔵、とまではいきませんが、宮津市のハクレイ酒造さん、伊根町の向井酒造さん、

京丹後市の竹野酒造さん、のお酒を、当館ではお飲みいただけます。

 

皆様オリジナルの、料理とお酒のコラボを、どうぞみつけて下さいませnotes.gif

天橋立ツーデーウォーク

天橋立ツーデーウォークは、9月28、29日開催。

 

スタート・ゴールの島崎公園は、当館より徒歩1分。

 

参加者の方達を、「お帰りなさーい。」と、笑顔のタッチで、大会運営の方達が迎えておられました。

 

DSCN8528s

 

当日受付もあります。

 

詳しくは、こちらをご覧下さいませ。

宮津市HP 第22回天橋立ツーデーウォーク≫

銀木犀 金木犀

9月23日、青石の露天風呂のある庭で、ギンモクセイの花がほころび、

大浴場は、やさしい甘い香りに包まれました。

 

ginmokusei1s H25.9.23

 

「ええ香りやねー。」、「甘い香り、なんていう花でしたか?」と、

お風呂上がりのお客様。

 

夜には、キンモクセイの香りが優勢となり、24日に一斉開花。

玄関を上がられて、すぐ右手の廊下にまで、濃く甘い香りが漂っていました。

 

akanoroukayori yoru H23.7.11

 

蓬莱の庭の金木犀(小さい方)が咲いたので、蓬莱と井筒の部屋は、

窓を開けると、花の香りが満ちてきます。

 

kinmokusei2s H25.9.24

 

金木犀に圧倒されたかのような銀木犀も、満開となり、まわりに香りを放っています。

 

ginmokusei5s H25.9.24

 

蓬莱の庭にある、一番大きな金木犀は、まだあまり花を咲かせていないので、

10月はじめ頃に、再び、「あ、咲いてるー。」と、なるかもしれません。

わかりませんが。そういう年もあります。

 

皆様も、秋の香り風呂にひたり、ほっこりとなさいませんか。

宮津市公設市場 坂根鮮魚店

9月1日から、底引き網漁が解禁になり、宮津港には、カレイ類やハタハタなどが水揚げされています。

当館から徒歩5分のところにある、宮津市公設市場。

 

kousetsuichiba2s H25.9.14

 

京都府漁業協同組合宮津地方卸売市場で、競り落とされた魚介類を扱う、

魚屋さん8軒、他にかしわ(鶏肉)屋さん1軒、パン屋さん1軒が入っています。

 

sakane5s H25.9.13

 

9月13日正午頃、市場内、坂根鮮魚店さんの様子。

この日は、生魚と干物が6:4くらいの割合で、種類も多かったです。

 

sakane1s H25.9.13

 

活きたイネズ(キジハタ)、イシダイ、青バサミ(ワタリガニ)、サザエ、

生は、甘鯛、レンコ鯛、太刀魚、アジ(干物も)、カンパチ、秋イカ(アオリイカ)など。

 

干物は、エテガレイ、ハタハタ(生も)、ヘダイ、イワシのみりん干など、

その他、宮津産もずくや、スズキの味噌漬け、サバのへしこなども。

 

日によって、魚の種類や量も違いますが、だいだい11時過ぎには揃っていることが多いそう。

カレイは、漁師さん次第なので、マガレイ、笹カレイ、ミミグロガレイの時も。

 

お目当ての魚が揚がっていない時には、揚がり次第で、注文(発送も)を受けて下さいます。

 

宮津のまちなか散策をされる際、立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。

 

宮津市公設市場(坂根鮮魚店)

京都府宮津市新浜1988

TEL:0772ー22ー2927
8時~18時

定休日: 毎月7のつく日(7・17・27日)、1月1日~3日

※宮津市公設市場は、建物の老朽化のため、2017年3月に閉鎖。

坂根鮮魚店さんは、宮津市新浜1931にて、移転開業されています。

初秋の庭

夜だけではなく、日中から秋の虫たちが鳴いているこのごろ、

食事処・花のの庭では、タマスダレが咲いています。

 

tamasudare3s H25.9.11

 

tamasudare4s H25.9.11

 

あちらこちらの庭では、ヤブランの薄紫の花。

 

yaburan1s H25.8.29

 

斑入りのものは、いつも少し遅れて。

 

huiri yaburanss H25.9.5

 

青石の露天風呂の近くでは、ミヤギノハギ。

これから、次々と、花を咲かせていきます。

 

miyaginohagi2s H25.9.12

 

奥庭の、お茶の花は、まだ固いつぼみ。

 

chanoki2s H25.9.5

 

9月下旬から10月初めころには、金木犀の花が咲きます。

館内の廊下にも花の香りが満ち、大浴場は、キンモクセイの香り風呂となります。

 

数寄屋造りの日本の宿で、虫の音に耳をすまし、丹後の旬の味覚を味わう。

そんなゆったりとした秋の休日を、どうぞお過ごし下さいますように。

タマノカンザシ さやかな香り

毎年、8月のおわりから9月はじめにかけて、庭の片隅で、タマノカンザシが咲いています。

 

朝の花

 

tamanokanzashi1

 

夜の花

 

tamanokanzashi5

 

夜に花開き、朝にはしぼみはじめ、昼にはすっかりしぼんでしまいます。

 

玉の簪、さやかな香りmoon1.gif