「2013年08月」の記事一覧

宮津燈籠流し花火大会

8月16日、宮津燈籠流し花火大会が行なわれましたshine.gif

 

今から400年ほど前、宮津城下の人々がお盆の精霊送りとして、海へ燈籠を流したことに始まり、

大正13年からは花火も打ち上げられ、今日まで続いています。宮津市最大のイベント。

 

tourounagashi2ss H25.8.16

 

宮津湾には、初盆を迎えた家から流される精霊船や、約1万個の紅白の燈籠。

 

燈籠と花火の競演。

 

tourounagashi3s H25.8.16

 

tourounagashi4s H25.8.16

 

tourounagashi5s H25.8.16

 

すぐ目の前で上がる花火を、海側客室にお泊りのお客様は、部屋の灯りを消して、ご覧になっていました。

 

tourounagashi9s H25.8.16

 

tourounagashi12s H25.8.16

 

tourounagashi13s H25.8.16

 

コンパクトデジカメの写真では、なかなか迫力をお伝えきれませんが。

 

tourounagashi15s H25.8.16

 

tourounagashi19s H25.8.16

 

tourounagashi20s H25.8.16

 

花火のあとは、いつも宮津節、松坂、あいやえの盆踊り。

 

tourounagashi21s H25.8.16

 

燈籠の色、花火の色、音、夜の風、三味線や太鼓の音、唄い、

来年は、皆様も五感で楽しみに、いらっしゃいませんかsun.gif

8月23日 地蔵盆

宮津には、地蔵盆の風習があります。

 

各町内ではお地蔵さんを、毎年8月23日までにキレイにお化粧をして、

当日もお地蔵さんにお供えをし、周りを飾り付けた中、子ども達はおやつを食べたり遊んだり、

大人達は、夜には鉦を鳴らして御詠歌を歌います。

 

写真は、新浜にある「浜のお地蔵さん」

 

 

hamano ojizousan

 

♪二度と行こまい丹後の宮津、縞の財布が空となる、丹後の宮津でピンと出した♪の宮津節。

 

北前船の寄港地として賑わった宮津で、花街があったのが新浜。

このお地蔵さんは、子どもの水難防止と花街の女性の守り地蔵です。

 

宮津のまちなかにはおよそ200体、文珠地区(天橋立)や上宮津地区をあわせると、

236体ものお地蔵さんがあります。

 

京街道より西(特に寺町かいわい)では、あっここにも、ここにも、と

いくつものお地蔵さんに出合うことができます。

京都住みます芸人 月亭太遊

吉本興業の京都住みます芸人、月亭太遊(つきていたいゆう)さんが、7月19日から8月18日まで、宮津市に住み、

宮津市民や観光で宮津を訪れた方達と、いろいろな交流をされています。

 

8月1日、2日は、宮津観光ピント会主催による、小学生対象の落語体験教室が、

四軒町ぴんと館で行われました。

 

pintokans

 

「まねぶ、という言葉から、まなぶ、と、まねる、という言葉がでてきたから、みんな僕の言うことまねして言ってね。」

「扇子を自分の前に置いて、お客様と自分との間に結界を作る。はい、お辞儀して。」

 

まず、落語「十徳」を、通して演じられ、そのあと、少しずつ子ども達に教えていかれました。

 

rakugo1s

 

子ども達もいろいろと太遊さんに話しかけて、楽しそうに演じていましたhappy01.gif

「とっても楽しかった。」、「落語には興味なかったけど、面白かった。」等の感想。

夏休みのいい思い出になったかなーnote.gif

 

rakugo2s

 

月亭太遊さんは、下記のイベントにも参加されます。

 

8月3日(土) 宮津本町 夏まつり 19時~

8月4日(日) 宮津湾にぎわいフェスタ 9時~(11:30より参加) 田井みやづヨットハーバーにて

8月15日(木) 宮津市民総おどり大会 19:30~ 本町通り

8月16日(金) 宮津燈籠流し花火大会

 

8月18日(日)19:30より、四軒町ぴんと館(宮津市新浜1968)にて、新作落語1つともう1つ、演じられます。

また、天橋立ビューランドに、日にち限定で、ビューランドコンシェルジュとして、おられるとのこと。

 

京都住みます芸人 月亭太遊さんのご紹介でした。