「2010年09月」の記事一覧

 与謝蕪村の屏風公開

京都府立丹後郷土資料館(宮津市国分)において、与謝蕪村の屏風「田楽茶屋図」(六曲屏風一隻)が特別公開されます。
期間:2010年9月18日~10月24日。休館日 月曜日。但し、9月20日と10月11日は開館し、翌日休館。
俳人であり、俳画、文人画の画家としても名高い与謝蕪村は、江戸時代・宝暦4年(1754年)、蕪村39才の時、
宮津の見性寺に寄遇し、3年余りを過ごしました。宮津時代の蕪村は、主として画業にいそしんだと言われています。
今回公開される「田楽茶屋図」も宮津時代の作品です。
それまでの、狩野派的な表現から脱皮し、のちの俳画を生み出す転機となつた作品として重視されています。
この機会に、是非ご鑑賞下さいませ。
尚、同時に隣町、与謝野町岩滝から出土した重文の「ガラス釧・銅釧」も公開されます。
また、開館40周年記念秋季特別展として、10月2日~11月23日の期間、
「大丹波展ー豪族たちの栄華」も、開催されます。

buson H22.9.14

 あまから手帖9月号に、掲載していただきました

あまから手帖2010年9月号の「ところの小宿」に、掲載して頂きました[:太陽:]
詳しくはこちらhttp://www.charoku.com/press/2010/2010_9.html

IMG_3026s H22.9.12

 

熱意みなぎる真摯な文章と、重厚感たっぷりの趣ある写真でご紹介いただき、大変ありがたく、面映ゆい思いもしています[:ぽっ:]

IMG_3013s H22.9.12

 

お料理写真は、高級魚の甘鯛(ぐじ)をメインに、秋の旬彩会席・美味堪能プランのお献立[:おにぎり:]
http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/charoku/category/3480

IMG_3023s H22.9.12

 

都会の喧騒をはなれ、虫の音が響く宮津へ、秋のおいしいものを召し上がりにいらっしゃいませんか[:電車:] [:車:]

 日本舞踊と宮津の唄と踊り「ゆかた会」が開催されました

日中は9月とは思えない日射し、、、けれど吹く風に秋を感じられ、日が落ちると虫の音が響く宮津です[:月:]

本日、当館より徒歩2分の宮津会館で、若那会(花柳流)と宮津おどり振興会による、ゆかた会が開催されました[:太陽:]
日本舞踊の部では、長唄鶴亀を舞う当館スタッフの雄姿あり[:ダッシュ:]

P1010061ss H22.9.5

 

長唄越後獅子を軽やかに舞う、高校三年生の姿あり[:花:]

P1010063ss H22.9.5

P1010074s H22.9.5

宮津の唄と踊りでは、ちりめん小唄、丹後小唄などの踊りの後、丹後の宮津でピンとだした[:音符:]の宮津節、松坂、あいやえからなる宮津おどりでフィニッシュ[:にぱっ:]

毎年、振興会さんは、文殊堂出船祭や宮津燈籠流し花火大会など、宮津のイベントで踊っておられ、10月17日の丹後きものまつりin天橋立でも踊られます。振興会さんの出られる時、宮津おどりはほぼ100%ご覧になることができます[:パー:]

でも、ちりめん小唄はめったに見られない。好きなんやけどなぁ、振りもかわいいし三味線もいいし[:ねこ:] 子どものころ、大広間の舞台で芸妓さんが踊られるのを、横っちょの窓からよく見ていたので、一緒に口ずさんでしまう[:メモ:]

P1010094s H22.9.5

ゆかた会は、年1回、夏頃に行われます。入場無料です[:四葉:]
宮津の唄と踊りはたくさんあるので、来年は、宮津小唄(これもいいんです)など、今年はされなかった踊りをされることでしょう。3時間と長丁場、途中で抜けてまた帰ってきたりする人もいるなど、出入り自由な、観客も地元民ばかりの会ですが、What’s newのイベント情報でまたご案内しますので、皆さまどうぞお出掛け下さいませ[:うさぎ:]

宮津おどり振興会
http://www.city.miyazu.kyoto.jp/~info/m/group/2009.6/odori.htm