「観光案内」の記事一覧

宮津天橋立エール花火 10月30日まで 毎週土曜・日曜に 開催

10月に入り、宮津天橋立エール花火が再開され、

昨日は、市内漁師町にある、宮津ととマート付近から、打ち上げられました。

 

20:30から、75発、5分程度。

 

 

9月分が、すべて10月に延期となったため、今月30日まで、毎週土曜・日曜に、

宮津、文珠大天橋砂浜、 府中船越砂浜の、いずれかで開催されます。

 

なお、10月30日には、 宮津(20:30~) → 文珠(20:37~) → 府中(20:45~)と、

3箇所で、順番に打ち上げられます。

 

次回からの開催予定は、

宮津、10月17日、10月30日

文珠、10月10日、10月23日、10月30日(20:37~)

府中、10月16日、10月24日。10月30日(20:45~)

 

いずれも、当館の2階海側客室から、ご覧いただけます。

府中は、ちょっと遠いので、少し音が遅れて聞こえます。

 

昨日、ご宿泊のお客様の中に、本日は文珠にお泊りの方がおられ、

「今日も明日も見られる。」と、嬉しそうにおっしゃっていました。

 

なお、当日、荒天により、花火が中止の場合は、

天橋立観光協会の、ホームページとフェイスブックに、告知されます。

 

こちらから、ご確認下さい。

天橋立観光協会フェイスブック≫

 

8月16日 宮津天橋立エール花火 次回は9月19日 ※9月分は延期

8月16日、宮津天橋立エール花火が、市内漁師町にある、宮津ととマート付近から、

打ち上げられました。

 

20:30から、75発、5分程度。

 

 

今から400年ほど前、宮津城下の人々が、お盆の精霊送りとして、海へ燈籠を流したことに始まり、

大正13年に鉄道が開通したことを記念して、花火を打ち上げたことから、開催されてきた、

8月16日の、宮津燈籠流し花火大会は、二年続けて、中止。

 

昨年、今年と、夏から秋にかけて、日にち限定で、宮津天橋立エール花火が、

宮津、文珠大天橋砂浜、 府中船越砂浜の、いずれかで、打ち上げられています。

 

次回からの開催予定は、

宮津、9月19日、10月17日、

文珠、9月26日、10月10日、

府中、9月24日、10月3日、10月24日。

※緊急事態宣言が延長されましたため、9月分の花火は延期となりました

 

いずれも、当館の2階海側客室から、ご覧いただけます。

府中は、ちょっと遠いので、少し音が遅れて聞こえます。

 

短い時間ですが、思いがけないので、これまで、「見れました。」、「今年、花火初めて見ました。」と、

嬉しそうにおっしゃって頂くことも。

 

なお、当日、荒天により、花火が中止の場合は、

天橋立観光協会の、ホームページとフェイスブックに、告知されます。

 

こちらから、ご確認下さい。

天橋立観光協会フェイスブック≫

天橋立 飛龍観 天橋立ビューランドより ブラタモリでも

今日の宮津は風が強く、玄関前の桜の花びらが、苔の中庭まで、飛んできていました。

4月1日、天橋立 飛龍観。天橋立ビューランドより。

 

 

天橋立ビューランドは、宮津市文珠エリアにあり、リフトまたはモノレールで、上がります。

リフトで6分、モノレールでは7分。

 

 

天橋立へお出かけのお客様に、時折、尋ねられることがあります。

「(傘松公園と天橋立ビューランド)どっちが、オススメですか?」と。

 

どちらも、それぞれいいので、お時間がございましたら、どうぞ、両方から、天橋立をご覧になって下さいませ。

その場合、天橋立二大展望めぐりチケットを購入されると、お得です。

 

今年1月に放送された、NHKのブラタモリ#172、「天橋立〜なぜ人々は天橋立を目指す?〜」でも、

タモリさん達は、天橋立の北側と南側、両方からの眺めを、体験されていました。

 

ただ、もしお時間があまりない場合、南側にあり、京都丹後鉄道「天橋立駅」に近いのは、こちらです。

 

 

天橋立は、日本の道百選、日本の白砂青松百選など、八つの日本百選に選ばれています。

天橋立の中を歩いたり、レンタサイクルで走られるのにも、いい季節になってきました。

毎年、7月には、天橋立海水浴場で、海開きが行われます。

 

季節によって、天橋立の見え方も、楽しみ方も、いろいろと変わってきます。

どうぞ、その時々の天橋立観光を、満喫なさって下さいませ。

 

天橋立ビューランド≫

4月 傘松公園の桜と 日本三景・天橋立

このところ、あたたかい日の続いている、宮津です。

4月1日、傘松公園の桜と、天橋立。

 

 

傘松公園は、宮津市府中エリアにあり、リフトもしくはケーブルカーで、上がります。

リフトで4分、ケーブルカーでは6分。

 

 

 

 

傘松公園より、成相山に向かって左手の上方にある、股のぞき発祥の地より、天橋立。

鳥の声が響き、石造りの股のぞき台に腰掛けたら、ほっこりと。

 

 

傘松公園から、登山バス7分で、西国二十八番札所・成相寺に着きます。

 

1689年、江戸時代の儒学者、貝原益軒が、「己巳紀行(きしきこう)」において、

「日本の三景」という言葉を、初めて用いたとされています。

 

「己巳紀行」には、「・・・そして府中から成相寺へ登ることになり、その坂の途中で、

此坂中より天橋立、切戸の文珠、橋立東西の与謝の海、阿蘇の海目下に在て、其景言語ヲ絶ス、

日本の三景の一とするも宜也、・・・」とあります。

 

古来より、人々に、日本三景・天橋立として知られてきた、斜め一文字の天橋立が見られるのが、こちら。

 

傘松公園からの下りは、リフトがおすすめです。

天橋立へと向かって、降りてこられる景色を、お楽しみ下さいませ。

 

傘松公園≫

国宝 雪舟筆「天橋立図」里帰り展示 丹後郷土資料館 特別展「天橋立と丹後国分寺」

宮津市にある、丹後郷土資料館では、12月13日まで、

開館50周年記念特別展「天橋立と丹後国分寺」が、開催中です。

 

11月23日まで、国宝・雪舟筆「天橋立図」が、展示されています。

(11月24日以降は、複製を展示)

ふだんは、京都国立博物館にありますが、雪舟生誕600年の年に、宮津へ里帰り。

 

 

国宝「天橋立図」の隣には、京都府指定文化財「成相寺参詣曼荼羅」(成相寺蔵)。

特別展には、重要文化財「丹後国分寺再興縁起」(国分寺蔵)、

丹後国天橋立之図(智恩寺蔵)など、32点が展示されています。

 

 

常設展では、丹後の古墳からの出土品や、丹後の海と人々の暮らし、

藤織など丹後の織物について等、展示されています。

 

 

11月20日~23日には、20時までの夜間開館と、史跡丹後国分寺跡等のライトアップ(17時~21時)。

 

丹後郷土資料館へは、当館から車で約20分。

お車で、元伊勢籠神社や、伊根町へ向かわれる途中にあります。

本数は少ないですが、路線バスも通っています。

 

チラシを、お部屋のご案内とロビーに、置いています。

 

丹後の歴史に触れ、天橋立図に会いに、いらっしゃいませんか。

 

◎京都府立丹後郷土資料館(ふるさとミュージアム丹後)≫
〇京都府宮津市字国分小字天王山611-1
〇TEL:0772-27-0230
〇開館時間:9時~16時30分(11月20日~23日は20時まで開館)
〇休館日:月曜日(11月23日は開館、翌24日(火)は休館)
〇入館料:大人250円 小人70円

舞鶴自然文化園 ツバキまつり 1500種3万本

舞鶴自然文化園では、4月12日(日)まで、ツバキまつりが開催中です。

宮津天橋立から、車で約1時間。

5haの、広い園内に植えられた、さまざまな椿。

「天倫寺月光」

「日月(じつげつ)」

「緋縮緬」

園内には、日本椿に加え、洋種椿も植えられています。

洋種「スプリング フェスティバル」

カメリアハウスの、ツバキ原種園にて、

原種 「フォレスティ」

受付近くの休憩所では、鉢植えの椿を間近で。

椿の絵手紙作品も、展示されています。

4月4日、5日、11日、12日には、ツバキの植え替え実演があります。

 

舞鶴自然文化園≫
京都府舞鶴市多祢寺24-12
TEL:0773-68-0221
9時~17時(最終入園16:30)
入園料:大人500円 小人250円

10月20日 第20回丹後きものまつりin天橋立

 

10月20日(日)、10時~15時30分、日本三景・天橋立とその周辺で、

第20回丹後きものまつりin天橋立が、開催されます。

 

当日、着物姿で、受付(10時~12時)をされたら、どなたでも参加できます。

参加は無料(ワークショップは有料)です。

 

スタンプラリーお楽しみ大抽選会、吉澤暁子さんによるー5㎏やせ見え着付け講座、

丹後ちりめんきものショー、丹後ちりめんきものオークション、野点などが、あります。

 

この日、天橋立は、大勢の着物姿の方達で、賑わいます。

着物をお召しでない方も、雰囲気を楽しんで頂けるのではないでしょうか。

 

秋の休日、きものに親しむひとときを、お過ごしになりませんか。

 

詳しくは、こちらをご覧下さい。

≫第20回 2019 丹後きものまつりin天橋立

 

お問い合わせ:丹後きものまつり実行委員会 事務局
TEL:0772-68-5211

8月11日~15日 宮津⇔天橋立⇔一の宮 観光船増便 天橋立パーク&クルーズ

8月11日から8月15日まで、宮津⇔天橋立⇔一の宮の観光船(汽船)が、増便されます。

 

宮津と天橋立の間は、ほぼ1時間に1便、運行。

時刻表はこちら ⇒ 天橋立観光船 臨時運行時刻表≫

 

宮津桟橋へは、当館から徒歩3分。

宮津桟橋から天橋立までは、汽船で10分。

 

kamome6 2s H26.6.25

 

右手には、宮津湾に浮かぶニッケル鉱石船や、栗田半島。

天橋立を、海から眺め、だんだんと近づいていきます。

 

amanohashidatess H26.6.25

 

天橋立の廻旋橋は、汽船が通る時、90度回転します。

 

 

天橋立桟橋で降りられると、日本三文殊の一つ、智恩寺の本堂である文殊堂へは、徒歩1分。

 

天橋立から一の宮までは、汽船で12分。

船内で販売されている、かっぱえびせんを投げると、ウミネコが、上手にキャッチすることも。

 

amanohashidates H25.6.4

 

一の宮桟橋で降りられると、元伊勢籠神社へは、徒歩2分。

 

 

籠神社へ参拝されて、リフトまたはケーブルカーで上がられた、傘松公園から、天橋立の眺め。

 

 

時刻表は、ロビーと客室に置いています。

お船に乗ってのお出かけも、気持ちいいですよ。

 

天橋立パーク&クルーズについて、詳しくはこちらをご覧下さい。

天橋立パーク&クルーズ≫

 

お問い合わせ先

天橋立観光協会

TEL:0772-22-8030

城崎温泉⇔天橋立 臨時快速列車 「城崎・天橋立ダイレクト」 運行中

城崎温泉駅と天橋立駅を、お乗換えなしで結ぶ、臨時快速列車「城崎・天橋立ダイレクト」が、

期間限定で、1日1往復、運行しています。

 

 

○列車名称

観光列車「うみやまむすび」

○運行日

・7月13日~8月4日までの土日祝日(計9日間)

・8月24日~9月29日までの土日祝日(計14日間)

○時刻

・城崎温泉駅 9:52発 ⇒ 天橋立駅 11:17着

・天橋立駅 13:42発 ⇒ 城崎温泉駅 15:22着

 

丹鉄アテンダントによる沿線観光ガイドや、天橋立ビューランド入園割引、

天橋立観光船往復+傘松公園ケーブル往復のセット割引などの、特典もあります。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

城崎・天橋立ダイレクト≫

4月28日~5月5日 宮津⇔天橋立⇔一の宮 観光船増便 天橋立パーク&クルーズ

4月28日から5月5日まで、宮津⇔天橋立⇔一の宮の観光船(汽船)が、増便されています。

 

宮津から天橋立へ、4月28日から5月2日まで、ほぼ1時間に1便、運行。

5月3日から5日は、ほぼ30分に1便、運行。

 

時刻表はこちら ⇒ 天橋立観光船 臨時運行時刻表≫

 

宮津桟橋へは、当館から徒歩3分。

宮津桟橋から天橋立までは、汽船で10分。

 

kamome6 2s H26.6.25

 

右手には、宮津湾に浮かぶニッケル鉱石船や、栗田半島。

天橋立を、海から眺め、だんだんと近づいていきます。

 

amanohashidatess H26.6.25

 

天橋立の廻旋橋は、汽船が通る時、90度回転します。

 

 

天橋立から一の宮までは、汽船で12分。

船内で販売されている、かっぱえびせんを投げると、ウミネコが、上手にキャッチすることも。

 

amanohashidates H25.6.4

 

時刻表は、ロビーと客室に置いています。

お船に乗ってのお出かけも、気持ちいいですよ。

 

天橋立パーク&クルーズについて、詳しくはこちらをご覧下さい。

天橋立パーク&クルーズ≫

 

お問い合わせ先

天橋立観光協会

TEL:0772-22-8030

宮津 ミツバツツジ咲く 獅子崎稲荷神社へ バスでご案内

宮津市にある、獅子崎稲荷神社では、ミツバツツジの花が見頃を迎えています。

 

 

石段を上がっていくと、雪舟の描いた国宝「天橋立図」の構図に一番近いとされる、

雪舟観展望所があり、天橋立をのぞむことができます。

 

 

花の色の濃いもの、薄いもの、いろいろ。

 

 

空の青、海の青に、よく映えていました。

 

 

山の中腹からは、ミツバツツジと宮津湾、その向こうに大江山。

 

宮津湾に浮かぶのは、主に外国からニッケル鉱石などを積んだ船。

この船と、阿蘇海の奥にある工場の間を、運搬船が、日に何度も往復します。

運搬船が文殊水道を通る度に、天橋立の廻船橋が開きます。

 

 

数日前から、ご宿泊のお客様を、朝にバスでご案内しています。

当館よりバスで約6分。

 

ご朝食後、バスは9時に出発、9:40帰着予定。

花の様子を見ながらですが、今週半ばくらいまででしょうか。

舞鶴自然文化園 ツバキまつり 1500種3万本

舞鶴自然文化園では、4月14日(日)まで、ツバキまつりが開催中です。

 

宮津天橋立から、車で約1時間。

 

 

5haの広い園内に植えられた、さまざまな椿。

 

「岩根絞」

 

 

「鈴姫」

 

 

学習棟では、パネル展示による、ツバキの花形や咲き方、花色の名称の説明など。

 

展示棟では、鉢植えの椿を、間近で。

「普門院」

 

 

カメリアハウスの、ツバキ原種園にて、

「ホウザンツバキ」

 

 

「ウスバヒメツバキ」

 

 

訪れた日は、椿山荘にて、茶道裏千家淡交会両丹支部舞鶴の先生方が、

透木釜を懸け、お茶席を持って下さっていました。

 

4月6日、7日には、ツバキの花びら染め、

4月6日、7日、13日、14日には、ツバキの植え替え実演あります。

 

 

舞鶴自然文化園≫
京都府舞鶴市多祢寺24-12
TEL:0773-68-0221
9時~17時(最終入園16:30)
入園料:大人300円 小人150円

傘松公園への道 股のぞき発祥の地から 天橋立の眺め

先日、旅館組合の関係で、宮津桟橋9:50発のお船に乗って、

元伊勢籠神社、真名井神社、傘松公園、智恩寺、天橋立に、行きました。

 

 

宮津市府中エリアにある、傘松公園。

通常、傘松公園へは、リフトもしくはケーブルカーで、上がります。

リフトで4分、ケーブルカーでは6分。

 

この日は、メンバー1人の、「歩いて上がる道あるんかなぁ?」に、歩いて上がることに。

 

 

紅白の萩が、キレイに咲いていた大谷寺。

 

 

大谷寺は、雪舟筆、国宝「天橋立図」に描かれており、説明板がありました。

 

 

途中、道に、いろいろな種類のどんぐりが落ちていて、拾ったり、写真に撮ったりしながら、登ること30分。

 

 

傘松公園より、成相山に向かって左手の上方に、出ました。

近畿自然歩道だったんですね。

 

 

石造りの股のぞき台があって、昔は、ここから、天橋立を眺めてたんだなぁと。

 

 

そこから、傘松公園へ降りていくと、「股のぞき発祥の地」と、看板が。

 

なお、傘松公園から、登山バス7分で、西国二十八番札所「成相寺」に着きます。

 

ところで、この日は、雨模様でしたので、以前、傘松公園から撮った、天橋立の画像を。

 

 

傘松公園からの下りは、リフトがおすすめです。

 

日本三景・天橋立へと向かって、降りてこられる景色を、お楽しみ下さいませ。

 

 

丹海(丹後海陸交通)さん、お世話になりまして、ありがとうございました。

 

丹後海陸交通≫

宮津 ホタル観賞へ バスでご案内

梅雨とはいえ、これまでのところ、雨の少ない宮津です。

 

生垣で、ヤエクチナシが、玄関先では、コクチナシが咲いて、濃く甘い香りを漂わせています。

 

 

さて、ご希望のお客様を、ご夕食後、市内の蛍観賞スポットへご案内しています。

 

午後8時10分出発、8時50分頃帰着予定、7月上旬頃まで行う予定です。

 

自然のことゆえ、日によって、ホタルの数に多い少ないがあります。

 

また、雨や風の強い時など、ご案内できない日もございます。

どうかご了承下さいませ。

5月20日まで 宮津市歴史資料館 特別公開 企画展「宮津城下町と北前船」

5月20日まで、みやづ歴史の館4階にある、宮津市歴史資料館が特別公開され、

企画展「宮津城下町と北前船」が開催されています。

 

宮津市歴史資料館へは、当館から徒歩2分。入館無料。

 

 

常設展では、約2万年前以前から変化してきた、天橋立の成り立ちの紹介や、市内の古墳からの出土品、

江戸時代の宮津の町なみの模型など、縄文時代から近世までの宮津の歴史について、展示されています。

 

天正9年(1581年)、宮津城主である細川藤孝が、明智光秀、津田宗及、里村紹巴らを招いて、

九世戸天橋立で連歌や茶の湯を楽しんだことなども。

 

企画展では、宮津市由良地区にある、金毘羅神社への奉納船絵馬や、江戸時代初期の宮津城絵図の

下絵等が、展示されています。

 

 

また、期間中、下記のイベントが開催されます。

 

○博学社連携フォーラム「博物館×学校×地域社会=?」
日時:5月9日(水)15時30
会場:みやづ歴史の館4階 資料館エントランスロビー

 

○紙芝居「北前船・荒波に向かう由良の船乗りたち
日時:5月12日(土)13時30分
会場:みやづ歴史の館3階 大会議室

 

○「北前船寄港地シンポジウム」
日時:5月18日(金) 13時30分~17時
会場:みやづ歴史の館2階 文化ホール

 

宮津市歴史資料館

京都府宮津市鶴賀2164 みやづ歴史の館4階

TEL:0772-20-3390

9時~17時(入館は16時30分まで)
入館無料

イベントのお問合せ:宮津市教育委員会文化振興課 TEL:0772-45-1642