金木犀 銀木犀の香り 宮津温泉入浴

9月22日、館内の廊下にキンモクセイの花の香りが、漂いはじめました。

 

 

蓬莱の庭、奥庭に、金木犀があるので、井筒や蓬莱、砧などの部屋の窓を開けると、

花の香りが満ちてきます。

 

 

信楽焼の露天風呂のすぐそばの、金木犀も花ひらき、宮津温泉の大浴場は、花の香り風呂に。

 

 

青石の露天風呂のある庭では、銀木犀のやさしい甘い香り。

 

 

蓬莱の庭、奥庭、花のの庭には、ヤブランの花も。

 

 

大浴場は、午後9時に、男女入替となります。

どうぞ趣の異なる二つの大浴場に、お入り下さいますように。

 

秋の味覚を味わい、虫の音に耳を傾け、花の香りに包まれて温泉入浴。

 

そんな、ゆったりとした休日を、お過ごしになりませんか。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより, 宮津温泉 パーマリンク

宮津湾に 客船 ぱしっふぃっくびぃなす 入港

秋分の候、いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は、宮津湾に、客船ぱしっふぃっくびぃなすが、浮かんでいます。

 

青空の下、天橋立や傘松公園をバックに、気持ちよさそうです。

 

 

客船が、宮津湾に入港するのは、6月の飛鳥Ⅱ以来。

 

ふだんから、時々、宮津湾に停泊しているのは、ニューカレドニアなどから、ニッケル鉱石を積んだ船。

 

この船と、阿蘇海の奥にある工場の間を、ニッケル鉱石の運搬船が、日に何度も往復します。

 

その様子は、海側客室から、ご覧になることができます。

 

また、運搬船が文殊水道を通る度に、天橋立の廻船橋が開きます。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより パーマリンク

8月16日 宮津燈籠流し花火大会が 開催されました

8月16日、宮津燈籠流し花火大会が開催されました。

 

今から400年ほど前、宮津城下の人々が、お盆の精霊送りとして、海へ燈籠を流したことに始まり、

大正13年に鉄道が開通したことを記念して、花火を打ち上げたのが、今日まで続いています。

 

宮津湾には、初盆を迎えた家から流される精霊船や、約1万個の紅白の燈籠。

 

 

燈籠と花火の競演。

 

 

 

 

今年、はじめて観にいらしたお客様が、「燈籠と花火が幻想的で、すごくよかった。」と。

 

いいタイミングで、写真を撮れなかったので、とてもお伝えしきれませんが、、、

 

 

 

 

 

花火のあとは、宮津節、松坂、あいやえの盆踊り。

 

 

花火会場のすぐ前にある、当館。

 

夏の味覚、燈籠の色、花火の色と身体に響く音、盆踊り、

来年は、皆様も五感で味わいに、いらっしゃいませんか。

カテゴリー: 茶六別館だより, イベント情報, 新着情報, 季節のたより パーマリンク

残暑お見舞い申し上げます よしず 麻のれんで涼やかに

残暑お見舞い申し上げます

 

宮津は雨降り。昨日、おとといより、涼しい日になりました。

 

七~八月は、お部屋の襖や障子戸の一部を、よし戸と入れ替えています。

 

 

廊下の暖簾は、麻のものに。

(お玄関の「ちゃ六」の暖簾は、宮津市上世屋の藤布)

 

 

お玄関や廊下の、障子戸やガラス戸の一部も、よしずにしています。

 

 

秋とはいえ、暑さの残るこのごろ、

涼やかさを感じて頂けましたら、幸いです。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより, 館内・お部屋 パーマリンク

宮津⇔天橋立⇔一の宮 観光船増便 天橋立パーク&クルーズ

4月29日から11月5日までの、GW,三連休、夏休み期間中の土日、お盆などに、

宮津⇔天橋立⇔一の宮の観光船(汽船)が、増便されています。

 

時刻表はこちら ⇒ 天橋立観光船 臨時運航時刻表

 

宮津桟橋へは、当館から徒歩3分。 宮津桟橋から天橋立までは、汽船で10分。

 

kamome6 2s H26.6.25

 

右手には、宮津湾に浮かぶニッケル鉱石船や、栗田半島。

天橋立を、海から眺め、だんだんと近づいていきます。

 

amanohashidatess H26.6.25

 

天橋立の廻旋橋は、汽船が通る時、90度回転します。

 

kisens2s H27.9.8

 

天橋立から一の宮までは、汽船で12分。

 

船内で販売されている、かっぱえびせんを投げると、ウミネコが、上手にキャッチすることも。

 

amanohashidates H25.6.4

 

時刻表は、ロビーと客室に置いています。

 

お船に乗ってのお出かけも、気持ちいいですよ。

 

天橋立パーク&クルーズについて、詳しくはこちらをご覧下さい。

天橋立パーク&クルーズ≫

 

○お問い合わせ先○

○天橋立観光船 臨時時刻表について

⇒ 丹後海陸交通㈱ 旅客船営業所 天橋立桟橋 TEL:0772-22-2164

○天橋立パーク&クルーズについて

⇒ 天橋立観光協会 TEL:0772-22-8030

カテゴリー: 観光案内, 交通案内, 新着情報 パーマリンク

女性に 選べる色浴衣 作務衣もご用意 ゆったりと

ご宿泊のお客様に、当館では、浴衣と作務衣をご用意しています。

 

男性には、白地に紺の浴衣を、お部屋に、

女性には、お好みの色浴衣を、お選び頂いております。

 

 

さらったした着心地の作務衣は、お部屋にご用意。

作務衣は、お子様用のサイズもございますので、ご希望の場合は、お申しつけ下さい。

 

大浴場、青石の露天風呂のそばでは、ツツジが咲いています。

 

 

宮津温泉につかり、ゆかたでのんびり、お部屋でおしゃべり。

そんな、ゆったりとした休日を、お過ごしになりませんか。

 

 

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 館内・お部屋, アメニティ パーマリンク

宮津 ミツバツツジ咲く 獅子崎稲荷神社へ バスでご案内

宮津市獅子崎にある、獅子崎稲荷神社では、ミツバツツジの花がほぼ満開となっています。

 

今週はじめから、ご宿泊のお客様を、朝にバスでご案内しています。

当館よりバスで約6分。

 

 

石段を上がっていくと、雪舟の描いた国宝「天橋立図」の構図に一番近いとされる、

雪舟観展望所があり、天橋立をのぞむことができます。

 

 

 

山の中腹からは、ミツバツツジと宮津湾、その向こうに大江山。

 

 

ご朝食後、バスは9時に出発、40分後に帰着予定。

花の様子を見ながらですが、来週はじめ頃まで、ご案内する予定です。

 

ミツバツツジ(正確にはコバノミツバツツジ)は、宮津市の花に制定されており、

市内の滝上山でも、たくさん咲いています(ちなみは、市の木はクロマツ)。

 

春の陽気の中、お出かけになりませんか。

 

カテゴリー: 観光案内, 花の名所, 新着情報 パーマリンク

舞鶴自然文化園 ツバキまつり 1500種3万本

舞鶴自然文化園では、4月9日(日)まで、ツバキまつりが開催中です。

 

宮津天橋立から、車で約1時間。

 

 

園内にて、「初雁」

 

 

「百路の日暮」

 

 

黒龍(関西)

 

 

学習棟では、パネル展示による、ツバキとサザンカの違いの説明や、

同じ木なのに、枝によって、色の違うツバキの咲く仕組みの説明など。

 

展示棟では、「卜伴」、「羽衣」、「春風」(香りがする)など、鉢植えの椿を、間近で。

 

カメリアハウスにて、奄美大島から沖縄まで分布する、原種「ヒメサザンカ」。

さわやかな香りがします。

 

 

休憩所では、ツバキ苗木の販売も(売り切れ次第終了)。

 

 

春の一日、さまざまな椿を愛でに、おでかけになりませんか。

 

舞鶴自然文化園≫
京都府舞鶴市多祢寺24-12
TEL:0773-68-0221
9時~17時(最終入園16:30)
入園料:大人300円 小人150円

カテゴリー: 観光案内, 花の名所, 新着情報 パーマリンク

沈丁花の香りでお出迎え 温泉入浴

朝方は寒かったですが、日中は暖かくなった、今日の宮津。

 

玄関先では、沈丁花の甘い香りが、お客様をお迎えしています。

 

 

青石の露天風呂のある、大浴場では、白花沈丁花。

赤花とは、少しちがう香りを漂わせています。

 

 

奥庭では、絞りの入った椿が、ポツリポツリと花を咲かせ、

 

 

蓬莱の庭などでは、アセビの花。

 

 

木瓜の蕾はまだ固そうなので、4月に入ってからでしょうか。

 

もう、雪吊りも、外してもらってよさそうな陽気です。

 

春ですね~。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより, 宮津温泉 パーマリンク

重要文化財・旧三上家住宅 おひなさまの展示とコンサート

重要文化財・旧三上家住宅にて、3月5日(日)午後2時から、宮津女声合唱団の指揮者で、

メゾソプラノの菊池敏子さんと、ピアノの波々伯部宏彦さんによる、ひなまつりコンサートが開催されます。

 

 

曲目は、早春賦、シューベルトの子守歌、ブラームスの子守歌ほか。

 

また、3月31日まで、宮津市民所蔵のおひなさまが展示されています。

 

 

三上家は屋号を元結屋といい、江戸時代、宮津城下有数の商家で、酒造業・廻船業・糸問屋等を営みました。

 

主屋棟は大壁造、土扉を設け耐火構造としています。

 

 

庭座敷の黒柿孔雀杢の床框、神代杉の落し掛け、新座敷の大阪土の壁など、

座敷等は非常に質の高い贅を尽くした造りとなっています。

 

当館からは、徒歩約8分です。

 

重要文化財・旧三上家住宅≫
京都府宮津市河原1850
TEL:0772-22-7529
入館料:大人¥350 小人¥250
(当館に置いている優待券をお持ちになると、各¥50引になります)
9時~17時(最終入館16:30)

年末年始休

カテゴリー: 観光案内, イベント情報, 新着情報 パーマリンク

冬の休日は コタツでほっこり

今日は、青空が広がり暖かかった宮津。

 

このところ、庭を見られて、「雪景色いいですねー。」と、おっしゃって頂くことが多かったですが、だいぶん溶けました。

 

現在、道路に雪はありません(路肩や歩道には残っています)。

 

さて、昨年の11月から、客室に炬燵が出ています。

こたつがあるのは、〈蓬莱〉

 

 

〈悠の間〉の、松風、加茂、花月、〈老松〉です。

 

 

4月はじめ頃までの予定です。

 

夕食に、かにやブリを召し上がり、宮津温泉に浸り、こたつで団らん、ウトウトも。

 

そんな、冬ならではの休日を、お過ごしになりませんか。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより, 館内・お部屋 パーマリンク

寒中お見舞い申し上げます 庭の雪景色

寒中お見舞い申し上げます

 

今日は、この冬一番の寒さ、庭にはじめて雪が積もりました。

 

広縁より奥庭。客室「蓬莱」から、こぼれる灯り。

 

okuniwa2s2 H29-1-13

 

食事処「四季膳花の」の庭

 

hanano no niwa2ss H29-1-13

 

明日も、この寒さが続くとの予報ですね。

 

宮津天橋立へ、お車でお越しの際は、冬用タイヤ着用か、タイヤチェーンをお持ち下さるよう、お願いいたします。

 

皆様、お風邪など召されませんよう、

お身体、くれぐれもおいとい下さいますように。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより パーマリンク

謹賀新年

明けましておめでとうございます

 

旧年中は、皆様には格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

 

oshougatsu3s-h29-1-2

 

宮津は、青空の広がる暖かいお正月を迎えました。

 

雪景色も風情がありますが、天橋立や、元伊勢籠神社などに初詣に行かれるにも、

やはり、穏やかなお天気の方が、よろしいようですね。

 

さて、昨年末、お正月を迎える準備をしていて、「ん? トリにあふれてる?」

 

雉や鶏は、お久しぶりですが、鶴やオシドリなどは申年にも、、、

 

oshougatsu5s-h29-1-2

 

本年が、皆様にトリまして、飛躍の年となりますよう、お祈り申し上げます。

 

この一年も、木造りのぬくもりを大切にしながら、旬の食材本来の美味しさを最大限に生かすよう、
心をこめたお料理と、よりよいおもてなしを目指して、スタッフ一同、精進してまいります。

 

変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより パーマリンク

冬季に 宮津天橋立へ お車でお越しの際は

先週の金曜日は、この冬一番の寒さでした。

宮津でも、山の上の方には雪が積もっていました(平地にはありません)。

 

皆様のお住まいの地域では、いかがでしたでしょうか。

 

昨日、今日はとてもあたたかく、晴れて、山の雪もすっかりなくなっています。

 

sazanka1s-h28-12-19

 

さて、今月8日、庭師さんが、松の雪吊りと、こも巻きに来てくれました。

 

matsu-yukitauri3s-h28-12-19

 

これまでのところ、積雪はありませんが、冬の季節、宮津のまちなかにも、雪が積もることはございます。

 

当館のある、宮津のまちなかの積雪量は、下記地図内の、「宮津市吉原」をご覧下さい。

京都府道路状況提供システム≫

 

もし、雪が積もった場合、高速道路はチェーン規制がかかります。

 

冬季に、宮津天橋立へお車でお越しの際は、お出掛け前に天気予報などをご確認の上、

雪の予報が出ている場合は、念のために冬用タイヤ着用か、タイヤチェーンをお持ち下さいませ。

 

よろしくお願いいたします。

 

天気予報、交通情報はこちら。

宮津市の天気≫

京都縦貫自動車道≫

NEXCO西日本 i Highway≫

カテゴリー: 茶六別館だより, 交通案内, 新着情報, 季節のたより パーマリンク

客室「花月」 「蓬莱」より 庭の紅葉と黄葉

京都で紅葉を愛でられ、ひと足のばして、当館にてカニ料理を召し上がる。

そういったお客様を、多くお迎えしているこのごろ、庭ではカエデが色づいています。

 

1階、悠の間「花月」より、奥庭の紅葉

 

kagetsu3s1-h28-11-21

 

下には、色づいたヤブコウジの実

 

yabukoujis-h28-11-21

 

客室「蓬莱」より、蓬莱の庭の黄葉

 

hourai4s-h28-11-21

 

蓬莱の庭や、花のの庭、生垣では、さざんかが咲いています。

薄いピンク、白色、濃いピンクと。

 

千両、南天は色づき、万両はまだのものや赤くなっているもの、

アオキはこれから。

 

寒くなるにつれて、万両などの赤い実を、鳥達がついばむ姿も、

しばしば見られるようになっていきます。

カテゴリー: 新着情報, 季節のたより, 館内・お部屋 パーマリンク