「食事処 四季膳花の」の記事一覧

カニや ブリのお料理は いよいよ この3月まで

啓蟄ですね。

この冬は、2年ぶりに雪が積もりましたが、もう雪が舞うこともなさそうな、宮津です。

 

 

さて、昨年11月6日に解禁となった、松葉ガニ漁も、いよいよ、3月20日までです。

 

 

それに伴い、かにを使ったお料理は、この3月までのご用意となります。

 

また、ブリを使ったお料理も、同様に、今月まで。

 

「あ、まだ食べてなかったー。」という方、「もう一回、食べ納めに。」という方、

宮津天橋立へ、お出かけになりませんか。

 

松葉ガニ尽くしの、ご宿泊プランはこちら

 ★カニ祭(松)★ 美味しさ厳選!蟹1杯【ALL松葉ガニ】≫

 

カニ祭(極撰)★松葉ガニ&寒鰤~極選!地物松葉蟹フルコース~≫

 

カニの宿泊プランで、事前にお申込み頂きましたら、かにすきをぶりしゃぶへ、ご変更を承ることもできます。

 

また、食事処・四季膳花のでは、松葉ガニを使った日帰りのお食事コース(要予約)を、

ご用意しています。

 食事処・四季膳花の≫

 

名残りのカニとブリ、どうぞお楽しみ下さいませ。

宮津天橋立の ぶりしゃぶ 宮津のお宝100選 

11月から3月にかけて、松葉ガニとともに、旬の味覚である、寒ブリ。

 

寒ブリを使った、ぶりしゃぶが、宮津天橋立ではじまったのは、今から四十数年前の、昭和53年(1978年)。

当時の、宮津天橋立観光旅館協同組合青年部により、生み出されました。

 

その宮津のぶりしゃぶの歴史と、当館のぶりしゃぶについて、

宮津のお宝100選として、noteに掲載して頂きました。

ありがとうございます!

 

⇒ 寒鰤の美味しさを余すことなくいただきます! 〜宮津発祥の「鰤しゃぶ」〜

 

 

ブリを、薄く均一に切るのは、料理人の技。

昆布だしに大根おろしを入れた、雪見鍋の中に、ぶりをサッとくぐらせて。

火の通り具合によって、ブリの味も、食感もかわってきます。

お好みの加減を見つけられ、自家製ポン酢で、どうぞ。

 

 

ぶりしゃぶをランチで食べたい! という方には、食事処・四季膳花のにて、2コースをご用意。

⇒ 食事処・四季膳花の≫

 

お泊りでゆったりと、ぶりしゃぶをはじめ、いろいろと鰤の美味しさを楽しみたい!という方には、

こちらの宿泊プランを、ご用意しています。

 寒ブリ堪能プラン≫

 

ちょっと食べてみたい気はするけど、やっぱりカニが好き! という方には、

カニの宿泊プランで、事前にお申込み頂きましたら、かにすきをぶりしゃぶへ、ご変更を承ることもできます。

 

また、この時期は、懐石料理の中に、ぶりしゃぶの小鍋を、一品として入れています。

 

ぶりしゃぶは、3月までご用意しています。

日帰りで、お泊りで、ぶりしゃぶなどのブリ料理を堪能する旅へ、どうぞお出かけ下さいませ。

客室「花月」より 奥庭紅葉 客室「蓬莱」より 蓬莱の庭 黄葉

はや、師走。

イソヒヨドリなどの鳥達が、万両などの実をついばみに、よく庭にやってくるこの頃です。

 

そんな当館の庭には、紅く色づくもみじが2本、黄色く色づくもみじが2本あり、

それぞれ、色づく時期が、ちょっとずつ違います。

 

まず、大浴場、青石の露天風呂のある庭のもみじが、黄葉し、次は、奥庭のもみじ。

 

11月20日、客室 悠の間「花月」より、奥庭紅葉

 

 

 

ついで、食事処・四季膳花のの庭の、紅葉。ちょっと、松の陰で、見えにくいんですが。

一番遅くに、蓬莱の庭のもみじ。

 

11月27日、客室「蓬莱」より、蓬莱の庭 黄葉

 

 

1階にある特別室「蓬莱」は、主室10畳+副室10畳+広縁。部屋の両側に、庭園があります。

左手にある蓬莱の庭も、右手にある奥庭も、この「蓬莱」の主室に座り、庭を眺めた時、

正面になるように、造られています。

 

 

 

食事処・四季膳花のの庭のもみじと、蓬莱の庭のもみじは、もうしばらくの間、

きれいに色づいた姿を、見せていてくれそうです。

新型コロナウイルス 感染防止に向けた 取組み

平素は、茶六別館、ならびに、食事処・四季膳花のに、格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

 

当館では、お客様に安心してご利用いただくために、下記の感染防止対策に取り組んでおります。

お手数をおかけいたしますが、何卒ご協力下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

〇消毒液の設置

玄関、ロビー、フロント、食事処、大浴場、館内のパブリックトイレ等に、消毒液を、設置しております。

 

〇客室及びパブリックスペース・食事処の除菌・消毒

清掃作業後に、各所の除菌と、換気をしております。

全客室に、加湿器付空気清浄機を設置しております。

 

〇チェックインは、状況が落ち着くまで、各客室で行います。

 

〇食事処では、他のお客様との十分な距離(社会的距離)を保った席のご用意を、しております。

 

〇スタッフは、マスクを着用し、十分な手洗い、うがい、消毒を行っております。

 

〇スタッフの健康管理

健康管理表を作成し、出勤者全員の出勤前の検温と体調を確認し、管理をしております。

37.5℃以上の発熱がある場合、または体調不良の場合は出勤停止いたします。

 

 

【お客様へお願い】

ご来館前より、発熱や体調不良でいらっしゃるお客様は、ご来館をご遠慮いただく場合がございます

(その場合、キャンセル料は頂戴いたしません)。

 

ご来館の際は、マスクの着用をお願いいたします。

 

ご入館時に、手指の消毒をお願いいたします。

 

ご入館時に、検温をお願いしております。37.5℃以上の発熱があるお客様は、

ご予約のお取り消しをお願いいたします。

 

〇ご滞在中は、手洗いや消毒液のご使用を、お願いいたします。

 

上記の対策の上、6月3日より、営業を再開いたします。

皆さまのお越しを、お待ち申し上げております。

6月2日まで 臨時休業延長の お知らせ

平素は、茶六別館、ならびに、食事処・四季膳花のに、格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休業の期間を、4月30日までから6月2日までへ、

延長させて頂くこととなりました。

 

ご予約頂いておりましたお客様をはじめ、皆様には、大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、

どうかご理解下さいますよう、お願い申し上げます。

 

 

なお、臨時休業中、皆様から頂きます、お電話やメール等でのご連絡については、

朝9時から18時まで、対応させて頂きます。

 

新型コロナウイルスの流行が、一日も早く終息しますように。

皆様、どうぞくれぐれもご自愛下さいますよう、お祈り申し上げます。

 

また、皆様とお会いできますこと、心よりお待ちいたしております。

 

○休業期間:4月11日~6月2日

○電話番号:茶六別館 0772-22-2177 食事処・四季膳花の 0772-22-0206

○電話対応時間 9時~18時

食事処 四季膳花の 完全予約制へ変更の お知らせ

ミツバツツジの花が、滝上山や獅子崎稲荷神社などで咲いている、宮津です。

平素は、茶六別館、ならびに、食事処・四季膳花のに、格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

 

2020年4月11日より、食事処・四季膳花のでは、平日、休前日、休日とも、

昼席、夕席とも、完全予約制に、変更させて頂きます。

お手数をおかけしますが、ご利用の場合、前日21時までに、ご予約頂きますよう、お願い申し上げます。

 

どうかご理解下さり、今後ともご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

◎食事処・四季膳花の◎

○【昼席】11:30~14:00 (オーダーストップ 13:00/¥6,000税別以上のお料理は12:30) ※前日までの完全予約制

○【夕席】17:30~21:00 (オーダーストップ 19:00) ※前日までの完全予約制

○席数:イス・テーブル席 28席  小上り席14席

○定休日:火曜日(ただし、祝日、お正月、GW、お盆などは営業)

○電話番号:0772-22-0206

関西テレビ放送 「ちゃちゃ入れマンデー」にて 食事処・四季膳花のの 「かにづくし会席雪コース」を ご紹介頂きました

11月26日(火)放送、関西テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」は、「関西どローカル線の魅力再発見スペシャル」。

京都丹後鉄道が、取り上げられました。

 

 

その中で、茶六別館の食事処・四季膳花のの、「かにづくし雪コース」を、ご紹介頂きました。

 

ありがとうございます!

 

リポーターは、東進ハイスクール地理講師の、村瀬哲史先生。

天橋立ビューランドから、天橋立を眺めて(飛龍観)、天橋立の成り立ちの説明をされたり、

智恩寺を参拝された後、当館へ。

 

 

 

松葉ガニの茹でがにを召し上がり、「あぁ~ 幸せやなぁ~」、

松葉ガニのお造り、中でもお腹の部分を召し上がり、「食べたことなかった おいしい!!」と。

 

 

かにづくし雪コース¥25,000税別は、食事処・四季膳花のにて、お出ししております。

 食事処・四季膳花の≫

 

(茹でガニ、焼きガニ、かにすきは2名様盛り)

 

京都丹後鉄道に乗って、天橋立観光とカニ料理を楽しむ旅へ、どうぞおでかけ下さいませ。

 

◎食事処・四季膳花の◎

○【昼席】11:30~14:00 (オーダーストップ 13:00/¥6,000税別以上のお料理は12:30) ※平日は前日までの予約制

○【夕席】17:30~21:00 (オーダーストップ 19:00) ※夕席は前日までの予約制

○席数:イス・テーブル席 28席  小上り席14席

○定休日:火曜日(ただし、祝日、お正月、GW、お盆などは営業)

○電話番号:0772-22-0206

サツキの季節 食事処・四季膳花の ランチに 夕食に 朝食に

サツキの季節。

さつきの花が、お玄関で、お客様をお迎えしています。

 

 

食事処・四季膳花のの庭にも、サツキは咲いています。

 

 

ご宿泊のお客様のご夕食は、ご宿泊プランによって、お部屋と食事処の場合が、ございます。

(客室「蓬莱」にご宿泊の場合、ご宿泊プランに関わらず、ご夕食はお部屋でお出ししています。)

 

 

食事処・四季膳花のの庭から、夜のサツキ。

ライトアップされて、日中とは、また違った表情を見せてくれます。

 

 

 

ご朝食は、皆様、食事処でお出ししています。

食事処には、テーブル席と掘りコタツ式の小上り席が、あります。

 

食事処・四季膳花のは、ランチ営業もしています。

天橋立観光へお出かけの際は、季節の花々や緑、燈籠など庭の景色を眺めながら、

旬の丹後とり貝や岩がきの、ランチはいかがでしょうか。

 

昼に、夜に、朝に、庭を眺めながら、ゆったりと、お食事を楽しむひとときを、どうぞお過ごし下さいますように。

 

食事処・四季膳花の≫

2019年4月25日入荷開始 丹後とり貝 ランチでご宿泊で 宮津湾 舞鶴湾で育った 旬の味覚

4月25日から、京のブランド産品・丹後とり貝を、入荷しています。

 

丹後とり貝は、京都府海洋センター独自の技術で、舞鶴湾や宮津湾などの

海に浮かべた筏で、稚貝からじっくりと育てられます。

 

天然とり貝と同じ、天然植物プランクトンを餌としており、肉厚で大きく、甘味が強いのが特徴です。

 

 

近年、丹後とり貝は、5月中旬以降、というイメージでしたが、今年は早かったので、

お客様から、「もう出てるの?」、「まさか食べられるとは思わなかった。」、

「甘いですねー。」等のお声を、頂いています。

 

食事処・四季膳花のでは、丹後とり貝付花の御膳など、丹後とり貝料理を3コースご用意。

宮津天橋立へ、日帰り観光にお越しの際は、庭園を眺めながら、丹後とり貝ランチはいかがでしょうか。

 

食事処・四季膳花の≫

 

お泊りで、地酒も飲んで、ゆっくりと~というお客様には、「初めての丹後とり貝・岩牡蠣付会席体験プラン」と、

丹後とり貝の、さまざまな美味しさを堪能して頂く、「特選・丹後とり貝・岩牡蠣懐石」の、2プランをご用意。

 

初めての丹後とり貝・岩牡蠣付会席体験プラン≫

特選・丹後とり貝・岩牡蠣懐石≫

 

 

丹後ならではの、初夏~夏限定の味覚を、ご昼食で、ご宿泊で、どうぞお楽しみ下さいませ。

食事処 四季膳花の 平日の昼席 予約制へ変更の お知らせ

穀雨の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

平素は、茶六別館、ならびに、食事処・四季膳花のに、格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

 

2019年5月10日より、食事処・四季膳花のでは、平日の昼席は、予約制に変更させて頂きます。

お手数ですが、前日の夜までに、ご予約頂きますよう、お願い申し上げます。

 

土曜、日曜、祝日の昼席は、これまで通り、営業いたします(予約制ではございません)。

 

 

皆様に、旬の食材の持ち味を生かしたお料理を、より新鮮な状態でお出しできますよう、変更させて頂きます。

何卒ご理解下さり、今後ともご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

◎食事処・四季膳花の◎

○【昼席】11:30~14:00 (オーダーストップ 13:00/¥6,000税別以上のお料理は12:30) ※平日は前日までの予約制

○【夕席】17:30~21:00 (オーダーストップ 19:00) ※夕席は前日までの予約制

○席数:イス・テーブル席 28席  小上り席14席

○定休日:火曜日(ただし、祝日、お正月、GW、お盆などは営業)

○電話番号:0772-22-0206

朝日放送テレビ 「おはよう朝日 土曜日です」にて 食事処・四季膳花のの 「ぶりしゃぶ」をご紹介頂きました

1月19日(土)、朝日放送テレビ 「おはよう朝日 土曜日です」の、土日どーする?コーナーにて、

食事処・四季膳花のの、「ぶりしゃぶ」をご紹介頂きました。

 

ありがとうございます!

 

リポーターの、ジェイス・ブラッドフォード さんと山口実香さんが、伊根の舟屋で有名な、

伊根町を散策、向井酒造さんでお酒の試飲などをされた後、当館へ。

 

 

ぶりしゃぶをはじめ、ブリ料理の数々を召し上がられました。

 

 

ぶり西京焼に、ジェイスさんは、「WOW、焼かれてることで、旨味がUPされますねぇ。」と。

(ぶり焼物は、ぶりカマ塩焼となる場合もございます。)

 

 

雪鍋のぶりしゃぶに、山口さんが、「ブリは出世魚やから、今年いい1年になりそうじゃない。」、

ジェイスさんも、「確かに、出世しようぜー。」と。

 

 

お二人で、楽しくお話しされながらご紹介下さった、ぶりしゃぶコース¥9,500税別は、

食事処・四季膳花のにて、お出ししております。

⇒ 食事処・四季膳花の≫

 

お泊りで、ゆったりと、ぶりしゃぶをはじめ、もっといろいろと鰤を楽しみたい!という方には、

ぶり料理の品数も多い、こちらのご宿泊プランを、ご用意しています。

 寒ブリ堪能プラン≫

 

日帰りで、お泊りで、ぶりしゃぶなどのブリ料理を堪能する旅へ、どうぞお出かけ下さいませ。

11月6日 松葉ガニ漁解禁 冬の味覚をお泊りで 日帰りで

11月6日、松葉ガニ漁が解禁となりました。

 

松葉ガニは、冬の丹後の味覚の代表格。

 

コッペと呼ばれる(セコガニともいう)雌蟹は、保護の観点から、今年末まで、

雄蟹は、来年3月20日までが漁期です。

 

コッペは、長年、蛍手の器に盛られていましたが、今年は織部焼に。

表情も変わりますねー。

 

 

濃厚な内子(卵巣)と、プチプチした食感の外子(卵)は、コッペならでは。

 

 

松葉ガニのさまざまな美味しさを、造りで、炭火で焼いて、茹でて、鍋で、、、等、

数寄屋造りの宿で、ご堪能下さいませ。

 

%e9%96%93%e4%ba%ba%e8%9f%b9bs2

 

松葉ガニ尽くしのご宿泊プランはこちら

⇒ カニ祭(松)★美味しさ厳選!蟹1杯【ALL松葉ガニ】

 

カニ祭(極み)★松葉ガニ~極選!地物松葉蟹フルコース

 

また、食事処・四季膳花のでは、松葉ガニを使った日帰りのお食事コース(要予約)を、

ご用意しています。

⇒ 食事処・四季膳花の

 

丹後の宮津で、旬の味覚を、お泊りで、日帰りで、どうぞお楽しみ下さいませ。

庭では秋の虫たちの声 秋の花 食事処では鈴虫の声

爽秋の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

当館の庭では、日中から、いろいろな秋の虫たちの声が、響いています。

 

庭の片隅では、タマノカンザシ(玉の簪)の花の蕾が、ぷっくりと膨らんで

 

 

夜に咲き、さわやかな甘い香りを放っています。

(朝にはしぼみ始めます)

 

 

庭のあちらこちらでは、ヤブランの花。

 

 

トンボの暖簾をくぐられて

 

 

食事処・四季膳花のでは、鈴虫の声。

 

昼間でも、お客様がお話しなさっていても、リーン、リーンと鳴いているので、

「人馴れしてるわねー。」と、お客様。

 

 

食事処では、すすきや金水引などの花々、紫式部の実などを、生けています。

 

もう少し先、秋分の日前後には、庭で、金木犀、銀木犀が咲き、花の香りが館内に満ちてきます。

 

目で、音で、香りで、秋を感じて頂けましたら、幸いです。

関西テレビ 「よ~いドン!」にて 「今が旬!とり貝のフルコースを堪能」と ご紹介頂きました

7月10日(火)、関西テレビ「よ~いドン!」の、いきなり日帰りツアーにて、

「今が旬!とり貝のフルコースを堪能」と、ご紹介頂きました。

 

「いきなり日帰りツアー」は、たむらけんじさんが、街行く人にいきなり声をかけ、

そのまま日帰りツアーへご招待、というコーナー。

 

今回の行先は、京都府・宮津市。

 

 

たむけんさんと、女性のお友達2名の方が、傘松公園から、天橋立股のぞきをされたり、

元伊勢籠神社へお参りなどをされた後、丹後とり貝料理の数々を、ディナーで召し上がられました。

 

丹後とり貝のお造りに、皆さま、「おいしい」と。

 

 

丹後とり貝の石焼は、たむけんさんが、「すてきな甘味」、「焼いたら歯応えが出る。」と。

 

 

 

今回、ご紹介頂いた、丹後とり貝・岩がき会席¥11,000税別は、

食事処・四季膳花のにて、お出ししております。

食事処・四季膳花の≫

 

 

お泊りで、ゆっくりと~というお客様には、ご宿泊プランもご用意しております。

特選・丹後とり貝・岩牡蠣懐石≫

 

日帰りで、お泊りで、丹後とり貝を堪能する旅へ、お出かけになりませんか。

期間限定 丹後とり貝料理を 日帰りでお泊りで 宮津湾 舞鶴湾で育った 旬の味覚

京のブランド産品・丹後とり貝を、5月17日から入荷しています。

 

丹後とり貝は、京都府海洋センター独自の技術で、舞鶴湾や宮津湾などの

海に浮かべた筏で、稚貝からじっくりと育てられます。

 

天然とり貝と同じ、天然植物プランクトンを餌としており、肉厚で大きく、甘味が強いのが特徴です。

 

 

食事処・四季膳花のでは、丹後とり貝付花の御膳など、丹後とり貝料理を3コースご用意。

 

宮津天橋立へ、日帰り観光にお越しの際は、庭園を眺めながら、丹後とり貝ランチはいかがでしょうか。

 

食事処・四季膳花の≫

 

お泊りで、地酒も飲んで、ゆっくりと~というお客様には、新プラン「初めての丹後とり貝・岩牡蠣付会席体験プラン」と、

丹後とり貝の、さまざまな美味しさを堪能して頂く、「特選・丹後とり貝・岩牡蠣懐石」の、2プランをご用意。

 

初めての丹後とり貝・岩牡蠣付会席体験プラン≫

 

特選・丹後とり貝・岩牡蠣懐石≫

 

 

丹後ならではの、初夏~夏限定の味覚を、日帰りで、お泊りで、どうぞお楽しみ下さいませ。