11月6日 松葉ガニ漁解禁 冬の味覚をお泊りで 日帰りで

11月6日、松葉ガニ漁が解禁となりました。

 

松葉ガニは、冬の丹後の味覚の代表格。

 

コッペと呼ばれる(セコガニともいう)雌蟹は、保護の観点から、今年12月31日まで、

雄蟹は、来年3月20日までが漁期です。

 

なお、京都府では、保護の観点から、水ガニ(脱皮直後の雄ガニ)漁は禁止されています。

 

濃厚な内子(卵巣)と、プチプチした食感の外子(卵)は、コッペならでは。

 

 

松葉ガニのさまざまな美味しさを、造りで、焼いて、茹でて、鍋で、、、等、

数寄屋造りの宿で、ご堪能下さいませ。

 

%e9%96%93%e4%ba%ba%e8%9f%b9bs2

 

松葉ガニ尽くしのご宿泊プランはこちら

⇒ ★カニ祭(松)★ 美味しさ厳選!蟹1杯【ALL松葉ガニ】≫

 

カニ祭(極み)★松葉ガニ&寒鰤~極選!地物松葉蟹フルコース~≫

 

また、食事処・四季膳花のでは、松葉ガニを使った日帰りのお食事コース(要予約)を、

ご用意しています。

⇒ 食事処・四季膳花の≫

 

丹後の宮津で、旬の味覚を、お泊りで、日帰りで、どうぞお楽しみ下さいませ。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより, 旬の味覚, 食事処 四季膳花の パーマリンク

金木犀 銀木犀の香り 宮津温泉入浴

9月22日、館内の廊下にキンモクセイの花の香りが、漂いはじめました。

 

 

蓬莱の庭、奥庭に、金木犀があるので、井筒や蓬莱、砧などの部屋の窓を開けると、

花の香りが満ちてきます。

 

 

信楽焼の露天風呂のすぐそばの、金木犀も花ひらき、宮津温泉の大浴場は、花の香り風呂に。

 

 

青石の露天風呂のある庭では、銀木犀のやさしい甘い香り。

 

 

蓬莱の庭、奥庭、花のの庭には、ヤブランの花も。

 

 

大浴場は、午後9時に、男女入替となります。

どうぞ趣の異なる二つの大浴場に、お入り下さいますように。

 

秋の味覚を味わい、虫の音に耳を傾け、花の香りに包まれて温泉入浴。

 

そんな、ゆったりとした休日を、お過ごしになりませんか。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより, 宮津温泉 パーマリンク

宮津湾に 客船 ぱしっふぃっくびぃなす 入港

秋分の候、いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は、宮津湾に、客船ぱしっふぃっくびぃなすが、浮かんでいます。

 

青空の下、天橋立や傘松公園をバックに、気持ちよさそうです。

 

 

客船が、宮津湾に入港するのは、6月の飛鳥Ⅱ以来。

 

ふだんから、時々、宮津湾に停泊しているのは、ニューカレドニアなどから、ニッケル鉱石を積んだ船。

 

この船と、阿蘇海の奥にある工場の間を、ニッケル鉱石の運搬船が、日に何度も往復します。

 

その様子は、海側客室から、ご覧になることができます。

 

また、運搬船が文殊水道を通る度に、天橋立の廻船橋が開きます。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより パーマリンク

8月16日 宮津燈籠流し花火大会が 開催されました

8月16日、宮津燈籠流し花火大会が開催されました。

 

今から400年ほど前、宮津城下の人々が、お盆の精霊送りとして、海へ燈籠を流したことに始まり、

大正13年に鉄道が開通したことを記念して、花火を打ち上げたのが、今日まで続いています。

 

宮津湾には、初盆を迎えた家から流される精霊船や、約1万個の紅白の燈籠。

 

 

燈籠と花火の競演。

 

 

 

 

今年、はじめて観にいらしたお客様が、「燈籠と花火が幻想的で、すごくよかった。」と。

 

いいタイミングで、写真を撮れなかったので、とてもお伝えしきれませんが、、、

 

 

 

 

 

花火のあとは、宮津節、松坂、あいやえの盆踊り。

 

 

花火会場のすぐ前にある、当館。

 

夏の味覚、燈籠の色、花火の色と身体に響く音、盆踊り、

来年は、皆様も五感で味わいに、いらっしゃいませんか。

カテゴリー: 茶六別館だより, イベント情報, 季節のたより パーマリンク

残暑お見舞い申し上げます よしず 麻のれんで涼やかに

残暑お見舞い申し上げます

 

宮津は雨降り。昨日、おとといより、涼しい日になりました。

 

七~八月は、お部屋の襖や障子戸の一部を、よし戸と入れ替えています。

 

 

廊下の暖簾は、麻のものに。

(お玄関の「ちゃ六」の暖簾は、宮津市上世屋の藤布)

 

 

お玄関や廊下の、障子戸やガラス戸の一部も、よしずにしています。

 

 

秋とはいえ、暑さの残るこのごろ、

涼やかさを感じて頂けましたら、幸いです。

カテゴリー: 茶六別館だより, 季節のたより, 館内・お部屋 パーマリンク

8月16日 宮津燈籠流し花火大会 間近で花火を堪能☆彡

8月16日に、日本三大燈籠流しの一つ、宮津燈籠流し花火大会 が行なわれます。

 

tourounagashi H27.8.16

 

宮津湾に、精霊船や約1万個の紅白燈籠が流され、午後7時30分より、約3,000発の花火が打ち上げられます。

夜が深まりゆく中、海上の燈籠と夜空を彩る花火のコントラストは絶妙です。

 

tourounagashi1ss-H27_8_16

 

花火大会会場から一番近い当館。

 

お部屋にキャンセルがでました!

 

ご宿泊プランはこちら

【8/16★宮津燈籠流し花火大会】 間近で花火を堪能☆彡 蓬莱≫

 

玄関を出られて徒歩1分の島崎公園沖より、パッと開くと同時に身体に響く花火を、どうぞお楽しみ下さいませ。

 

花火の後は、みんなで輪になって、♪丹後の宮津でピンとだした♫の宮津節、宮津小唄などの盆踊り。

 

 

浴衣姿で踊りの輪の中へ、お入りになられませんか。

 

お料理は、丹後産岩がきや夏野菜など、丹後の旬の食材を使った京風会席料理を、ご用意いたします。

 

 

当日、ご宿泊のお客様は、午後2時~午後4時の間に、チェックインをお願いいたします。

 

夏の宮津で、岩牡蠣などの旬の味覚&限定イベントをどうぞお楽しみ下さいませ。

カテゴリー: 茶六別館だより, イベント情報, 季節のたより, 宿泊プラン パーマリンク

7月7日 お玄関 七夕かざり

7月7日は七夕。

コクチナシの香り漂うお玄関の、七夕かざり。

 

 

カテゴリー: 茶六別館だより, 季節のたより パーマリンク

宮津 ホタル観賞へ バスでご案内

梅雨とはいえ、これまでのところ、雨の少ない宮津です。

 

奥庭では、おたふく紫陽花の花。色づきは、まだもう少し。

 

 

南天、クチナシやコクチナシなども、咲いています。

 

食事処・四季膳花のでは、虎の尾や松明花、蛍袋などの花。

 

今の時季、白い花々は、さわやかさを感じさせてくれます。

 

 

さて、ご希望のお客様を、ご夕食後、市内の蛍観賞スポットへご案内しています。

午後8時10分出発、8時50分頃帰着予定、7月上旬頃まで行う予定です。

 

今日は、「たくさん出ました。」、「(ご案内を)言ってもらってよかったです。」、とお喜び頂けました。

 

ただ、自然のことゆえ、日によって、ホタルの数に多い少ないがあります。

 

また、雨や風の強い時など、ご案内できない日もございます。

どうかご了承下さいませ。

カテゴリー: 茶六別館だより, 観光案内, 季節のたより パーマリンク

5月15日 宮津祭 浮太鼓 神輿 これからの宮津天橋立イベント

おとといから始まった、宮津祭。

今日は、子供神輿、浮太鼓、神輿が来てくれました。

 

子供神輿

 

 

新浜の浮太鼓

小さい子どもから、順番にたたいていきます。

 

 

 

 

二人打ち

 

 

神輿御神幸

 

 

 

さわやかな、というより、肌寒いような風の吹く中、皆さん、ありがとうございました。

 

「あら、見たかったわぁ。」というお客様、宮津祭は、毎年、5月13~15日に行われます。

 

また、昔の様子ですが、今月中、館内に、昭和20年代、宮津祭の芸屋台が来てくれた時の写真を、かざっております。

 

ところで、これからの宮津天橋立イベントは~

ホタルの様子を見ながらですが、6月7日頃から7月上旬頃まで、市内の蛍観賞スポットにご案内、

7月24日文殊堂出船祭、8月16日宮津燈籠流し花火大会、

10月6~8日城下町宮津七万石和火、そして、11月6日は松葉ガニ漁解禁、と続きますよ~。

カテゴリー: 茶六別館だより, イベント情報, 季節のたより パーマリンク

5月13日~15日 宮津祭 太神楽が来てくれました

5月13日~15日は宮津祭。

市内にある、山王宮日吉神社、和貴宮神社の春季例祭。

 

宮津の町の平安を祈り、太神楽、浮太鼓、子供神輿、神輿が、それぞれ東西の町内を巡ります。

 

この時間になっても、遠くから、浮太鼓の音が聞こえてきています。

 

さて、今日の夕方、本町の太神楽が来てくれました。

 

 

 

本町の皆さん、ありがとうございました。

 

明日15日は、浮太鼓、子供神輿、神輿をお迎えします。

 

15日の夜には、二つの神社で、御宮入が行われます。

カテゴリー: 茶六別館だより, イベント情報, 季節のたより パーマリンク

宮津天橋立のお食事は つつじ咲く 食事処・四季膳花ので いかがですか 

つつじの花が、生垣、大浴場の庭、奥庭、蓬莱の庭などで、咲いています。

 

食事処・四季膳花のより、大紫躑躅と石楠花の咲く庭の眺め。

 

 

当館では、客室「蓬莱」に、ご宿泊のお客様のご夕食は、お部屋でお出ししています。

「蓬莱」以外のお部屋にお泊りの場合、ご宿泊プランによって、食事処とお部屋の場合がございます。

 

ご朝食は、皆様、食事処でお出ししています。

食事処には、テーブル席と掘りコタツ式の小上り席。

 

 

また、食事処・四季膳花のでは、ご宿泊のお客様だけではなく、日帰りのお食事のお客様もお迎えしています。

 

宮津天橋立へお出かけの際は、季節の花々や緑、燈籠など庭の景色や、時にやってくる鳥達などを眺めながら、

ご夕食、ご朝食、そしてご昼食を楽しむひとときはいかがでしょうか。

 

 

ランチ営業では、造りセットや天婦羅セットなどの昼膳に、旬の丹後とり貝(5月19日より)や岩がきもございますよ。

 

つつじの次は、サツキの花が、庭を彩ります。

 

食事処・四季膳花の(茶六別館内)≫

○イス・テーブル席 28席  小上り席14席

○昼席:11:30~14:00(ラストオーダー13:30、6,480円以上のお料理の場合は12:30)

○夕席:17:30~21:00(ラストオーダー19:30) ※夕席は予約制

○京都府宮津市島崎2039-4  ○電話:0772-22-0206

○定休日:火曜日(お正月、お盆、祝日は営業)

カテゴリー: 茶六別館だより, 季節のたより, 食事処 四季膳花の パーマリンク

沈丁花の香りでお出迎え 温泉入浴

朝方は寒かったですが、日中は暖かくなった、今日の宮津。

 

玄関先では、沈丁花の甘い香りが、お客様をお迎えしています。

 

 

青石の露天風呂のある、大浴場では、白花沈丁花。

赤花とは、少しちがう香りを漂わせています。

 

 

奥庭では、絞りの入った椿が、ポツリポツリと花を咲かせ、

 

 

蓬莱の庭などでは、アセビの花。

 

 

木瓜の蕾はまだ固そうなので、4月に入ってからでしょうか。

 

もう、雪吊りも、外してもらってよさそうな陽気です。

 

春ですね~。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより, 宮津温泉 パーマリンク

冬の休日は コタツでほっこり

今日は、青空が広がり暖かかった宮津。

 

このところ、庭を見られて、「雪景色いいですねー。」と、おっしゃって頂くことが多かったですが、だいぶん溶けました。

 

現在、道路に雪はありません(路肩や歩道には残っています)。

 

さて、昨年の11月から、客室に炬燵が出ています。

こたつがあるのは、〈蓬莱〉

 

 

〈悠の間〉の、松風、加茂、花月、〈老松〉です。

 

 

4月はじめ頃までの予定です。

 

夕食に、かにやブリを召し上がり、宮津温泉に浸り、こたつで団らん、ウトウトも。

 

そんな、冬ならではの休日を、お過ごしになりませんか。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより, 館内・お部屋 パーマリンク

寒中お見舞い申し上げます 庭の雪景色

寒中お見舞い申し上げます

 

今日は、この冬一番の寒さ、庭にはじめて雪が積もりました。

 

広縁より奥庭。客室「蓬莱」から、こぼれる灯り。

 

okuniwa2s2 H29-1-13

 

食事処「四季膳花の」の庭

 

hanano no niwa2ss H29-1-13

 

明日も、この寒さが続くとの予報ですね。

 

宮津天橋立へ、お車でお越しの際は、冬用タイヤ着用か、タイヤチェーンをお持ち下さるよう、お願いいたします。

 

皆様、お風邪など召されませんよう、

お身体、くれぐれもおいとい下さいますように。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより パーマリンク

謹賀新年

明けましておめでとうございます

 

旧年中は、皆様には格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

 

oshougatsu3s-h29-1-2

 

宮津は、青空の広がる暖かいお正月を迎えました。

 

雪景色も風情がありますが、天橋立や、元伊勢籠神社などに初詣に行かれるにも、

やはり、穏やかなお天気の方が、よろしいようですね。

 

さて、昨年末、お正月を迎える準備をしていて、「ん? トリにあふれてる?」

 

雉や鶏は、お久しぶりですが、鶴やオシドリなどは申年にも、、、

 

oshougatsu5s-h29-1-2

 

本年が、皆様にトリまして、飛躍の年となりますよう、お祈り申し上げます。

 

この一年も、木造りのぬくもりを大切にしながら、旬の食材本来の美味しさを最大限に生かすよう、
心をこめたお料理と、よりよいおもてなしを目指して、スタッフ一同、精進してまいります。

 

変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより パーマリンク