宮津 ミツバツツジ咲く 獅子崎稲荷神社へ バスでご案内

宮津市獅子崎にある、獅子崎稲荷神社では、ミツバツツジの花がほぼ満開となっています。

 

今週はじめから、ご宿泊のお客様を、朝にバスでご案内しています。

当館よりバスで約6分。

 

 

石段を上がっていくと、雪舟の描いた国宝「天橋立図」の構図に一番近いとされる、

雪舟観展望所があり、天橋立をのぞむことができます。

 

 

 

山の中腹からは、ミツバツツジと宮津湾、その向こうに大江山。

 

 

ご朝食後、バスは9時に出発、40分後に帰着予定。

花の様子を見ながらですが、来週はじめ頃まで、ご案内する予定です。

 

ミツバツツジ(正確にはコバノミツバツツジ)は、宮津市の花に制定されており、

市内の滝上山でも、たくさん咲いています(ちなみは、市の木はクロマツ)。

 

春の陽気の中、お出かけになりませんか。

 

カテゴリー: 観光案内, 花の名所, 新着情報 |

舞鶴自然文化園 ツバキまつり 1500種3万本

舞鶴自然文化園では、4月9日(日)まで、ツバキまつりが開催中です。

 

宮津天橋立から、車で約1時間。

 

 

園内にて、「初雁」

 

 

「百路の日暮」

 

 

黒龍(関西)

 

 

学習棟では、パネル展示による、ツバキとサザンカの違いの説明や、

同じ木なのに、枝によって、色の違うツバキの咲く仕組みの説明など。

 

展示棟では、「卜伴」、「羽衣」、「春風」(香りがする)など、鉢植えの椿を、間近で。

 

カメリアハウスにて、奄美大島から沖縄まで分布する、原種「ヒメサザンカ」。

さわやかな香りがします。

 

 

休憩所では、ツバキ苗木の販売も(売り切れ次第終了)。

 

 

春の一日、さまざまな椿を愛でに、おでかけになりませんか。

 

舞鶴自然文化園≫
京都府舞鶴市多祢寺24-12
TEL:0773-68-0221
9時~17時(最終入園16:30)
入園料:大人300円 小人150円

カテゴリー: 観光案内, 花の名所, 新着情報 |

沈丁花の香りでお出迎え 温泉入浴

朝方は寒かったですが、日中は暖かくなった、今日の宮津。

 

玄関先では、沈丁花の甘い香りが、お客様をお迎えしています。

 

 

青石の露天風呂のある、大浴場では、白花沈丁花。

赤花とは、少しちがう香りを漂わせています。

 

 

奥庭では、絞りの入った椿が、ポツリポツリと花を咲かせ、

 

 

蓬莱の庭などでは、アセビの花。

 

 

木瓜の蕾はまだ固そうなので、4月に入ってからでしょうか。

 

もう、雪吊りも、外してもらってよさそうな陽気です。

 

春ですね~。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより, 宮津温泉 |

重要文化財・旧三上家住宅 おひなさまの展示とコンサート

重要文化財・旧三上家住宅にて、3月5日(日)午後2時から、宮津女声合唱団の指揮者で、

メゾソプラノの菊池敏子さんと、ピアノの波々伯部宏彦さんによる、ひなまつりコンサートが開催されます。

 

 

曲目は、早春賦、シューベルトの子守歌、ブラームスの子守歌ほか。

 

また、3月31日まで、宮津市民所蔵のおひなさまが展示されています。

 

 

三上家は屋号を元結屋といい、江戸時代、宮津城下有数の商家で、酒造業・廻船業・糸問屋等を営みました。

 

主屋棟は大壁造、土扉を設け耐火構造としています。

 

 

庭座敷の黒柿孔雀杢の床框、神代杉の落し掛け、新座敷の大阪土の壁など、

座敷等は非常に質の高い贅を尽くした造りとなっています。

 

当館からは、徒歩約8分です。

 

重要文化財・旧三上家住宅≫
京都府宮津市河原1850
TEL:0772-22-7529
入館料:大人¥350 小人¥250
(当館に置いている優待券をお持ちになると、各¥50引になります)
9時~17時(最終入館16:30)

年末年始休

カテゴリー: 観光案内, イベント情報, 新着情報 |

冬の休日は コタツでほっこり

今日は、青空が広がり暖かかった宮津。

 

このところ、庭を見られて、「雪景色いいですねー。」と、おっしゃって頂くことが多かったですが、だいぶん溶けました。

 

現在、道路に雪はありません(路肩や歩道には残っています)。

 

さて、昨年の11月から、客室に炬燵が出ています。

こたつがあるのは、〈蓬莱〉

 

 

〈悠の間〉の、松風、加茂、花月、〈老松〉です。

 

 

4月はじめ頃までの予定です。

 

夕食に、かにやブリを召し上がり、宮津温泉に浸り、こたつで団らん、ウトウトも。

 

そんな、冬ならではの休日を、お過ごしになりませんか。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより, 館内・お部屋 |

寒中お見舞い申し上げます 庭の雪景色

寒中お見舞い申し上げます

 

今日は、この冬一番の寒さ、庭にはじめて雪が積もりました。

 

広縁より奥庭。客室「蓬莱」から、こぼれる灯り。

 

okuniwa2s2 H29-1-13

 

食事処「四季膳花の」の庭

 

hanano no niwa2ss H29-1-13

 

明日も、この寒さが続くとの予報ですね。

 

宮津天橋立へ、お車でお越しの際は、冬用タイヤ着用か、タイヤチェーンをお持ち下さるよう、お願いいたします。

 

皆様、お風邪など召されませんよう、

お身体、くれぐれもおいとい下さいますように。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより |

謹賀新年

明けましておめでとうございます

 

旧年中は、皆様には格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

 

oshougatsu3s-h29-1-2

 

宮津は、青空の広がる暖かいお正月を迎えました。

 

雪景色も風情がありますが、天橋立や、元伊勢籠神社などに初詣に行かれるにも、

やはり、穏やかなお天気の方が、よろしいようですね。

 

さて、昨年末、お正月を迎える準備をしていて、「ん? トリにあふれてる?」

 

雉や鶏は、お久しぶりですが、鶴やオシドリなどは申年にも、、、

 

oshougatsu5s-h29-1-2

 

本年が、皆様にトリまして、飛躍の年となりますよう、お祈り申し上げます。

 

この一年も、木造りのぬくもりを大切にしながら、旬の食材本来の美味しさを最大限に生かすよう、
心をこめたお料理と、よりよいおもてなしを目指して、スタッフ一同、精進してまいります。

 

変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 季節のたより |

冬季に 宮津天橋立へ お車でお越しの際は

先週の金曜日は、この冬一番の寒さでした。

宮津でも、山の上の方には雪が積もっていました(平地にはありません)。

 

皆様のお住まいの地域では、いかがでしたでしょうか。

 

昨日、今日はとてもあたたかく、晴れて、山の雪もすっかりなくなっています。

 

sazanka1s-h28-12-19

 

さて、今月8日、庭師さんが、松の雪吊りと、こも巻きに来てくれました。

 

matsu-yukitauri3s-h28-12-19

 

これまでのところ、積雪はありませんが、冬の季節、宮津のまちなかにも、雪が積もることはございます。

 

当館のある、宮津のまちなかの積雪量は、下記地図内の、「宮津市吉原」をご覧下さい。

京都府道路状況提供システム≫

 

もし、雪が積もった場合、高速道路はチェーン規制がかかります。

 

冬季に、宮津天橋立へお車でお越しの際は、お出掛け前に天気予報などをご確認の上、

雪の予報が出ている場合は、念のために冬用タイヤ着用か、タイヤチェーンをお持ち下さいませ。

 

よろしくお願いいたします。

 

天気予報、交通情報はこちら。

宮津市の天気≫

京都縦貫自動車道≫

NEXCO西日本 i Highway≫

カテゴリー: 茶六別館だより, 交通案内, 新着情報, 季節のたより |

客室「花月」 「蓬莱」より 庭の紅葉と黄葉

京都で紅葉を愛でられ、ひと足のばして、当館にてカニ料理を召し上がる。

そういったお客様を、多くお迎えしているこのごろ、庭ではカエデが色づいています。

 

1階、悠の間「花月」より、奥庭の紅葉

 

kagetsu3s1-h28-11-21

 

下には、色づいたヤブコウジの実

 

yabukoujis-h28-11-21

 

客室「蓬莱」より、蓬莱の庭の黄葉

 

hourai4s-h28-11-21

 

蓬莱の庭や、花のの庭、生垣では、さざんかが咲いています。

薄いピンク、白色、濃いピンクと。

 

千両、南天は色づき、万両はまだのものや赤くなっているもの、

アオキはこれから。

 

寒くなるにつれて、万両などの赤い実を、鳥達がついばむ姿も、

しばしば見られるようになっていきます。

カテゴリー: 新着情報, 季節のたより, 館内・お部屋 |

11月6日 松葉ガニ漁解禁 冬の味覚をお泊りで 日帰りで

11月6日、松葉ガニ漁が解禁となりました。

 

松葉ガニは、冬の丹後の味覚の代表格。

 

コッペと呼ばれる(セコガニともいう)雌蟹は、保護の観点から、今年12月31日まで、

雄蟹は、来年3月20日までが漁期です。

 

濃厚な内子とプチプチした食感の外子は、コッペならでは。

 

koppe2s

 

造りで、焼いて、茹でて、鍋で、、、等、松葉ガニのさまざまな美味しさを、

数寄屋造りのお部屋で、ご堪能下さいませ。

 

%e9%96%93%e4%ba%ba%e8%9f%b9bs2

 

松葉ガニ尽くしのご宿泊プランはこちら

 ★カニ祭(松)★ 美味しさ厳選!蟹1杯【ALL松葉ガニ】≫

 

カニ祭(極み)★松葉ガニ&寒鰤~極選!地物松葉蟹フルコース~≫

 

また、食事処・四季膳花のでは、松葉がにを使った日帰りのお食事コース(要予約)を、

ご用意しています。

⇒ 食事処・四季膳花の≫

 

丹後の旬の味覚を、お泊りで、日帰りで、どうぞお楽しみ下さいませ。

カテゴリー: 茶六別館だより, 新着情報, 旬の味覚, 食事処 四季膳花の, 宿泊プラン |

宮津山王宮日吉神社 ツワブキと樹齢370年の山茶花 

宮津にある、山王宮日吉神社では、ツワブキと樹齢370年ほどの山茶花が咲いています。

 

山王宮は、毎年秋の体育の日に行われる、赤ちゃん初土俵入りで、有名です。

当館からは、車で約3分。

10月10日 赤ちゃん初土俵入り開催

 

石蕗は、盛りを少し過ぎたところ。

 

tsuwabuki2ss-h28-11-4

 

tsuwabuki1-tate-h28-11-4

 

宮津市の天然記念物に指定されている、サザンカの大木。

 

sannouguus-h28-11-4

 

七分咲きくらいでしょうか。

 

sazanka1s2-h28-11-4

 

木の下に入ると、花のさわやかな甘い香りが漂っています。

 

sazanka3s-h28-11-4

 

sazanka8-h28-11-4

 

11月中旬頃には満開となり、12月中旬頃まで、咲いては散り咲いては散り、をくり返していくとのことです。

 

宮津山王宮日吉神社≫

京都府宮津市宮町1408
TEL:0772-22-3356

カテゴリー: 観光案内, 花の名所, 新着情報 |

舞鶴 旧軍港市 日本遺産WEEK開催 10月22日~30日

宮津市のお隣り、舞鶴市。

 

今年4月、「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴 ~日本近代化の躍動を体感できるまち~ 」とのストーリーが、

文化庁から、日本遺産に認定されました。

 

maizuru akarenga5s

 

期間中、通常は非公開や一般の立ち入り禁止、あるいは外観のみが可能な、

4つの市(横須賀、呉、佐世保、舞鶴)の「日本遺産」構成文化財が、特別に一般公開されています。

 

詳しくは、こちらをご覧下さい。

旧軍港市 日本遺産WEEK開催≫

 

ところで、構成文化財の、舞鶴赤れんがパークや海軍記念館等が掲載されたものなど、

舞鶴の観光パンフレットを、ロビーに置いています。

2014.11.21宿ブログ 舞鶴赤れんがパーク≫

 

舞鶴赤れんがパークへは、当館より車で約45分。

 

舞鶴には、西国第二十九番札所松尾寺、関西花の寺第三番金剛院、舞鶴ふるるファームなどもあります。

 

舞鶴方面へお出かけの際は、どうぞお持ち下さいませ。

 

赤れんがパンフss

カテゴリー: 観光案内, イベント情報, 新着情報 |

10月10日 赤ちゃん初土俵入り開催 宮津山王宮日吉神社

10月10日、宮津の山王宮日吉神社で、赤ちゃん初土俵入りが行われました。

 

見えない神様と相撲をとる幼児の身体に、神聖な土俵の砂をつけることで、健康に育つよう祈願する神事。

 

まず、境内にある式内摂社の杉末神社で、宮司さんが、神様に、赤ちゃんへ健康を授けて下さるよう祝詞をあげ、

土俵にあがる赤ちゃん1人ずつ、お祓いをされます。

 

 

akachan11ss-h28-10-10

 

akachan8s-h28-10-10

 

ツワブキの花が咲きはじめた境内。

 

tsuwabukis-h28-10-10

 

そして、いよいよ赤ちゃん初土俵入り。

 

akachan3ss-h28-10-10

 

akachan5s-h28-10-10

 

akachan6s-h28-10-10

 

akachan10ss-h28-10-10

 

今年は、291人の赤ちゃんが参加されたとか。

 

宮津で江戸時代から続く、可愛らしい行事のご紹介でした。
宮津山王宮日吉神社≫
京都府宮津市宮町1408
TEL:0772-22-3356

カテゴリー: イベント情報 |

10月10日 赤ちゃん初土俵入り 宮津山王宮日吉神社

明日10月10日(月)10時より、市内の山王宮日吉神社で、赤ちゃん初土俵入りが行われます。

 

sannouguu11 H23.10.11

 

綺麗な化粧回しを付けた幼児が、行司に抱えられ、見えない神様と相撲を取ります。

 

神様と相撲をとる幼児の身体に、神聖な土俵の砂をつけることで、健康に育つよう祈願する、江戸時代から続く神事です。

 

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e7%9b%b8%e6%92%b22016%e3%80%80%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

近年、地元はもちろん、東京などの遠方からもいらっしゃり、

200人を超える赤ちゃんが参加されているとのこと。

 

毎年、体育の日に行われ、ニュースでも取り上げられています。

ご覧になられたことがおありの方も、いらっしゃるかも。

 

2011年に行われた、赤ちゃん初土俵入の様子はこちら≫

 

宮津山王宮日吉神社へは、当館から車で約3分。

お車は、臨時駐車場の滝上グラウンドにおとめ下さい。

 

赤ちゃん相撲に参加される場合の受付などは、下記となっています。
受付:当日9時より午後1時頃まで 境内土俵前にて
参加料:5000円。化粧回し一式はお宮で用意(ご祈祷料、貸化粧回し、着付け費用を含む)
参加者:6ヶ月~2才位のお子様(男女)
神事開始:10時
宮津山王宮日吉神社≫
京都府宮津市宮町1408
TEL:0772-22-3356

カテゴリー: 観光案内, イベント情報 |

10月7日 和火2016 はじまりました 城下町宮津七万石

10月7日(金)、城下町宮津七万石 和火2016がはじまりました。

 

10月9日(日)まで、宮津市金屋谷地区周辺などを手作り灯篭でライトアップ、各寺ほかで、さまざまな催しが行われます。

 

本妙寺

 

%e6%9c%ac%e5%a6%99%e5%af%ba2s-h28-10-7

 

経王寺

 

%e7%b5%8c%e7%8e%8b%e5%af%bas-h28-10-7

 

重要文化財・旧三上家住宅

 

%e4%b8%89%e4%b8%8a%e5%ae%b61s-h28-10-7

 

%e4%b8%89%e4%b8%8a%e5%ae%b64s-h28-10-7

 

亀ヶ岡

 

%e4%ba%80%e3%83%b6%e5%b2%a11s-h28-10-7

 

佛性寺

 

%e4%bd%9b%e6%80%a7%e5%af%bas-h28-10-7

 

カトリック宮津教会

 

%e6%95%99%e4%bc%9a2s-h28-10-7

 

 

%e6%95%99%e4%bc%9a1s-h28-10-7

 

10月8日(土)は夜10時まで、10月9日(日)は夜9時まで。

各催しのほかに、模擬店もでます。

 

%e5%92%8c%e7%81%ab%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%e3%80%80%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95

 

%e5%92%8c%e7%81%ab2016%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88

 

宮津の夜のそぞろ歩きを、どうぞお楽しみ下さいませ。

カテゴリー: 観光案内, イベント情報, 新着情報 |